クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)

みなぎる上質感 2019.02.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。

190ps、400Nmでのせめぎあい

アウディ ジャパン待望のディーゼル日本導入第1号にQ5が選ばれたのは、必然……というか、予想どおりの展開といっていい。

なんだかんだいっても、日本ではSUVとディーゼルの親和性が高いというイメージは強く、欧州の高級車ブランドは日本でも総じてディーゼル販売が好調だ。「BMW X3」や「メルセデス・ベンツGLC」、そして「ボルボXC60」といったQ5のガチンコ競合車の動向を見ても分かるように、このクラスは各社ともディーゼル推し戦略があからさまである。X3は一説には国内販売の8割がディーゼルだというし、ボルボも企業戦略的にはディーゼル撤退ムードを醸しつつも、XC60にはしれっとディーゼルを置く。

Q5に追加されたディーゼルは彼らの新しい命名ロジックにならって「40 TDI」を名乗る……と同時に、既存の2リッターガソリンターボも「45 TFSI」へと改名した。「40」と「45」という車名から想像されるとおり、今回のディーゼルはQ5では手ごろなエントリーモデルという位置づけとなる。ガソリンの45 TFSIは2リッターながらも最高出力252ps、最大トルク370Nmをうたう高出力型であり、GLCでいうと「200」ではなく「250」に相当する。

Q5が搭載する2リッター4気筒ディーゼルターボは、すでに上陸済みのフォルクスワーゲン(VW)のそれと共通のユニットである。で、その出力、トルクの数値はVWでいうと「パサートTDI」と同じ。つまり、同エンジンではもっともハイチューン型となるわけだが、Q5がパサートより格上のクルマなのだから、実質的にこれ以外の選択肢はなかっただろう。

それにしても、2リッター4気筒で190ps、400Nm……という基本エンジンスペックがBMWの「20d」やボルボの「D4」とピタリと同じという事実からは、欧州におけるディーゼル競争の激しさがうかがえる。ちなみにメルセデスの「GLC220d」だけは排気量2.1リッター(2142cc)で170ps、400Nmと、どことなく分が悪い感があるが、新しい「C220d」で初上陸した新世代ディーゼルは2リッター(1949cc)で194ps、400Nm。今度はライバルをビミョーに上回っている。

2019年2月19日に発売された「アウディQ5 40 TDIクワトロ」。ガソリンモデルから1年4カ月遅れでの導入となった。
2019年2月19日に発売された「アウディQ5 40 TDIクワトロ」。ガソリンモデルから1年4カ月遅れでの導入となった。拡大
六角形のシングルフレームグリルの斜め上の部分がヘッドランプとつなげられたフロントマスク。車外に「TDI」などのバッジは備わっておらず、外観からディーゼルモデルとガソリンモデルを見分けることは難しい。
六角形のシングルフレームグリルの斜め上の部分がヘッドランプとつなげられたフロントマスク。車外に「TDI」などのバッジは備わっておらず、外観からディーゼルモデルとガソリンモデルを見分けることは難しい。拡大
LEDリアコンビライトはオプションの「アシスタンスパッケージ」に含まれるもの。下辺の部分が“流れるウインカー”として機能する。
LEDリアコンビライトはオプションの「アシスタンスパッケージ」に含まれるもの。下辺の部分が“流れるウインカー”として機能する。拡大
テスト車にはオプションのエアサスペンションが装着されていた。ノーマル状態の全高が、標準車よりも25mm低い1640mmとなる。
テスト車にはオプションのエアサスペンションが装着されていた。ノーマル状態の全高が、標準車よりも25mm低い1640mmとなる。拡大

車内と車外で大ちがい

VWでは「ゴルフトゥーランTDI」と「ティグアンTDI」の150ps版、そしてパサートTDIの(Q5と同じ)190ps版……と、チューンちがいのディーゼルを同じ「MQB」プラットフォームで比較できるのだが、率直にいって、パサートTDIはかなり賑やかなクルマである。車体側の遮音・吸音では有利であるはずのパサートをもってしても、トゥーランやティグアンより明らかに騒々しいのだ。Q5にも搭載される190psディーゼルとはそういうエンジンということである。

