クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF)

上質感にあふれている 2019.03.13 試乗記 雪を求めて三千里!? 「ホンダ・ステップワゴン」のコンプリートカー「モデューロX」に乗りに、冬の北海道へ。“チューニングカー”を走らせるには場違いにも思える、雪道での試乗を通して分かったことは? 手間ヒマ掛かったクルマならではの、走りの魅力を報告する。

空力にこだわるコンプリートカー

ホンダの四輪車の純正用品を手がけるホンダアクセス。本田技研工業の100%子会社であるこのメーカーが、風洞やテストコースなど“親会社”の資産を活用しつつ開発を行った走りのチューニングパーツに与えられる名称が「Modulo(モデューロ)」である。

そうしたアイテムを数多く採用しながら、さらに専用の空力デザインも当初から織り込むなど、パーツ交換のみによるチューニングでは不可能な領域にまで踏み込みながら通常のホンダ車同様にディーラーでの新車購入を可能としたモデルが「モデューロX」の名を冠せられたコンプリートカーだ。

ここに紹介するステップワゴン モデューロXも、もちろんそうしたコンプリートカーの1台。ベース車両は、運転支援システムの充実やハイブリッド仕様の初設定などをメインメニューとして2017年秋にリファインが施されたマイナーチェンジモデル。すなわち、現行ステップワゴンのモデューロXは、これで2世代目ということになる。

ベース車両にハイブリッドバージョンが設定されたことを受けて、モデューロXとしては「フリード」に続く同仕様が設定されたことが大きなトピックのひとつ。

今回は、そんなステップワゴン ハイブリッド モデューロXを北海道の雪道へと連れ出した。実は今シーズンの北海道は全般に積雪量が少なく、2月下旬に予定されていたこの取材のスケジュールも、当初は中止が検討されたほどだった。

しかし、幸運にも東京から旭川入りした日の夜に、15cmほどの降雪を記録。完全にドライだった路面も翌日のテスト日には新雪で真っ白く覆われ、絶好のコンディションの下でテストドライブが行えることになった。

「モデューロX」とは、ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスが開発したコンプリートカー。現在は「ステップワゴン」「フリード」「S660」の3モデルに設定されている。
「モデューロX」とは、ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスが開発したコンプリートカー。現在は「ステップワゴン」「フリード」「S660」の3モデルに設定されている。拡大
インテリアでは、インパネミドルパッドやステアリングホイール、シフトセレクター(ガソリン車のみ)、シート、フロアマットなどが「モデューロX」の専用品となっている。
インテリアでは、インパネミドルパッドやステアリングホイール、シフトセレクター(ガソリン車のみ)、シート、フロアマットなどが「モデューロX」の専用品となっている。拡大
2リッターガソリンエンジンに駆動用、発電用の2つのモーターを組み合わせたパワープラント。新しい「ステップワゴン モデューロX」は、ハイブリッド車にも設定されている。
2リッターガソリンエンジンに駆動用、発電用の2つのモーターを組み合わせたパワープラント。新しい「ステップワゴン モデューロX」は、ハイブリッド車にも設定されている。拡大
今回の試乗は、北海道・旭川~北見の高速道路とワインディングロードで行われた。
今回の試乗は、北海道・旭川~北見の高速道路とワインディングロードで行われた。拡大

さりげなく特別感をアピール

「ダイナミック&スポーティー」がコンセプトというステップワゴン モデューロXのスタイリングは、一見して「落ち着いた大人のミニバン」という雰囲気が漂う仕上がりだ。

専用フロントグリルや前後バンパー、ボディー同色のリアコーナーガーニッシュなどにより、ベースである「スパーダ」グレードを上回る迫力が醸し出されはしているものの、それでも昨今はやりの(?)過度な押し出し感などとは無縁のさりげない演出で、エクステリアデザインは個人的にも好感がもてる。

ピアノブラックにシルバーのモールディングがあしらわれたインパネのミドルパッドや、「Modulo X」のロゴ入りシート、専用のステアリングホイールなどを採用したインテリアも、やはり“これ見よがし”とまでは至らない範囲で、このモデルが“特別なステップワゴン”であることを軽くアピールしている。

テスト車に装着されていた10インチ画面のナビゲーションシステムも、モデューロXのために開発された専用アイテム。そもそもナビゲーションシステムは、ホンダアクセスが得意とする分野である。

