ブランド再生の使命を思えば……

明照寺:実際どうなんですかね? 北米の最近のアルファのビジネスは。

ほった:えー、大変興味深い数字が出ています。当初は4Cだけだったので年間500台とかそんな感じだったのが、2017年にジュリア、2018年にステルヴィオが加わって、それぞれ1万2000台、2万4000台と増えてます。

永福:倍々ゲームだね!

ほった:アメリカの市場規模を考えると、多いとは言えませんけどね。

永福:大河の一滴ではあるけれど、でもアルファ・ロメオは長らく北米市場から撤退してたわけだから。それを思えばジュリアやステルヴィオのBMW的プロポーションは、アメリカ人にもとっつきやすかったのかもしれない。

ほった:年間2万4000台という数字は、日本の10倍くらいですから、つまり成功ですかね?

永福:ゼロだったことを思えば間違いなく。

明照寺:ステルヴィオくらいのサイズのSUVって、すごくたくさん出てきてますよね。その中で特に主張が強いデザインではないし、中途半端に感じますけど、アメリカではそれくらいがよかったといえるのかもしれない。

ほった:アメリカでアルファ・ロメオっていったら、映画『卒業』でダスティン・ホフマンが「アルファスパイダー」に乗ってたあたりでいったん終わってて、たぶんもうアメリカ人にはアルファに対する認識がないと思うんですよ。そこにいきなり強烈なヤツを送り込んでも、ビックリしちゃって手を出せない可能性はありますよね。

永福:日本にいきなり「バイパー」送り込まれたら、ビックリしちゃうみたいな(笑)。

ほった:たしかにステルヴィオのサイドビュー、弱いですけど……。

明照寺:例えば、メルセデスやBMWなら、SUVでも四角いのとクーペ系と、両方用意してますよね。でもアルファの場合、とてもそこまではできない。だから、どっちもどっちみたいなシルエットにしたのかなという感じはあります。すごくキレイに破綻なくまとまってるんですけど、アルファらしい個性は感じられない。個人的に大好きなブランドなので、頑張ってもらいたいんですが。

永福:本当に頑張ってもらいたいですねぇ。さすがにどん底からは脱したので、消滅の危機は免れたんでしょうけど……。

(文=永福ランプ<清水草一>)

「ステルヴィオ」のデザインスケッチ。
「ステルヴィオ」のデザインスケッチ。拡大
こちらはリアビューのデザインスケッチ。
こちらはリアビューのデザインスケッチ。拡大
インテリアのデザインスケッチ。凸凹の少ないスッキリしたダッシュボードに、2眼式のメーター、レーバータイプのシフトセレクターなど、コンベンショナルなイメージでまとめられている。
インテリアのデザインスケッチ。凸凹の少ないスッキリしたダッシュボードに、2眼式のメーター、レーバータイプのシフトセレクターなど、コンベンショナルなイメージでまとめられている。拡大
実際の「ステルヴィオ」のインストゥルメントパネルまわり。
実際の「ステルヴィオ」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
映画『卒業』でダスティン・ホフマン演じる主人公が運転していた「アルファスパイダー」。
永福:「『卒業』ってどんな映画だったっけ?」
ほった:「イケメンは何しても許されるって内容です」
映画『卒業』でダスティン・ホフマン演じる主人公が運転していた「アルファスパイダー」。
	永福:「『卒業』ってどんな映画だったっけ?」
	ほった:「イケメンは何しても許されるって内容です」拡大
クロカンチックでもクーペライクでもないスタイリングの「ステルヴィオ」。今どきのSUVとしてスタンダードなこの形状は、豊富なバリエーションを展開できない現状のアルファ・ロメオにとって最適解なのかもしれない。
クロカンチックでもクーペライクでもないスタイリングの「ステルヴィオ」。今どきのSUVとしてスタンダードなこの形状は、豊富なバリエーションを展開できない現状のアルファ・ロメオにとって最適解なのかもしれない。拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

アルファ・ロメオ ステルヴィオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る