夏タイヤで“のたうち回る”

こうして、スタッドレスタイヤとは異質なアイテムであることが強調された上で、ミシュランのスタンダードな夏タイヤである「エナジーセイバー プラス」との比較というカタチで始まったクロスクライメートのテストイベントは、まずは「日産ノートe-POWER」にその両製品を装着し雪道上での発進性をチェックするという、何とも分かりやすいプログラムからのスタートとなった。

この段階であらためて確認できたのは、「通常の夏タイヤのまま雪道に乗り出してはいけない」という、当然といえばごく当然な事柄。というのも、平たん路では注意深くアクセル操作を行うことで何とか動き出すことができたエナジーセイバー装着車両だったが、ごくわずかな登り勾配に差し掛かった時点でたちまちスタック。こうなると、トラクションコントロール機能をオンにしようがオフにしようが、二度とスタートすることはできなかったからだ。

「そんなことは分かっている!」と、大方の人はそんな声を発することになりそうだが。それでも、例えば東京などではひとたび路面に雪が積もり始めると、必ずこうしたクルマが現れて見事に道をふさいでしまう。

加えれば、アンダーパスにオーバーパス、さらには首都高速のランプ等々と、東京都心などは意外なほどに坂が多いのだ。つまり、たとえ駐車スペースからはなんとかスタートできたとしても、早晩こうしたところでスタックするのは目に見えている。兎(と)にも角にも、雪道に通常の夏タイヤで乗り出すのは“厳禁”なのである。

というわけで、こうして通常の夏タイヤで“のたうち回った”後の同じコースに、今度はクロスクライメート付き車両で挑んでみる。

と、こちらは「スイスイと」と感動できるほどではないものの、それでもエナジーセイバーの場合とは比べ物にならないほど自由に動き回ることが可能だった。端的に言って、一過性の新雪程度であれば、取りあえず急場をしのぐには十分という印象だ。

登坂能力も当然スタッドレスタイヤには見劣りするものの、それでも都市部のアンダーパス程度であれば慎重なアクセル操作でなんとかクリアできそう。突如出くわした雪道に対する安心感は、確かに通常の夏タイヤの比ではない実力を持つのがクロスクライメートである。

今回の試走会では、主役となる「クロスクライメート」(写真)のほか、ミシュランのスタンダード夏タイヤ「エナジーセイバー プラス」を装着した車両にも試乗。その性能差が体感できた。
今回の試走会では、主役となる「クロスクライメート」(写真)のほか、ミシュランのスタンダード夏タイヤ「エナジーセイバー プラス」を装着した車両にも試乗。その性能差が体感できた。拡大
斜度8%の登坂路を行く「クロスクライメート」装着の「日産ノートe-POWER」。スタッドレスタイヤとは比較にならないものの、コース上を自由に運転することはできた。
斜度8%の登坂路を行く「クロスクライメート」装着の「日産ノートe-POWER」。スタッドレスタイヤとは比較にならないものの、コース上を自由に運転することはできた。拡大
「突然の雪に慌てたくない」「季節ごとにタイヤを履き替えたくない」というユーザーをターゲットに開発された「ミシュラン・クロスクライメート」。たしかに、一時的な降雪であれば安心してしのげるという印象だった。
「突然の雪に慌てたくない」「季節ごとにタイヤを履き替えたくない」というユーザーをターゲットに開発された「ミシュラン・クロスクライメート」。たしかに、一時的な降雪であれば安心してしのげるという印象だった。拡大
メーカーの市場調査によれば、一般のユーザーがオールシーズンタイヤに強く求めるのは「ハイレベルな夏タイヤ性能」と「雪に対する安心感」。「クロスクライメート」は、それらの点で優れているとアピールされる。
メーカーの市場調査によれば、一般のユーザーがオールシーズンタイヤに強く求めるのは「ハイレベルな夏タイヤ性能」と「雪に対する安心感」。「クロスクライメート」は、それらの点で優れているとアピールされる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事