ゴルフの良さはそのままに
フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム……534万9000円

どうにもシックリこない「プジョー308SW」のi-Cockpit(iコックピット)も、30分ぐらいで慣れるし、これはこれでアリ? と思い込もうとしたというのが、前回までのおハナシ(第2回:輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の続きです)。ところが、次の試乗車であるe-ゴルフに乗ったとたん、「やっぱりiコックピットはナシ。絶対無理」と振り出しに戻る。

シートに座ったとたんピタリとくるポジションに感心し、好ましいメーターのデザインと視認性に納得。走り出せば視界の良さと四隅のつかみやすさに舌を巻く。やはりクルマはこうでないと。少なくとも自分自身の体を使って動かすものは、機械のほうが人に合わせてくれなければコントロール性が低下する。「人間がクルマに合わせればいいんだよ」と笑えたのはUIの概念などなかった1980年代のフェラーリまで。よくもまあ、あんなドラポジでサーキットを走っていたものだと、それはまた別の意味で感心するが。

ともかくクルマはドラポジが適正でないと、運転の面白みが半減するどころか、運転自体がストレスになる。手前勝手な持論だが大きくは間違っていないだろう。翻って、パワートレインが電動化されたe-ゴルフであっても、ゴルフの良いところはそのままだったのだ(当たり前だが)。

最高出力136ps、最大トルク290Nmを発生するパワートレインは、何度乗ってもインパクト大だ。モーター駆動によるゼロ発進から味わえる最大トルクは、800psのスーパーカーでもかなわない。重心が低くゴーカート感覚のハンドリングも独特で、しかし乗り心地をスポイルしないのはこのクルマの美点だ。

けれど、スマホの電池残量が減るだけで、不安というかなんだか嫌な気持ちになってしまう狭量な自分にとって、電気100%で動くクルマは、いかに「航続距離が40%アップしました!」と宣伝されても(それは別のクルマか)、なかなか選べるものではない。

ただ、「ウチのブースは全車電動化モデルです」という“2019ジュネーブ春の電化祭り状態”を見るにつけ(今年のジュネーブモーターショーです)、いちいち毛嫌いしている場合ではないかも、と別の意味で不安に。EV専用モデルは、専用だけに洗練されているのだろうが、独創的すぎても困る。ガラケーからスマホにステップアップしてきたように、電化初心者にはガソリン車ベースのEVから始めて体を慣れさせるほうが……と新型登場も秒読み段階の今、e-ゴルフのカタログを眺めつつ思ったりするのである。

(文=webCG 櫻井/写真=田村 弥)

フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム
フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
 
第6回:幅広い選択肢も魅力輸入車チョイ乗りリポート~ドイツ編~(その2)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「BMW 8シリーズ カブリオレ」の国内販売がスタート 2019.2.20 自動車ニュース BMWジャパンは2019年2月19日、ラグジュアリーなオープントップモデル「8シリーズ カブリオレ」の販売を開始した。国内でのラインナップは、4.4リッターV8ターボを搭載する「BMW M850i xDriveカブリオレ」のみとなる。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • BMW X4 2018.2.22 画像・写真 独BMWは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスSUV「X4」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る