クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハSR400(MR/5MT)

完成されたマシン 2019.03.02 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。

いまや貴重なご長寿モデル

ひとつのものを進化させながら長い間作り続けていく。ちょっと聞くと簡単なことのようだが、日本の工業製品でこういうものは決して多くない。そんな中でSRは非常に貴重なマシンだと言うことができるだろう。何しろ1978年に登場してから40年以上、基本的なスタイルとメカニズムを変えずにきている。今回の試乗は、そんな「作り続けることの大切さ」を再確認することになった。

現行型のSR400が登場したのは2018年の秋。その前はどうだったかというと、しばらくの間、カタログから姿を消していた。排ガス規制に対応するための開発を進めていたからである。実をいえば、2008年にも同じようなことがあった。

生産中止になるたび、マニアたちの間では「今回こそ復活できないんじゃないか」なんていう声があがる。何しろ基本設計が40年も前。ヤマハが4ストロークを作り始めた頃のエンジンだからである。70年代中盤まで、ヤマハは2ストローク一筋のメーカーだった。そんなヤマハが初めて開発した4ストロークビックシングルが「XT500」。パリダカの第1回大会で優勝という快挙を成し遂げた名車である。そのロードスポーツバージョンとして生まれたのがSR400なのだ。

排ガス規制が加速度的に厳しくなっているのはご存じの通り。海外でも古くから続いていた伝統的なエンジンが、排ガス規制を乗り越えることができず一新されたりしている。SR400が同じ運命をたどったとしても何も不思議ではない。

対策が難しいのは当然。走りやエンジンのフィーリングがおとなしくなってしまってもしかたない。そう考えていたが、実際に試乗してみてこの考えが完全に間違っていることに気付かされることになった。

およそ40年にわたって販売されてきたヤマハの単気筒バイク「SR400」。これまでたびたび、排ガス規制による生産中止と復活を繰り返してきた。
およそ40年にわたって販売されてきたヤマハの単気筒バイク「SR400」。これまでたびたび、排ガス規制による生産中止と復活を繰り返してきた。拡大
シリンダー側面の冷却フィンが特徴的な、空冷399cc単気筒エンジン。クランクケースの左前方には、蒸発ガソリンの大気放散を抑えるキャニスターが装着される。
シリンダー側面の冷却フィンが特徴的な、空冷399cc単気筒エンジン。クランクケースの左前方には、蒸発ガソリンの大気放散を抑えるキャニスターが装着される。拡大
燃料供給はフューエルインジェクション。現代のバイクらしくエネルギー効率と環境性能の向上が図られている。
燃料供給はフューエルインジェクション。現代のバイクらしくエネルギー効率と環境性能の向上が図られている。拡大
今回試乗したのは、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合した最新型の「SR400」。2018年11月に発売された。
今回試乗したのは、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合した最新型の「SR400」。2018年11月に発売された。拡大

かつてないほど官能的

エンジンのフィーリングは従来モデルよりも明らかに快活になっていた。低回転からスロットルを開けていくと単気筒エンジン特有の鼓動感と排気音を響かせながら加速していく。低回転をキープしたままでもシングルのトルクを生かし、力強く、キビキビと走る。長年かけて熟成されてきたエンジンは、回り方がとても滑らか。体に伝わってくる雑味もなくメカノイズも少ない。だから余計に排気音と鼓動感がクリアに体に伝わってくる。

20年くらい前まで、SRには「500」もあって、どちらも知っているライダーたちは500こそが本当のSRだ、なんて言っていた。僕自身もそう思っていた。400はどうしてもパワーがなくてダルな感じがしてしまっていたのだ。ところが現行モデルは、500を知るライダーさえも納得させてしまうような爽快な走りを実現させている。400cc特有のマイルドさや軽快さがうまく引き出され、鼓動感と歯切れの良い排気音が組み合わされたことで、これまでの400にも500にもなかった、心地良いフィーリングが生まれているのだ。

この走りはエンジン本体ではなく、排気系を見直してエキゾーストサウンドを作り込んだことから生まれているという。こういった官能性能は、これからも開発が進んでいきそうな部分である。

