ドラえもん、コンとりもん

話は飛ぶが、オランダ人夫妻が「ウチには古いフォーフォがある」という。その発音は洗濯用柔軟剤の「ファーファ」に限りなく近かった。わけがわからないので、何があるのか車庫まで連れていってもらってようやくわかった。「Volvo」であった。

そうした恥ずかしいコミュニケーションの歴史を幾多も乗り越え、「へへへ、そろそろ車名の発音はばっちりだぜ」と喜んでいた先日のことである。インターネットを通じてフランスのラジオを聴いていたとき、あるCMが流れた。「コンとりもん」というクルマがあるらしい。

直後にMINIという言葉を聴いて、ようやく判明した。コンとりもんとは「Countryman」であった。「MINIカントリーマン(日本名:「MINIクロスオーバー」)」に特別な思い入れがなかった筆者だが、どこか『ドラえもん』の親戚のような気がして、その日以来親近感を抱いている。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=藤沢 勝)

「フォーフォ」とは、ボルボのこと。2018年テヒノクラシカ・エッセンに展示された俳優ロジャー・ムーアの元所有車。
「フォーフォ」とは、ボルボのこと。2018年テヒノクラシカ・エッセンに展示された俳優ロジャー・ムーアの元所有車。拡大
フランスでいう「コントりもん」とは、「MINIカントリーマン」のことだった。現行(2代目)モデルにとってデビューの場となった2016年ロサンゼルスモーターショーにて。
フランスでいう「コントりもん」とは、「MINIカントリーマン」のことだった。現行(2代目)モデルにとってデビューの場となった2016年ロサンゼルスモーターショーにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事