ディーゼルを縦置きするQ5のTDIは、パサートTDIよりはっきりと静かである。少なくとも運転席に届くエンジン音はX3やXC60と大差ないか、あるいは少し静かなくらいだ。さすがはMQBよりひとクラス上の「MLBエボ」の車体である。このエンジンはもともとリミットの4500rpmまで引っかかりなく回るタイプだが、騒音対策の行き届いたQ5では、そんな軽快な回転フィーリングだけがうまく抽出されて伝わってくる。

ただ、走行シーンの撮影を見ていた編集担当の藤沢君は「うるさいですね」とひとこと(笑)。車内では感心する程度には静かなQ5のディーゼルも、車外に放出される排気音はそれなりのボリュームがあるようだ。

そういわれると、リアガラスを通して漏れ聞こえてくる排気音は、なかなかの迫力である。さすがの騒音対策で車内に届く音量自体はきっちり減衰されているのだが、あらためて耳を澄ましてみると、外に放出されているサウンドはけっこうな迫力だと気づく。まあ、ヌケのよさそうな快音ではあるけれど。

室内では高い静粛性にうならされた「Q5 40 TDI」だが、車外に出ると一転、ガラガラというディーゼルサウンドが聞こえるようになる。
室内では高い静粛性にうならされた「Q5 40 TDI」だが、車外に出ると一転、ガラガラというディーゼルサウンドが聞こえるようになる。拡大
フロントフード下には2リッター直4ディーゼルターボエンジンが縦置きされる。最高出力は190psで、最大トルクは400Nm。
フロントフード下には2リッター直4ディーゼルターボエンジンが縦置きされる。最高出力は190psで、最大トルクは400Nm。拡大
テスト車にはオプションの19インチタイヤが装着されていた(標準は18インチ)。タイヤ銘柄はコンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」。
テスト車にはオプションの19インチタイヤが装着されていた(標準は18インチ)。タイヤ銘柄はコンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」。拡大

過給ラグはちょっと大きめ

パサートTDIでは迫力満点のパンチ力を見せてくれる190psディーゼルも、それより300kg近く重いQ5ではさすがにそうはいかない。必要十分ならぬ必要“十二分”の動力性能ではあるものの、スポーツモデルと呼びたくなるほどの過剰な迫力はない。まあ、そもそもがQ5のエントリーモデルの位置づけなので、良くいえば、それに相応しい上品さともいえる。

また、Q5のTDIは競合車に対して飛びぬけて重いわけではないが、軽いほうでもない。ドライバーが体感する動力性能の活発さでは、これより車重が数十kg軽くてレスポンスやサウンドなどのフィーリングづくりにも長けたX3に少し分がある……というのが実感だ。

そうはいっても絶対的な性能にはなんら不足のないQ5だが、少し気になるのは、スロットルを踏み込んで実際の加速Gが立ち上がるまでの瞬間的な“間”=ラグである。

この種の過給ラグはもちろんターボエンジン全般、とくに高性能ディーゼルでは大きめに出がちなのが通例だが、エンジン単体性能でも、またパワーウェイトレシオ/トルクウェイトレシオでも大差ない競合車と比較しても、Q5 TDIのラグは大きめというほかない。とくにワインディングロードで小気味よく走りたいときには、そのラグを想定してスロットル操作に“待ち”を入れる必要があるほどだ。

その理由を推察するに、変速機が「Sトロニック」、すなわちデュアルクラッチトランスミッション(DCT)であることが少なからず影響していると思われる。あらためて考えてみると、ディーゼルとDCTを組み合わせている乗用車は、欧州本国仕様ではいくつか例があるものの、日本で正規販売されるものでは、今のところアウディ(とVW)しかない。

