【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表

2019.03.05 自動車ニュース
プレスカンファレンスで「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」を紹介する同社のステファン・ヴィンケルマン社長。
プレスカンファレンスで「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」を紹介する同社のステファン・ヴィンケルマン社長。拡大

ブガッティは2019年3月5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されているジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、ブガッティの創始者であるエットーレ・ブガッティの長男ジャン・ブガッティの生誕110周年を記念したワンオフモデル「La Voiture Noire(ラ ヴォワチュール ノワール)」を発表した。

ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール
ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大

ラ ヴォワチュール ノワールは、ジャン・ブガッティがデザインした「タイプ57SCアトランティック」をモチーフとし、「シロン」をベースに制作されたワンオフモデルである。スタイリングはブガッティのデザイナーであるエティエンヌ・サロメ氏が担当。タイプ57SCアトランティックのデザインを現代的に解釈し直し、快適な長距離旅行のためのグランドツーリングカーとして仕上げたという。

すべてがハンドメイドで作られているラ ヴォワチュール ノワールのボディーは、カーボンファイバーが用いられている。パワーユニットはベースとなったシロンと同じ最高出力1500ps、最大トルク1600Nmの8リッターW16エンジンで、これをリアミドに搭載する。

発表にあたり2018年にブガッティを率いることになったステファン・ヴィンケルマン社長は、「ラ ヴォワチュール ノワールは現在の自動車生産の最先端にあるモデルです。ブガッティがこれまで培ってきた独自の高度なテクノロジーを駆使し、彫刻的な美しさを持つモデルを構築。豪華なリムジンが持つ快適さとハイパースポーツカーのパワーを兼ね備えたクーペは、理想的なグランドツーリングカーといえるでしょう」とスピーチを行った。

2019年は、ジャン・ブガッティの生誕110周年であるとともに、ブガッティが自動車メーカーとして産声をあげてから同じく110周年となる。この2つを記念して作られたラ ヴォワチュール ノワールの価格は、税抜き1100万ユーロ(邦貨換算約14億円)と発表されている。

(webCG)

関連キーワード:
シロン, ブガッティ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • ランボルギーニが「アヴェンタドールSVJ」を日本初披露 2018.11.21 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2018年11月21日、横浜スーパーファクトリーで開催された「Lamborghini Day Japan 2018」にて「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」を日本初公開した。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
ホームへ戻る