クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)

忘れ得ぬ快楽 2019.03.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。

秘密裏に進んだ開発計画

マセラティ史上初のSUV、レヴァンテに、フェラーリ謹製3.8リッターV8ツインターボが搭載された。2016年に発表されたレヴァンテには、不思議なことに、V6エンジンしかなかった。プラットフォームがV8を持たない「ギブリQ4」の進化版だったから、なのかもしれない。

レヴァンテの開発初期段階で、本社に知らせることなく、エンジニアが限界性能のテストのためにV8のプロトタイプを製作していた、とマセラティのプレスリリースにはある。正式に開発が始まったのはワールドプレミアのあとの2016年夏のことで、レヴァンテの担当エンジニアはフェラーリのエンジニアと共同でV8エンジンをマッチングさせる方法を模索した。フロントアクスル用ドライブシャフトのスペースを確保するため、クランクケースを新型にし、クランクシャフトのアッセンブリーを改良、オイルポンプと補機ベルトを新型に置き換え、ワイヤーハーネスの取り回しにも変更を加えたという。

ギブリにも「クアトロポルテ」にも「Q4」と呼ばれる4WDはあるけれど、どちらもV6との組み合わせで、V8とQ4を新たにペアリングするにはそれなりの改良が必要だったのだ。

「クアトロポルテGTS」に搭載しているこの3.8リッターV8ツインターボをレヴァンテに移植するにあたって、そのまま移植した「レヴァンテGTS」なるモデルも設定されたわけだけれど、旗艦となる「トロフェオ」用にはさらにひと手間加えられた。エンジンのマッピングのキャリブレーションの書き換えだけでなく、ターボチャージャーを新型のパラレルツインスクロールに交換し、シリンダーヘッドのデザイン、ピストン、コネクティングロッドも見直されたという。

高性能な「マセラティ・レヴァンテ」の中でも最高の動力性能が与えられた「レヴァンテ トロフェオ」。2018年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビューした。
高性能な「マセラティ・レヴァンテ」の中でも最高の動力性能が与えられた「レヴァンテ トロフェオ」。2018年3月のニューヨーク国際自動車ショーでデビューした。拡大
フェラーリのマラネロ工場で組み立てられるV8ツインターボエンジン。最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する。
フェラーリのマラネロ工場で組み立てられるV8ツインターボエンジン。最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する。拡大
「レヴァンテ トロフェオ」のシートは、「ピエノ フィオーレ プレミアム フルグレーンレザー」と呼ばれる高級皮革で仕立てられている。
「レヴァンテ トロフェオ」のシートは、「ピエノ フィオーレ プレミアム フルグレーンレザー」と呼ばれる高級皮革で仕立てられている。拡大
Cピラー部に添えられるトライデントのエンブレム。その中に「TROFEO」(イタリア語でトロフィー)の車名ロゴが見える。
Cピラー部に添えられるトライデントのエンブレム。その中に「TROFEO」(イタリア語でトロフィー)の車名ロゴが見える。拡大

名門にふさわしいV8エンジン

こうして生まれたトロフェオ用のV8は、最高出力590ps/6250rpm、最大トルク734Nm/2500rpmを生み出す。基本的に同じボア86.5mm×ストローク80.8mmの3799cc 90度V8でも、GTS用は550ps/6250rpmと733Nm/3000rpmだから、トロフェオのほうがより高出力で、より低速から最大トルクを発生させられるフレキシビリティーを持っていることがうかがえる。

公称最高速度は304km/h、0-100km/h加速は3.9秒。レヴァンテGTSだと、それぞれ292km/hと4.2秒にとどまる。どちらも十分速いけれど、より速いのはトロフェオということになる。ちなみに「カイエン ターボ」は4リッターV8のツインターボで、最高出力は550ps、最高速度286km/h、0-100km/h加速は4.1秒である。

もちろん、これらの数値は机上のものであって、「ちなみに」ご紹介しているにすぎない。ポルシェはポルシェ、マセラティはマセラティである。1914年12月1日、マセラティ兄弟がボローニャで黎明(れいめい)期の自動車の工房を開いたことに始まるマセラティはイタリアのレーシングスポーツの名門であり、軽々にほかと比較するようなブランドではない。1914年の創業で、2019年の今年は105周年を迎える。名門なればこそ、フェラーリは彼らのためにエンジンをつくる。ビジネスとはいえ、最大限の敬意であることに疑いはない。

3799ccで590psだから、リッターあたり155.3psである。「フェラーリ・ポルトフィーノ」のV8ツインターボは排気量3855ccで600psだから、リッターあたり155.6ps。マラネロのエンジニアはかつての最大のライバルに跳ね馬と同等の高性能エンジンを与えている。

