期待値が高すぎて
メルセデス・ベンツA180スタイル……369万円

今回の試乗会で一番楽しみにしていたのがAクラス。スポーティーかつ強靱(きょうじん)さを強調した先代に比べ、新型のエクステリアは、いい意味で脱力系。こなれ感もあって、エレガントさも増している。一方インテリアは、横長のディスプレイが未来的で、ワクワクが止まらない。

走りはというと、発進時からデキスギ感たっぷりで、即ノックアウトされてしまった。ステアリングはキレッキレなのに、せかすような動きはまったくない。足まわりはとてもしなやかで軽快さも増している。可憐(かれん)に自在に滑るような身のこなしに、気分はすっかり氷上のプリンセス・浅田真央だ。

では、メルセデス車で初めて搭載されたという対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー エクスペリエンス)」の実力は?

「ハイ! メルセデス」と問うと、即座に「何を行いますか?」と女性の音声で返ってきた。「近くのレストランを探して」と指示すると、近隣のファミレスなど3件がヒット、音声案内とともに、ディスプレイにも表示された。スゴイ。

ところが、ラジオの選局やJR主要駅への目的地設定を行ったところ、ラジオでは4回も指示を繰り返したし、駅にいたっては何度お願いしても設定してもらえなかった。残念! 

メルセデスによれば、「人口知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備える」とのこと。オーナーになれば、ディープラーニングにより、使いやすく進化するということかもしれない。が、ドライバー交代が頻繁に行われる30分足らずのチョイ乗りでは、その高い能力を確かめることはできなかった、ということか。

今回の試乗では、期待値まで到達していたとはいえないが、クルマと人間との対話を実現したという進化には目を見張るものがある。しかも、その最新技術がエントリーモデルのAクラスに搭載されているというのも画期的だ。“最善か無か”というスローガンは今でも生きているのだ。

そうだ、次に試乗する時には、こうたずねてみよう。
「ハイ! メルセデス、私をオーナーにしてくれる?」

(文=スーザン史子/写真=峰 昌宏)

メルセデス・ベンツA180スタイル
メルセデス・ベンツA180スタイル拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.28 試乗記 従来モデルからすべてを一新。新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」が日本で発売された。FFベースとなったことでドライブフィールはどう変わったか。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る