極めて貴重なファミリーカー
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ……344万円

長~い車名はダテじゃない。0-100km/h加速6.6秒でアスリート級の足まわりを持つ高性能コンパクト、ルーテシアR.S.トロフィーに、バイクの世界でも有名なアクラポヴィッチ製マフラーを装着。さらなる高出力化と軽量化が図られている。

フランスではオプション扱いの“アクラ管”だが、日本で味わうにはこの限定車を選ぶしかない。でも、本来30万円相当のアイテムがわずか10万円高で付いている! というのは、日本のユーザーには耳よりな話だ。

……と持ち上げておいてなんだけれど、実際どれほど性能アップしているかは、公道のチョイ乗り程度じゃわからない。自慢の音も、意外と静か。どころか、アイドリングはフツーのファミリーカーと変わらない。高回転まで回して初めて、ノーマルとは違う雄たけびがとどろき、シフトアップ時にバシュッ! と破裂音が響くようになる。

というわけで、逆説的だが「近所の目もあるし、ヤンチャなクルマは手が出しにくい」と思われているクルマ好き・運転好きにはオススメの逸材なのだ、この特別な「ルーテシア」は。

「恥ずかしいほどデカいウイングが付いてるじゃないか」って? それは、ルノー・ジャポンが独自に開発したオプションですからご心配なく。あえて付けない、という手もある。マフラー周辺や大径ホイールもダークな色で控えめな印象だし、黄色いボディーカラーが気になるようなら、もう1色ある白(ブラン グラシエ)を選べばいい。

そもそもベースはコンパクトカーとして定評のあるルーテシア。今回、その高性能版に乗ってみて感心させられたのは、むしろ視界のよさやキャビン&荷室の広さといった、基本的なつくりだった。

だからなのか、購入者は30~40代の、既婚でお子さんのいる(!)男性が多いという。たしかに、ガチガチの足も忍耐が要るほどではないし、ローンチコントロールの急発進を乱発しなければ、家族が嫌がることもないだろう。

100台限定。発売から1カ月で、まだ在庫アリ。悩めるお父さん、決めるならいまかも。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

▼前回の記事
第1回:世界一クルマ好きといわれる国の最新モデル
輸入車チョイ乗りリポート~個性派ぞろいのイギリス編~

ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • 「DS 7クロスバック」の新オーダーサービス開始 トータル432通りから自分だけの一台を 2019.7.11 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年7月11日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」において、ボディーカラーやインテリアテーマ、ホイール、オプションを自由に組み合わせてオーダー可能なBTO(Built To Order)サービス「Haute Couture(オートクチュール)」を導入した。
ホームへ戻る