駆動方式は4WDで、通常はすべてのトルクが後輪に伝達される。前後のトルク配分は、必要に応じて50:50にまで変化する。
駆動方式は4WDで、通常はすべてのトルクが後輪に伝達される。前後のトルク配分は、必要に応じて50:50にまで変化する。拡大
ダッシュボード中央に備わるクロック。盤面にはマセラティのエンブレムが輝く。
ダッシュボード中央に備わるクロック。盤面にはマセラティのエンブレムが輝く。拡大
トランスミッションはZF製の8段AT。「トロフェオ」ではシフトレバーのデザインが見直され、操作についてもショートストローク化されている。
トランスミッションはZF製の8段AT。「トロフェオ」ではシフトレバーのデザインが見直され、操作についてもショートストローク化されている。拡大
リアエンドは、ボディー同色のロワエクストラクターでドレスアップされる。エキゾーストパイプは左右振り分け式の4本出し。
リアエンドは、ボディー同色のロワエクストラクターでドレスアップされる。エキゾーストパイプは左右振り分け式の4本出し。拡大

飛ばさなくても官能的

より強力な心臓を持つトロフェオの登場を機に、レヴァンテ全体の内外に意匠変更が加えられた。目立つところでは、フロント下部の左右のエアインテークが大型化された。ただし、トロフェオのみ、フロントグリルが真っ黒けになり、大きくなった下部のエアインテークにこれまた真っ黒けのハニカムメッシュが配される。随所にカーボンファイバーが使われ、レーシィなムードが漂う。トロフェオ専用のフロントのボンネットには、熱気抜きが2つ設けられている。これまたトロフェオのみ、フルマトリクスLEDのヘッドライトが標準装備され、試乗車のように外装色がグルジオと呼ばれるシルバーだったりするとメカゴジラみたいだ、と思うひともいるかもしれないけれど、実物はまったく似ていない。質感と量感が自動車らしさを醸し出している。

ドアを開けると、鮮烈なロッソとネロのインテリアが目に飛び込んできて、思わずため息が漏れる。センターコンソールにもカーボンのパネルがあしらわれていて、ステキだ。でもって、エンジンをスタートさせると、ヴァフォンッとマラネロ製のV8が目をさます。低回転では、乾いた重低音で、割合のんきな音のようにも感じられる。アクセルを踏み込むと、フロントのV8が濃厚なティラミスのなめらかさとスイートさでもって回転を積み上げ、一般道ではせいぜい4000rpmまでが精いっぱい、タコメーターは7000rpmからレッドゾーンだけれど、ZFの8段ATをオートにしていたのでは、どんどんシフトアップしていくので、そこまで回すのは到底無理である。ステアリングの根もとに設けられたパドルでマニュアル操作したところで、公道でフルスロットルにできるのはほんの一瞬だ。

この一瞬の快楽のためだけにトロフェオを選ぶ価値はある、と筆者は思う。快楽なんてものはほんの一瞬、あ……という間である。

ドライビングモードにはノーマル、I.C.E、スポーツに加えて、新たにコルサが設定されている。センターコンソールのスポーツ/コルサのボタンをダブルクリックするとコルサモードに変わる。自動的にギアダウンするからエンジン回転がおのずと1000rpmほども上がり、エンジンのレスポンスが素早くなるだけではなくて、マセラティ特有の野獣の咆哮(ほうこう)が聞こえてくる。といって、室内にいる限り、それも控えめなように感じる。

フロントまわりは、グロスブラックのグリルや、エンジンルームの放熱性を上げるエアアウトレット(ボンネット)が特徴。自動的に照射範囲を調節するフルマトリクスLEDヘッドライトも備わる。
フロントまわりは、グロスブラックのグリルや、エンジンルームの放熱性を上げるエアアウトレット(ボンネット)が特徴。自動的に照射範囲を調節するフルマトリクスLEDヘッドライトも備わる。拡大
レッドとブラックのツートンカラーが鮮やかなインテリア。インストゥルメントパネルの中央のモニターは、タッチパネル式の8.4インチ。
レッドとブラックのツートンカラーが鮮やかなインテリア。インストゥルメントパネルの中央のモニターは、タッチパネル式の8.4インチ。拡大
メーターパネルは2眼タイプ。中央にはカラー表示のマルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。
メーターパネルは2眼タイプ。中央にはカラー表示のマルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。拡大
メーター上のディスプレイには、選択中のドライブモードや車高のレベル、タイヤ空気圧などが表示される。
メーター上のディスプレイには、選択中のドライブモードや車高のレベル、タイヤ空気圧などが表示される。拡大
「レヴァンテ トロフェオ」はLSDを装備。ブレーキを活用したトルクベクタリング機構と相まって、コーナリング性能の向上が図られている。
「レヴァンテ トロフェオ」はLSDを装備。ブレーキを活用したトルクベクタリング機構と相まって、コーナリング性能の向上が図られている。拡大

峠道でもエレガント

タイヤは前265/40、後ろ295/35のともに21インチサイズ。こんなにでっかいタイヤを履いているのに、低速でもさほどドタドタしないのは、試乗車が「ピレリ・スコーピオン ウインター」なるスタッドレスを履いていたこともあるだろう。にしても、綿のたっぷり詰まった分厚い布団の上に乗っているようなエアサスペンションの設定が、筆者の好みにピッタンコで、コルサモードにすると若干硬くなりはするけれど、あくまで若干であって、ガチガチではない。