それゆえ、このアイテムは周囲のデザインと見事に溶け込んだ上に、マルチビューカメラシステムや後退出庫サポート、駐車時録画付きのナビ連動ドライブレコーダーなど多彩な機能を備えることが、大きなセリングポイントでもある逸品だった。

エクステリアでは、同車専用のフロントグリルや前後バンパー、フロントビームライト、17インチアルミホイールが「モデューロX」らしさを演出している。
エクステリアでは、同車専用のフロントグリルや前後バンパー、フロントビームライト、17インチアルミホイールが「モデューロX」らしさを演出している。拡大
プライムスムース(合皮)とソフトウィーブ(ファブリック)のコンビシート。背もたれには「Modulo X」のロゴが刺しゅうされている。
プライムスムース(合皮)とソフトウィーブ(ファブリック)のコンビシート。背もたれには「Modulo X」のロゴが刺しゅうされている。拡大
テスト車に装備されていた10インチプレミアムインターナビ。機能は標準車のものと共通だが、「モデューロX」では専用のオープニング画面が用意される。
テスト車に装備されていた10インチプレミアムインターナビ。機能は標準車のものと共通だが、「モデューロX」では専用のオープニング画面が用意される。拡大

悪条件でも安心感がある

それにしても、標準車以上に上質な走りを追求したというモデューロXのテストドライブを、わざわざ雪上で行う意味は一体どこにあるのだろうか!?

「舗装路に比べるとはるかに滑りやすく、気象状況によっては視界が極端に悪化する場面もあるなど、環境が厳しくなるほどに安心して走れるという点をぜひとも体感してほしい」と、そのように語るのは、モデューロ・モデルの開発を統括する福田正剛氏。

モデューロが目指すのは、ベース車以上に上質な走りのテイスト。そこには単にサーキット上でより速く走れることのみならず、悪条件の下でもより安心して、リラックスしながらドライブできることなども含まれるという。

専用サスペンションのスペックやボディーキットのデザインも、すべてはこうした仕上がりを目指して開発されたもの。特にボディーキットは、「単なる見た目のドレスアップ効果だけでなく、必ず空力性能の向上を伴うこと」というのがモデューロならではの特徴である。パーツとしてのモデューロに対し、モデューロXではそんな専用ボディーキットの採用による空力性能の向上なども踏まえつつサスペンションのセッティングを行えるという点で、コンプリートカーならではの強みがあるというわけだ。

実際に、横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤ「アイスガード6」を装着したモデューロXでは、新雪の中をほとんど舗装路を走行するのと変わらない気分のままに、常に高い安心感を抱きながらリラックスしたドライブを楽しむことができた。

中でも、シャーベット状に溶けかけた路面やわだち路面に差し掛かったり、急な横風に吹かれたりしても、クルマの挙動が急変しない点が大いに好ましい。加えて、荒れた路面に差し掛かっても衝撃をしなやかにいなし、快適性がすこぶる高いというのも、これまでさまざまな車種のモデューロXで感じられた印象と共通することを、あらためて教えられることになった。

正規の販売店で、保証付きで売られるコンプリートカーだけに、信頼性の担保は必須。開発に際しては、「モデューロX」も通常のモデルと同じく、氷雪路などでの走行試験が行われるという。
正規の販売店で、保証付きで売られるコンプリートカーだけに、信頼性の担保は必須。開発に際しては、「モデューロX」も通常のモデルと同じく、氷雪路などでの走行試験が行われるという。拡大
走りに関する点では、専用の空力パーツとサスペンションが特徴。ガソリン車では、最低地上高がベース車(スパーダ・Honda SENSING)より15mm低くなる。(写真はハイブリッド車)
走りに関する点では、専用の空力パーツとサスペンションが特徴。ガソリン車では、最低地上高がベース車(スパーダ・Honda SENSING)より15mm低くなる。(写真はハイブリッド車)拡大
タイヤサイズはハイブリッド車が205/60R16、ガソリン車が205/55R17。ともに「モデューロX」専用デザインのアルミホイールが組み合わされる。
タイヤサイズはハイブリッド車が205/60R16、ガソリン車が205/55R17。ともに「モデューロX」専用デザインのアルミホイールが組み合わされる。拡大
北海道・北見のワインディングロードを走る。
北海道・北見のワインディングロードを走る。拡大

