スバルとは逆のアプローチ!?
新型「マツダ3」の4WDに注目せよ

2019.03.15 デイリーコラム

ラリーで光った4輪駆動

マツダのエンジニアの方が「雪道を行く『ファミリア』」の写真を見せながら、「最終的にはココまで……」と笑いながら話すのを見て、「アレ!?」と思ったのでした。マツダが冬季に公道を閉鎖して使っている「北海道剣淵試験場」で行われた取材会でのこと。

この日、偽装を施した「マツダ3」のプレス向け試乗会が開かれていた。「アクセラ」改めマツダ3の大々的な国内デビューに先立ち、同社のクルマづくりの哲学を、ジャーナリストの皆さまに体感してもらおうというわけだ。

5回目となる今回の雪上取材会では、新世代車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」、車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール プラス(GVCプラス)」、そして新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」といった項目別に、試乗プログラムが組まれた。試乗会については『webCG』で既に報告されているので、今回はマツダが手がける4WDシステムについて少々。

先に掲げられたファミリアは、WRC(世界ラリー選手権)に参戦した「マツダ323 4WD」で、1980年代後半から、2リッターターボが主流だったグループAにおいて、ひとり1.6リッターターボ(後に1.8リッターターボ)で奮闘したモデルである。

当時のいわゆる「スポーツ4WD」を採用。そのドライブトレインは、ロック機能付きのセンターデフを持ち、前後50:50から、旋回中はトルク配分を後輪重視にする機構を備えていた。エンジン排気量の違いから生じる相対的なアンダーパワーを背負ったマシンだったけれど、小よく大を制し、ことにパワーの差が出にくい雪道では強かった……てなことは、身近にいるラリーファンの人に聞いてください。

新型「マツダ3」の4WDシステムを体験するプレス向け試乗会は、そのメカニズムを組み込んだ「CX-3」(写真)を使って行われた。
新型「マツダ3」の4WDシステムを体験するプレス向け試乗会は、そのメカニズムを組み込んだ「CX-3」(写真)を使って行われた。拡大
今回の試乗会で用意されたスライド資料から。新型「マツダ3」には先進の電子制御4WDシステム「i-ACTIV AWD」が搭載される。
今回の試乗会で用意されたスライド資料から。新型「マツダ3」には先進の電子制御4WDシステム「i-ACTIV AWD」が搭載される。拡大
「マツダ323 4WD」。WRC(世界ラリー選手権)において、1987年シーズンの第2戦スウェディッシュラリーで優勝するなど活躍をみせた。
「マツダ323 4WD」。WRC(世界ラリー選手権)において、1987年シーズンの第2戦スウェディッシュラリーで優勝するなど活躍をみせた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事