排ガスの浄化システムに酸化触媒コンバーターや尿素SCRシステム、アンモニア分解触媒コンバーターなどを採用することで、欧州のユーロ6や日本のポスト新長期規制といった環境基準に適合している。
排ガスの浄化システムに酸化触媒コンバーターや尿素SCRシステム、アンモニア分解触媒コンバーターなどを採用することで、欧州のユーロ6や日本のポスト新長期規制といった環境基準に適合している。拡大
インパネを横断するシルバーのアクセントが目を引くインテリア。助手席の前には「quattro」ロゴが配されている。
インパネを横断するシルバーのアクセントが目を引くインテリア。助手席の前には「quattro」ロゴが配されている。拡大
パーシャルレザーのシートは「ラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプション装備。クッションは沈み込みの少ない固めのタイプ。
パーシャルレザーのシートは「ラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプション装備。クッションは沈み込みの少ない固めのタイプ。拡大
リアにもサイドサポートのしっかりとしたシートが備わるが、“立派”なセンタートンネルが通っているため、真ん中の席の快適性は今ひとつ。
リアにもサイドサポートのしっかりとしたシートが備わるが、“立派”なセンタートンネルが通っているため、真ん中の席の快適性は今ひとつ。拡大

ドライブモード選びは慎重に

知っている人も多いように、一般的なクラッチを油圧制御するDCTは、トルクコンバーター(=流体継ぎ手+動力変換器)を使う伝統的なATと比較して、いわゆる半クラッチの領域がせまく、そのときのトルク増幅効果も見込めない。DCTはそのぶんダイレクトで高効率ではあるのだが、柔軟性や融通性では逆にATにゆずる……というそれぞれの長所短所を、体感としてご存じの経験豊かなドライバーも少なくないはずである。

パサートTDIでも感じられたことだが、この190psディーゼルはそもそも過給ラグが大きめである。ただ、比較的軽量なパサートでは、クルマの乗り味にわざわざ指摘するほど強いクセをもたらすほどではない。しかし、同エンジンを積むクルマとしては現時点でQ5がもっとも大きく、前記のようにパサート比でも300kg近く重い。そして、それに加えてDCTということで、どうしてもクセが強く出てしまっているようだ。

Q5にはすべての制御を統合コントロールする「アウディドライブセレクト」が標準装備されていて、このクルマでは「オフロード」「エフィシェンシー(=低燃費)」「コンフォート」「オート」「ダイナミック」という5つの基本モードが選択できる。そのなかでデフォルトの標準設定にあたるのはオートだが、Q5 TDIの場合、もっともクセが強いのが、じつはそのオートだったりする。オートではスロットル操作から明確なラグが発生した後に、強烈なトルクが一気に立ち上がって、どうにもギクシャクしがちなのだ。

これと比較すれば、スポーツ志向のダイナミックは早開けスロットルでトルクの立ち上がりがさらに鋭くなるが、そのぶんラグも体感的に短くなる。逆に穏やかなエフィシェンシーやコンフォートはラグが大きくなるいっぽうで、トルクの立ち上がりもゆっくりで、結果的に落差が小さい。いずれにしても、どれもオートよりは違和感が少ない。Q5のドライブセレクトには6つめのモードとして「インディビジュアル(=個別設定)」があるから、これで自分好みの組み合わせを見つけるのも一興だ。