箱根の山道ではひらりひらり、全長5m、ホイールベース3m強、車重2340kgの巨体が優雅にロールしながらコーナーをクリアしていく。さながら、アゲハチョウの如くゆらゆらと舞いながら。不安感はない。ロールすることでノーズがきれいに入っていく。ロールスピードはゆったりしていて、コーナリング中の姿勢は安定している。山道では巨体が苦にならない。

SUVというのはコーナリングを楽しむタイプのクルマではないし、ひとを乗せていたり、荷物を積んでいたりすることが多いだろうから、山道を飛ばすなんてもってのほかである。もってのほかのことをトロフェオはエレガントにこなす。なぜそういうことができるのかといえば、マセラティだからである。

フルスロットルせずとも、トルクに余裕がある。ゆったり走っていれば、2000rpmを超えることはめったにない。車両価格は1990万円。これに、オーディオやらカーボンインテリアやらのオプションが170万2000円相当付いて、総額2160万2000円。V8搭載により、いいもの感のステージはガバッと上がった。このV8にほぼ匹敵するエンジンを積むフェラーリ・ポルトフィーノは2530万円だから、依然お値打ちである。

人間はイメージすることが大切だという。あ、無理。と諦めてはそこで終わる。寝る前に、これに乗っている私、を想像する。あとは運次第。夢でもし会えたら、すてきなことね。と、大瀧詠一も歌っている。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

試乗車が装着していた21インチアルミホイール。このほか、マセラティ史上最大となる鍛造22インチホイールも用意される。
試乗車が装着していた21インチアルミホイール。このほか、マセラティ史上最大となる鍛造22インチホイールも用意される。拡大
「レヴァンテ トロフェオ」が0-100km/h加速に要する時間は3.9秒。最高速度は304km/hと公表される。
「レヴァンテ トロフェオ」が0-100km/h加速に要する時間は3.9秒。最高速度は304km/hと公表される。拡大
試乗車のシートカラーはレッド。ほかにブラックとタンが選択できる。
試乗車のシートカラーはレッド。ほかにブラックとタンが選択できる。拡大
荷室の様子。前方中央には長尺物を積むためのスキーホールが、左側面には専用のバッグが備わる。
荷室の様子。前方中央には長尺物を積むためのスキーホールが、左側面には専用のバッグが備わる。拡大
“究極のマセラティSUV”とうたわれる「レヴァンテ トロフェオ」。生産は、イタリア・トリノのミラフィオーリ工場で行われる。
“究極のマセラティSUV”とうたわれる「レヴァンテ トロフェオ」。生産は、イタリア・トリノのミラフィオーリ工場で行われる。拡大

テスト車のデータ

マセラティ・レヴァンテ トロフェオ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5020×1985×1790mm
ホイールベース:3005mm
車重:2340kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:590ps(434kW)/6250rpm
最大トルク:734Nm(74.8kgm)/2500rpm
タイヤ:(前)265/40R21 105V M+S/(後)295/35R21 107V M+S(ピレリ・スコーピオン ウインター)
燃費:13.5リッター/100km(約7.4km/リッター、欧州複合モード)
価格:1990万円/テスト車=2160万2000円
オプション装備:電動調節式フットペダル(3万3000円)/3Dカーボンインテリアトリム(32万4000円)/4ゾーンオートマティッククライメートコントロール(21万2000円)/メタリックペイント(12万8000円)/22インチホイール オリオーネ マットフィニッシュ(18万7000円)/Bowers & Wilkinsサウンドシステム<17スピーカー>(43万2000円)/レッドブレーキキャリパー(1万1000円)/トラフィックサインレコグニション(4万3000円)/スポーツステアリング<ヒーティング機能付き>(12万2000円)/スペアタイヤ(6万円)/ブラックウィンドウフレーム(14万円)/キックセンサー(1万円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:6398km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:303.0km
使用燃料:61.1リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:5.0km/リッター(満タン法)/5.3km/リッター(車載燃費計計測値) 
 

マセラティ・レヴァンテ トロフェオ
マセラティ・レヴァンテ トロフェオ拡大
乗員の頭上には、大きなパノラマガラスルーフが広がる。
乗員の頭上には、大きなパノラマガラスルーフが広がる。拡大
タッチスクリーンを介して、インフォテインメントシステムのほか、運転支援システムの設定も行える。
タッチスクリーンを介して、インフォテインメントシステムのほか、運転支援システムの設定も行える。拡大
左側後席を前方に倒した状態。背もたれ部分のフロアには若干の傾斜が残る。
左側後席を前方に倒した状態。背もたれ部分のフロアには若干の傾斜が残る。拡大
足まわりにはエアサスペンションが採用されており、地上高は6段階に調節可能(可動範囲は最大85mm)。写真は最も高い位置まで上げた状態。
足まわりにはエアサスペンションが採用されており、地上高は6段階に調節可能(可動範囲は最大85mm)。写真は最も高い位置まで上げた状態。拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マセラティ レヴァンテ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。