きちんとつくり分けられてはいるが……

ほった:セダンのほうはどうでしょう。

明照寺:マツダ3でもうひとつスゴいなと思うのは、セダンとハッチバックで基本のデザインが違うことなんですよ。セダンとハッチバックでは、ドアの中身の構造物も違うんですかね?

ほった:今のところ、そこはまだわかりませんねぇ。

明照寺:ひょっとしたらドア構造から変えてるのかなっていう気もします。それをやると、例えば衝突試験とか設計とかに、お金が2倍かかるんです。

永福:そういうことなんですね~。

明照寺:サイドウィンドウのキャラも違うじゃないですか。

永福:まったく違いますね。

明照寺:普通、同じクルマでセダンとハッチバックをつくり分けるときは、両方ともちゃんとしたバランスをとるのが非常に難しいんです。でもマツダは、その点も妥協してないように見えます。

永福:ただ、セダンのほうはハッチバックに比べるとかなりフツーというか、凡庸に見えるなぁ。

明照寺:そうなんですよ。ハッチバックを見ちゃうと、セダンはかなり古臭くコンサバに見えてしまう。

新型の「マツダ3ハッチバック」(右)と「マツダ3セダン」(左)。
新型の「マツダ3ハッチバック」(右)と「マツダ3セダン」(左)。拡大
ハッチバックとは異なり、セダンは非常にコンサバティブなイメージでまとめられている。
ハッチバックとは異なり、セダンは非常にコンサバティブなイメージでまとめられている。拡大
明照寺:「共用する部分が多くなるので、ひとつモデルでセダンとハッチバックをつくり分けて、かつ両方ともバランスの取れたデザインとするのは難しいんですよ」
明照寺:「共用する部分が多くなるので、ひとつモデルでセダンとハッチバックをつくり分けて、かつ両方ともバランスの取れたデザインとするのは難しいんですよ」拡大
永福:「確信犯なんだろうけど、かなり普通のデザインだなあ」
ほった:「ガラスエリアのラインとか、先代(2代目)の『アクセラセダン』を思い出しますね」
永福:「確信犯なんだろうけど、かなり普通のデザインだなあ」
	ほった:「ガラスエリアのラインとか、先代(2代目)の『アクセラセダン』を思い出しますね」拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • 第26回:マツダ3 2019.3.13 カーデザイナー明照寺彰の直言 エンジンやシャシーに用いられる新技術はもちろん、斬新なデザインでも注目を集めている新型「マツダ3」。「深化した魂動デザイン」の嚆矢(こうし)となる一台に、現役の自動車デザイナー明照寺彰は何を感じたのか?
  • 第564回:期待値の高さを“あのクルマ”との比較で検証
    webCG執筆陣が語る「マツダ3」VS「トヨタ・カローラ スポーツ」
    2019.3.26 エディターから一言 2018年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されて以来、ギョーカイの話題を奪いっぱなしの新型「マツダ3」。その期待値はどれほど高いのか? 『webCG』で筆をふるう3人のライターに、走りのよさから好評価を得ている「トヨタ・カローラ スポーツ」との比較を語ってもらった。
  • 新型「マツダ・アクセラ」発表会の会場から 2013.10.9 画像・写真 マツダが新型「アクセラ」を発表。会場の様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る