JC08モード燃費は15.6kmリッター。70リッターの燃料タンク容量も合わせて、“足の長さ”も「Q5 40 TDI」の特長のひとつ。
JC08モード燃費は15.6kmリッター。70リッターの燃料タンク容量も合わせて、“足の長さ”も「Q5 40 TDI」の特長のひとつ。拡大
搭載される7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」のギア比は1速3.187~7速0.385。同じエンジンを搭載する「VWパサートTDI」は6段のデュアルクラッチ式ATを搭載しており、ギア比は1速3.461~6速0.622となっている。
搭載される7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」のギア比は1速3.187~7速0.385。同じエンジンを搭載する「VWパサートTDI」は6段のデュアルクラッチ式ATを搭載しており、ギア比は1速3.461~6速0.622となっている。拡大
「アウディドライブセレクト」は「Q5」全車に標準装備される。ドライブモードは「オフロード」「エフィシェンシー」「コンフォート」「オート」「ダイナミック」と、パワステのアシスト量やシフトタイミングの速さなどを個別設定できる「インディビジュアル」の全6種類。
「アウディドライブセレクト」は「Q5」全車に標準装備される。ドライブモードは「オフロード」「エフィシェンシー」「コンフォート」「オート」「ダイナミック」と、パワステのアシスト量やシフトタイミングの速さなどを個別設定できる「インディビジュアル」の全6種類。拡大
センターコンソールには、下り坂などで自動的に車速を一定にコントロールするヒルディセントコントロールの作動スイッチがレイアウトされている。
センターコンソールには、下り坂などで自動的に車速を一定にコントロールするヒルディセントコントロールの作動スイッチがレイアウトされている。拡大

はやりのオンデマンド型4WDとはひと味ちがう

……と、アウディ初のクリーンディーゼルということもあって、いろいろと重箱のスミをつついてしまったが、こうしたクセも「そういうもの」と認識して乗れば、決定的な弱点というわけでもない。また、こういう高トルクかつクセ強めのパワートレインと組み合わせたことで、今回はQ5というクルマそのものの美点を再認識させられたのも事実だ。

乗用4WDシステムは今や電子制御クラッチやカップリングによるオンデマンド型が主流で、Q5のそれも例外ではない。Q5が使う最新の「ウルトラクワトロ」の基本機構もそんな最近のトレンドに沿ったものだが、そこは乗用4WDの元祖を自認するアウディだ。リアにもドグクラッチを配して、低負荷時にはプロペラシャフトまで断絶・停止させてフリクションロスを減らすなど、やはり他社の4WDとは一線を画す。

さらには、基本的には前輪駆動がベースでありながら、同種のシステムのなかでもかなりの高頻度で後輪に駆動配分しているようで、とくにスポーツ志向のダイナミックモードにすると「フルタイム感」がさらに強まる。そんなときのQ5はESCのブレーキ制御もあってか、後ろから蹴り上げられるような俊敏な回頭性はX3などの後輪駆動ベース4WDにせまりつつ、同時にXC60に通じるFFベース4WDの安定感もあわせもつ。まさに「イイトコ取り」といった味わいはさすがである。

今回の試乗車にはオプションの連続可変ダンパー付きのエアサスペンションが装備されており、ドライブセレクトを硬派なダイナミックモードにセットすると、水平姿勢のまま、最小限のステアリング操作でグイグイ曲がっていく。こういう走りではDCTの電光石火的な変速も生きてくる。

感心したのはそういう場面で細かく凹凸する荒れた路面に遭遇しても、突っ張るようなエアサス特有のクセがほとんど出ないことだ。Q5の内外装の質感表現はクラストップ級に高く、全身にみなぎる硬質で正確な肌ざわりは、いかにもアウディの真骨頂である。だから、このフットワークの妙味にはエアサスそのものの優秀性とともに、車体の剛性づくりがうまいこともある。

