「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー

2019.02.14 自動車ニュース
メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+エディション1
メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+エディション1拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。

 
「AMG GT」シリーズ第3弾として登場した「AMG GT 4ドアクーペ」。2019年1月に千葉・幕張で開催された東京オートサロンにサプライズ参考出展された。
「AMG GT」シリーズ第3弾として登場した「AMG GT 4ドアクーペ」。2019年1月に千葉・幕張で開催された東京オートサロンにサプライズ参考出展された。拡大
12.3インチのワイドディスプレイを2枚並べたメーターパネルを搭載。最新のコネクティビティーシステム「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」も採用している。
12.3インチのワイドディスプレイを2枚並べたメーターパネルを搭載。最新のコネクティビティーシステム「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」も採用している。拡大

「AMG GT63 S 4MATIC+」と、同「エディション1」は、最高出力639ps、最大トルク900Nmの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。


	「AMG GT63 S 4MATIC+」と、同「エディション1」は、最高出力639ps、最大トルク900Nmの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
	拡大
「エディション1」は4人乗り。後席シートバックは固定式で、荷室容量は461リッターとなる。
「エディション1」は4人乗り。後席シートバックは固定式で、荷室容量は461リッターとなる。拡大
「AMG GT 4ドアクーペ」の発表会で車両を紹介したメルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEO上野金太郎氏(右)とメルセデスAMG社の商品企画統括サイモン・トムス氏(左)。
「AMG GT 4ドアクーペ」の発表会で車両を紹介したメルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEO上野金太郎氏(右)とメルセデスAMG社の商品企画統括サイモン・トムス氏(左)。拡大

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2018年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたAMG独自開発モデルで、2ドアクーペの「AMG GT」、オープンカーの「AMG GTロードスター」に続くGTシリーズ第3弾となる

ファストバックスタイルの大きく開くテールゲートを採用した4ドアクーペのボディーは、全長×全幅×全高=5054×1953×1447mm、ホイールベースは2951mmというビッグサイズ(AMG GT63 S 4MATIC+の場合)となる。大人4人が快適に高速移動できる、ゆとりあるキャビンとスポーツカーのパフォーマンスが融合しているとメルセデスはアピールする。荷室は、通常使用時で461リッターの容量を確保し、リアシートをすべて倒すと最大1324リッターまで拡大可能。高い実用性を持っている。

トップモデルとなる「AMG GT63 S 4MATIC+」と、同車をベースにした専用装備採用の導入記念モデル「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」(乗車定員4人)は、共に最高出力639ps、最大トルク900Nmの「ホットインサイドV」と呼ばれる4リッターV8ツインターボエンジンに、9段ATの「AMGスピードシフトMCT」を組み合わせて搭載。リアアクスルステアリング(後輪操舵機能)を持つ4WDの駆動方式を採用している。0-100km/h加速3.2秒、最高速度は315km/hという実力で、ニュルブルクリンク北コースにおける、量産4ドアモデル最速となる7分25秒41のタイムをマークしている。

こうしたパフォーマンスに加え、再発進機能付きACCの「アダプティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や自動車線変更機能「アクティブレーンチェンジアシスト」のほか、「アクティブステアリングアシスト」「渋滞時緊急ブレーキ機能」などといった機能を盛り込んだ最新のADAS「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。メルセデスとして期待される安全性もセリングポイントになっている。

日本でのラインナップは前述のAMG GT63 S 4MATIC+のほか、最高出力367psの3リッター直6 DOHCターボエンジン(ISG=モーター兼発電機搭載)を採用した「AMG GT43 4MATIC+」と、最高出力435psの同エンジンを積む「AMG GT53 4MATIC+」の3グレード。エディション1を含む価格は以下の通り。

  • メルセデスAMG GT43 4MATIC+:1176万円
  • メルセデスAMG GT53 4MATIC+:1593万円
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+:2353万円
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+エディション1:2477万円

なお、納車は2019年5月以降を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデスAMG GT/AMG GT S/AMG GT Cロードスター/AMG GT Rプロ【海外試乗記】 2019.4.24 試乗記 仕様変更が施された、メルセデスの高性能スポーツカー「AMG GT」シリーズ。ベーシックモデルから限定20台のトップモデルまで、最新型のステアリングを握ってわかったこととは? ドイツから報告する。
ホームへ戻る