フォルクスワーゲン、「ゴルフトゥーラン」の一部仕様を変更

2019.02.19 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月19日、7人乗りのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の一部仕様を変更。あわせて価格を改定し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、エントリーグレードの「TSIトレンドライン」に従来設定がなかった先進安全装備を追加。「TSIコンフォートライン」「TDIコンフォートライン」では、人気オプションのセーフティーパッケージを標準設定とした。

TSIトレンドラインに標準設定された装備は以下の通り。

  • アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付き)
  • レーンキープアシストシステム“レーンアシスト”
  • 渋滞時追従支援システム“トラフィックアシスト”
  • プリクラッシュブレーキシステム“フロントアシスト”(歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)
  • パドルシフト
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール

TSIコンフォートラインおよびTDIコンフォートラインに標準設定された装備は以下の通り。

  • レーンキープアシストシステム“レーンアシスト”
  • 渋滞時追従支援システム“トラフィックアシスト”
  • レーンチェンジアシストシステム“サイドアシストプラス”
  • リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
  • プリクラッシュブレーキシステム“フロントアシスト”(歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)

価格は以下の通り。

  • ゴルフトゥーランTSIトレンドライン:293万9000円
  • ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン:338万4000円
  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:378万9000円

なお、上記以外のゴルフトゥーラン各グレードにおける車両本体価格・オプション価格に変更はない。

(webCG)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン(写真はTSIハイライン)
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン(写真はTSIハイライン)拡大

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」がモデルチェンジ 欧州で販売開始 2020.4.30 自動車ニュース 新型「メルセデス・ベンツGLA」のデリバリーが欧州でスタート。2代目は先代に比べ、全高や着座位置が10cmほど高く設定されるなど、よりSUVらしいキャラクターが与えられている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る