メーターはクラシカルな2眼タイプ。白い文字盤でドレスアップされている。
メーターはクラシカルな2眼タイプ。白い文字盤でドレスアップされている。拡大
「オートバイの持つ根源的な悦(よろこ)びをダイレクトに伝える」という「SR400」。クロームメッキを施したスチールやバフ仕上げのアルミパーツがクラシックなムードを醸し出す。
「オートバイの持つ根源的な悦(よろこ)びをダイレクトに伝える」という「SR400」。クロームメッキを施したスチールやバフ仕上げのアルミパーツがクラシックなムードを醸し出す。拡大
ストレートに伸びるマフラー。音響解析技術を駆使し、低音の音質と歯切れのよさを向上させたとアピールされる。
ストレートに伸びるマフラー。音響解析技術を駆使し、低音の音質と歯切れのよさを向上させたとアピールされる。拡大
フロントには、かつてのドラム式よりも機能的な、油圧式のシングルディスクブレーキ(直径298mm)が装着される。
フロントには、かつてのドラム式よりも機能的な、油圧式のシングルディスクブレーキ(直径298mm)が装着される。拡大
スリムで軽量な車体を持つ「SR400」。カスタマイズを施し、クラシカルな“シングルレーサー”として走りを楽しむユーザーも多い。
スリムで軽量な車体を持つ「SR400」。カスタマイズを施し、クラシカルな“シングルレーサー”として走りを楽しむユーザーも多い。拡大
車体の右側には、ライダーが足を使ってエンジンを始動(キックスタート)するためのペダルが備わる。
車体の右側には、ライダーが足を使ってエンジンを始動(キックスタート)するためのペダルが備わる。拡大
ブラックのモデルのサイドカバーには「SR」の立体エンブレムが添えられる。もうひとつの車体色であるブルーのモデルでは、平面的なデザインの装飾が施される。
ブラックのモデルのサイドカバーには「SR」の立体エンブレムが添えられる。もうひとつの車体色であるブルーのモデルでは、平面的なデザインの装飾が施される。拡大

進化が肌で感じられる

SRでもうひとつ素晴らしいのがハンドリングだ。フレームやディメンションは70年代から変わっていないし、相変わらず前後18インチのバイアスタイヤだ。けれどこの車体だからこそ、17インチラジアルの高剛性フレームとは違って、実用速度域で軽快なハンドリングにすることができる。それがサスペンションやブレーキの改良で進化しているのである。

柔らかめにセットされ、シットリしたダンピングの利いたフロントフォークやリアサスのおかげで乗り心地も良く、交差点では18インチタイヤらしい軽快さを発揮して、気持ち良くバンクしていく。サスが適度に動いてくれるから、ノンビリ走っている時でもスロットルやブレーキの操作に合わせて体重移動してやればマシンはさらにキビキビ動く。18インチタイヤを装着したマシンの中でも比較的マッタリとした感じ。スポーティーに走りたいライダーなら、サスペンションを含めて手を入れればシャキッとさせることもできる。何しろ昔はサーキットや峠で大暴れしていたマシンだ。ポテンシャルは高い。

ついでに書いておくと、SR400に使用されているフロントフォークはクラシックバイクレースのチューニングパーツとしても人気が高い。見た目がクラシカルなのに内部の構造にも妥協がなく動きが素晴らしいからだ。それくらい性能の高いパーツが使われているのである。

現行のSR400は、長い年月をかけて作り込まれた結果、パワー、トルク感、排気音、ハンドリング、すべてが心地良くてちょうどいいところに落ち着いている。オーソドックスな普通のバイクというものは、世の中にたくさんあるのだけれど、ここまで完成されたマシンというものは他にない。シングルエンジンを搭載したオートバイはたくさんあるけれど、乗り比べてみれば、どれだけSRが洗練されているかわかるはずだ。

厳しい排ガス規制に対して単に延命させるのではなく、もっと魅力的にしていこう。そんなヤマハの思いが伝わってくる。素晴らしいバイクになったと思う。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=関 顕也)

ヤマハSR400
ヤマハSR400拡大
燃料タンクの容量は12リッター。油種はレギュラーガソリンとなっている。
燃料タンクの容量は12リッター。油種はレギュラーガソリンとなっている。拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2085×750×1100mm
ホイールベース:1410mm
シート高:790mm
重量:175kg
エンジン:399cc 空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブ
最高出力:24ps(18kW)/6500rpm
最大トルク:28Nm(2.9kgm)/3000rpm
トランスミッション:5段MT
燃費:40.7km/リッター(国土交通省届出値)/29.7km/リッター(WMTCモード)
価格:57万2400円

関連キーワード
関連記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。