第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル
輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~

2019.02.20 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 記念すべき第1回は、コンパクトカーからスーパーカーまでを擁するイギリス編。「アストンマーティン・ヴァンテージ」「ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ」「マクラーレン720Sラグジュアリー」、MINIの「クーパーD 5ドア」と「ジョンクーパーワークス クラブマン アドバンスドスタイル」の走りをリポートする。

アストンマーティン・ヴァンテージ
アストンマーティン・ヴァンテージ拡大
第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~の画像拡大
 
第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~の画像拡大
 
第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~の画像拡大
 
第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~の画像拡大

何をさせても一流
アストンマーティン・ヴァンテージ……2138万4000円

JAIA合同試乗会の主たる試乗コースは、神奈川・大磯の市街地と制限速度70km/hの西湘バイパスである。今回記者は(担当編集サクライの陰謀により)スーパーカーやスーパースポーツばかりに乗せられたのだが、明らかにピントのズレたこの試乗コースにおいて、最も感銘を受けたのがアストンマーティン・ヴァンテージだった。

語彙(ごい)が貧弱で恐縮だが、とにかく超イイクルマ。借受場所から撮影エリアまで移動するだけでも、クルマのあまりの洗練っぷりに「アストンってこんなクルマだっけ!?」と意識を改めさせられた。

イグニッション時こそ「フヴァン!」と威勢のいい声を上げるものの、後はトーンを落として飼い主の指示を待つさまは優れた猟犬のごとし(ネコしか飼ったことないけど)。狭い場所での切り返しを試みても、こんな太いハイグリップタイヤを履いているのに、ハンドリングにほとんど違和感がない。

走らせるとサスペンションの動きはしなやかで、「ブレーキングからの下り坂からの急S字」という大磯港出口のカーブでも「すっすっ」とクルマが動くし、ブレーキからアクセルに足を移しかえるときにクルマが“すっぽぬける”こともない。ECUの人の心の読みが深い。マスプロダクトのスポーツカーに負けない洗練と、手作りカーならではの趣を併せ持つところが、ナウなアストンの魅力なのでしょう。

もちろん、510psの4リッターV8ターボを積んだスーパースポーツが“これだけ”なんてことはない。「ちょっとだけ……」とプチ加速を試してみると、「ふぁろろろ!」という高性能V8ならではの音を聞かせながらクルマが前へと突進し、たちまち法定速度にぶちあたる。ドライブモードを「スポーツ+」やら「トラック」やらに入れればさらに違った世界が見られるのだろうが、心置きなく試せるのはサーキットの中だけでしょう。

ケとハレを使い分ける二面性。流していても、いざ踏んづけても一流なのは、ナウなのに限らないアストンの魅力だと思う。

(文=webCG ほった/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る