「Q5」の4WDシステムは、低負荷時にはリアアクスルを切り離してFF走行することで燃費向上に寄与する。
「Q5」の4WDシステムは、低負荷時にはリアアクスルを切り離してFF走行することで燃費向上に寄与する。拡大
ボンネットはサイドまでカバーするクラムシェルタイプ。フロントフェンダーのパネルとつながる部分には、精緻なプレスラインが施されている。
ボンネットはサイドまでカバーするクラムシェルタイプ。フロントフェンダーのパネルとつながる部分には、精緻なプレスラインが施されている。拡大
テールゲートはボディーサイドにまで回り込んで開く。荷室の容量はリアシート使用時で550リッター、リアシートの背もたれをすべて倒した状態で1550リッター。
テールゲートはボディーサイドにまで回り込んで開く。荷室の容量はリアシート使用時で550リッター、リアシートの背もたれをすべて倒した状態で1550リッター。拡大
エアサスペンション装着車には、荷室のサイドにリアアクスルの車高調整スイッチが備わる。
エアサスペンション装着車には、荷室のサイドにリアアクスルの車高調整スイッチが備わる。拡大

独プレミアム勢のなかでは割安感高し

標準モデルの40 TDIクワトロで636万円、内外装コスメがスポーツ志向になる40 TDIクワトロ スポーツで657万円という価格設定は、BMWやメルセデスよりは割安感があるのは間違いない。その本体価格の額面ではXC60と同等といえるものの、先進安全デバイスがフル標準となるボルボに対して、Q5は追突されたときの衝撃軽減機能や斜め後方の死角アシストなどがオプションあつかいとなるなど、細かい装備内容まで吟味すると、XC60のほうが少し割安感がある。

また、走りに関しては動力性能面や軽快な操縦性ではX3がわずかに先行しているものの、安定感と回頭性のバランスでよりオールラウンドなのはQ5だろう。また、前記のようにDCTには一長一短があるが、しょっちゅうワインディングを走りたがるようなウデッこきには、小気味いいシフトフィールを重宝する向きがあるかもしれない。

(文=佐野弘宗/写真=荒川正幸/編集=藤沢 勝)

「Q5 40 TDI」には、コーナリング時に内輪を制動して旋回力を高める「ホイールセレクティブトルクコントロール」機構が搭載されている。
「Q5 40 TDI」には、コーナリング時に内輪を制動して旋回力を高める「ホイールセレクティブトルクコントロール」機構が搭載されている。拡大
Bang & Olufsenの3Dアドバンストサウンドシステムは18万円のオプション装備。
Bang & Olufsenの3Dアドバンストサウンドシステムは18万円のオプション装備。拡大
ステアリングポストには、アダプティブクルーズコントロールの操作レバーが備わる
ステアリングポストには、アダプティブクルーズコントロールの操作レバーが備わる拡大

テスト車のデータ

アウディQ5 40 TDIクワトロ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4680×1900×1640mm
ホイールベース:2825mm
車重:1920kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:190ps(140kW)/3800-4200rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1750-3000rpm
タイヤ:(前)235/55R19 101W/(後)235/55R19 101W(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)
燃費:15.6km/リッター(JC08モード)
価格:657万円/テスト車=780万円
オプション装備:オプションカラー<マタドールレッドメタリック>(9万円)/シートヒーター<フロント/リア>(6万円)/Bang & Olufsen 3Dアドバンストサウンドシステム(18万円)/アルミホイール<5スポークダイナミックデザイン 8J×19 235/55R19>(17万円)/マトリクスLEDヘッドライトパッケージ&ヘッドライトウオッシャー(10万円)/アシスタンスパッケージ(26万円)/ラグジュアリーパッケージ(37万円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2925km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:372.3km
使用燃料:30.3リッター(軽油)
参考燃費:12.3km/リッター(満タン法)/11.9km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディQ5 40 TDIクワトロ
アウディQ5 40 TDIクワトロ拡大
 
アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
  • 一番売れてるSUV。「トヨタC-HR」がマーケットから圧倒的な支持を受けている理由とは?
    一番売れてるSUV。「トヨタC-HR」がマーケットから圧倒的な支持を受けている理由とは? 特集
  • 厳格な検査と整備、保証、そしてリーズナブルな価格──。ジャガー認定中古車の魅力に迫る。
    厳格な検査と整備、保証、そしてリーズナブルな価格──。ジャガー認定中古車の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。