大事なのは新しい提案があること

明照寺:セダンについては、キャラクターラインの扱い方なんかも、旧型の延長線上に感じます。もう少し、ハッチバックとテイストをそろえてもよかったんじゃないかな。

ほった:まるで別のクルマに感じますね。

明照寺:実際にはいろいろやってるんですよ、セダンも。ただ、ハッチと比べるとね。

永福:セダンは付け足しに感じますね。

明照寺:とにかく、デザイナーとしてとても興味をそそられる作品です。マツダは「全幅の広いモデルをつくってから、それを諸元にどうおさめるかを考える」っていう話を聞いたことがあるんですけど、開発のプロセスが気になりますね。

永福:プロはそういうことを考えるのか~。われわれユーザーは結果がすべてなので気楽です(笑)。とにかく、マツダ3のハッチバックは、とってもシンプルできれいなデザインじゃないでしょうか。非常に高いところを見て、自分を追い込んでデザインしているって感じるんですよ。トップアスリートみたいな。

明照寺:メルセデスの「CLS」とか「Aクラス」みたいな、“何もしないこと=シンプル”ということではなくて、新しい提案をしつつシンプルに仕上げているのがすごいですね。

(文=永福ランプ<清水草一>)

新型「マツダ3セダン」。
新型「マツダ3セダン」。拡大
こちらは現行型「アクセラセダン」。
永福:「……似てるなあ」
ほった:「これは言い逃れできませんね」
こちらは現行型「アクセラセダン」。
	永福:「……似てるなあ」
	ほった:「これは言い逃れできませんね」拡大
明照寺:「単にシンプルなだけじゃなくて、新しい提案があるところがすごい。マツダのデザイン開発のプロセスが気になりますね」
明照寺:「単にシンプルなだけじゃなくて、新しい提案があるところがすごい。マツダのデザイン開発のプロセスが気になりますね」拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • 第26回:マツダ3 2019.3.13 カーデザイナー明照寺彰の直言 エンジンやシャシーに用いられる新技術はもちろん、斬新なデザインでも注目を集めている新型「マツダ3」。「深化した魂動デザイン」の嚆矢(こうし)となる一台に、現役の自動車デザイナー明照寺彰は何を感じたのか?
  • 第564回:期待値の高さを“あのクルマ”との比較で検証
    webCG執筆陣が語る「マツダ3」VS「トヨタ・カローラ スポーツ」
    2019.3.26 エディターから一言 2018年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されて以来、ギョーカイの話題を奪いっぱなしの新型「マツダ3」。その期待値はどれほど高いのか? 『webCG』で筆をふるう3人のライターに、走りのよさから好評価を得ている「トヨタ・カローラ スポーツ」との比較を語ってもらった。
  • 新型「マツダ・アクセラ」発表会の会場から 2013.10.9 画像・写真 マツダが新型「アクセラ」を発表。会場の様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る