職人気質のクルマづくり

ところで、そんな北海道でのテストドライブの後、幸運にもあらためて一般の舗装路を、通常のサマータイヤを履いたステップワゴン モデューロXでドライブする機会も得られた。

こうしたシーンでまず実感できたのは、「ミニバンとしては異例」といった表現を用いたくなるほど、しなやかさに富んだフットワークのテイスト。と同時に、こうした背の高いモデルでは気になることの多いロール感が、ほとんど目立たないことも特筆すべき点だ。コーナリング時にステア操作に対する不自然な遅れが感じられず、ロールとヨーイングの発生に気になる“時間差”がないことがそうした好印象をもたらしているというのは、滑りやすい雪上では気がつきにくいポイントだった。

高速道路へと乗り込むと、速度の上昇とともにフラット感が上乗せされていくのは、「デザイナーも一緒に走りながらボディーキットのデザインを煮詰めていく」という、モデューロXならではのクルマづくりの成果が表れた点でもあるはず。「効果のないものは採用しない」というポリシーで開発されたモデューロXのボディーキットに、“無意味な造形”などはあり得ないということだ。

異なるスペックのサスペンションやアルミホイール、そしてボディーキットを装着し、実走テストを繰り返しながらセッティングを熟成していく……。そんなクルマづくりのやり方は、「今では古い」という考え方もあるかもしれない。「そんな手間ヒマを掛けた結果、価格が上がってしまうのならば、標準仕様で十分」という人も当然いるだろう。

けれども、こうした“昔ながらの職人気質”でつくり込まれたモデューロXの走りのテイストには、どこか人肌のぬくもりのような優しく上質な感覚が混じっていることもまた事実。

チューニングモデルというと、とかく硬派でとがった走りのテイストばかりが前面に押し出されがちである。しかし、それらとは一線を画した“上質感あふれる走り”こそが、モデューロの真骨頂なのだ。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸/編集=近藤 俊)

静岡・浜松で行われたハイブリッドシステムの取材会にて、市街地を行く「ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING」。
静岡・浜松で行われたハイブリッドシステムの取材会にて、市街地を行く「ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING」。拡大
ハイブリッド車に用意される2列目シートは2座の左右独立式のみ。ガソリン車では6:4分割式のベンチシートも選択できる。
ハイブリッド車に用意される2列目シートは2座の左右独立式のみ。ガソリン車では6:4分割式のベンチシートも選択できる。拡大
3列目シートは車内からでも簡単に格納が可能で、格納時にはリアの「わくわくゲート」からそのまま降車できる。こうした機能性は、コンプリートカーの「モデューロX」でも損なわれていない。
3列目シートは車内からでも簡単に格納が可能で、格納時にはリアの「わくわくゲート」からそのまま降車できる。こうした機能性は、コンプリートカーの「モデューロX」でも損なわれていない。拡大
エンジニアはもちろん、デザイナーもステアリングを握って開発に取り組んだという「ステップワゴン モデューロX」。その走りは“チューニングモデル”という言葉の響きとは趣を異にする、上質なものだった。
エンジニアはもちろん、デザイナーもステアリングを握って開発に取り組んだという「ステップワゴン モデューロX」。その走りは“チューニングモデル”という言葉の響きとは趣を異にする、上質なものだった。拡大

テスト車のデータ

ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1695×1840mm
ホイールベース:2890mm
車重:1840kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
エンジン最高出力:145ps(107kW)/6200rpm
エンジン最大トルク:175Nm(17.8kgm)/4000rpm
モーター最高出力:184ps(135kW)/5000-6000rpm
モーター最大トルク:315Nm(32.1kgm)/0-2000rpm
タイヤ:(前)205/60R16 96Q/(後)205/60R16 96Q(ヨコハマ・アイスガード6 iG60)
燃費:--km/リッター
価格:399万6000円/テスト車=439万4520円
オプション装備:プラチナホワイト・パール<特別塗装色>(3万7800円)/10インチプレミアムインターナビ+ドライブレコーダー<ナビ連動タイプ>(36万0720円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:1160km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING
ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING拡大
注目の記事PR
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。
    「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ ステップワゴン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。