【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場

2019.02.08 自動車ニュース
MX-5ミアータ 30thアニバーサリーエディション
MX-5ミアータ 30thアニバーサリーエディション拡大

マツダは2019年2月8日、「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を記念する特別仕様車「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(MX-5ミアータ 30thアニバーサリーエディション)」を、シカゴモーターショーの会場で世界初公開した。

 
【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場の画像拡大
 
【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場の画像拡大
 
【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場の画像拡大
 
【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場の画像拡大
 
【シカゴショー2019】デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場の画像拡大

今回の特別仕様車の目玉は、「レーシングオレンジ」と名付けられたボディーカラー。「MX-5を育ててくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えるために、そして、これからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系のカラーを開発した」という。

MX-5の30周年記念車には、このほかRAYSと共同開発した鍛造アルミホイール「RAYS ZE40 RS30」やシリアルナンバー付きオーナメントなどが装着される。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。

  • ボディーカラー(レーシングオレンジ)
  • RAYS製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
  • “30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付き)
  • オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
  • レカロ製シート
  • ビルシュタイン製ダンパー(MT車のみ)
  • ブレンボ製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • NISSIN製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
  • BOSEサウンドシステム+9スピーカー
  • Apple CarPlay、Android Auto対応(市場による)

ボディータイプはソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデルの2種類で、それぞれにMT車とAT車がラインナップされる。販売台数は、合わせて世界限定3000台。

現時点では価格と台数は明らかにされないものの、日本市場でも販売される。マツダによれば、前述のボディータイプとトランスミッションはいずれも選べるとのこと。

(webCG)
 

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る