第6回:幅広い選択肢も魅力
輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)

2019.03.09 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 最終回となる第6回は、メジャー系がまだまだ続くドイツ編(その2)。「BMW X2 sDrive18i MスポーツX」「メルセデス・ベンツA180スタイル」「フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム」そして「ザ・ビートル デザインマイスター」の走りをリポートする。

BMW X2 sDrive18i MスポーツX
BMW X2 sDrive18i MスポーツX拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大

カッコいいほうが偉いんだ!
BMW X2 sDrive18i MスポーツX……484万円

2018年の夏に日本上陸直後のBMW X2を取材したところ、その出来栄えがとてもよく感じられた。ただし、テストしたのはトップグレードの「xDrive20i MスポーツX」(当時。その後にディーゼルの「xDrive18d MスポーツX」とMパフォーマンスモデルの「M35i」が追加された)。販売面での主力となる、よりベーシックなモデルに乗ってみたいと考えていたのだった。

詳しい方には無用の説明かもしれないが、sDrive18i MスポーツXは最高出力140ps/最大トルク220Nmの1.5リッター直3ターボエンジンを搭載したFF車である。ちなみに以前に取材したxDrive20i MスポーツXは同192ps/同280Nmの2リッター直4ターボエンジンを搭載した4WD車であり、MスポーツXというのはバンパーやホイールまわりなどの樹脂パーツがフローズングレーのコントラストカラーに変更されるだけでなく、よりハードなスポーツサスペンションも備わる豪華仕様で、標準仕様の「sDrive18i」も用意されている。

BMWグループ内で広く用いられている1.5リッター3気筒ユニットは「ボボボ」という実用車然としたサウンドにちょっと拍子抜けするものの、車重1500kgのボディーを動かすには十分以上だ。スポーツサスペンションによるキビキビとした動きが、エンジンスペック以上にスポーティーに感じられる要因かもしれない。ステアリングを切れば、ほとんどロールを伴わずにクイッと曲がる。ちなみにハードといっても、ドシンバタンといった類いの乗り心地ではなく、入力があるとコツンコツンと感じる程度のもので、理解したうえで乗れば実に楽しい。

X2は価格設定が面白い。一番ベーシックなsDrive18i(439万円)からsDrive18i MスポーツX(484万円)へのステップアップを試みた場合の差額は45万円となる。しかし、さらに1.5リッターターボから2リッターターボに、すなわちxDrive20i MスポーツX(518万円)にステップアップするためのお代は34万円となっている。ちなみに日本上陸当初は「xDrive20i」という、2リッターターボ搭載車ながらMスポーツX非装着グレードもラインナップされていて(現在はカタログ落ち)、こちらは473万円だった。長々と書き連ねて何が言いたいのかというと、X2ではよりパワフルになることよりも、よりカッコよくなるためにお金がかかるのである。ブランドの既存の価値観にとらわれないということを声高にうたいながらデビューしたX2の性格が、このあたりにも表れているように思う。

(文=webCG 藤沢/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
  • BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.28 試乗記 従来モデルからすべてを一新。新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」が日本で発売された。FFベースとなったことでドライブフィールはどう変わったか。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
ホームへ戻る