「メルセデス・ベンツEクラス」に高効率な1.5リッターモデル登場

2019.03.22 自動車ニュース
メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ
メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月22日、「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに、新たに「E200アバンギャルド/E200 4MATICアバンギャルド」(BSG搭載モデル)と「E300アバンギャルド スポーツ」を設定すると発表。同日、注文受け付けを開始した。デリバリーの開始時期は同年6月以降になる見込み。

M264型エンジン
M264型エンジン拡大

今回のE200アバンギャルドおよびE200 4MATICアバンギャルドに搭載されるパワートレインは、新開発の1.5リッター直4ターボエンジン「M264」に新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と、「48Vボルト電気システム」などを組み合わせたもの。効率化と高性能化、快適性の向上を同時に実現したとアピールされる。

M264型エンジンは、単体で最高出力184ps、最大トルク280Nmを発生。回生ブレーキ等により発電した電気はリチウムイオン電池に蓄電され、必要に応じて最大160Nm(クランクシャフト作用値)の補助動力を供給する。燃費を向上させるだけでなく、パワートレインの総合的な性能も引き上げるという。

E300アバンギャルド スポーツには、可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」とターボが備わる2リッター直4を採用。従来の「E250」と比べた場合、最高出力は47ps増しの258psに、最大トルクは20Nmアップの370Nmに増大している。

各モデルの価格は以下の通り。ハンドル位置はすべて右のみとなる。

【セダン】

  • E200アバンギャルド(BSG搭載モデル):721万円
  • E200 4MATICアバンギャルド(BSG搭載モデル):744万円
  • E300アバンギャルド スポーツ:855万円

【ステーションワゴン】

  • E200ステーションワゴン アバンギャルド(BSG搭載モデル):759万円
  • E200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(BSG搭載モデル):782万円
  • E300ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ:893万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 乗用車では日本初となる、ディーゼルエンジンベースのプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツE350de」に試乗。燃費性能に優れるディーゼルと、ゼロエミッションを掲げるEVのいいとこ取りとうたわれるパワーユニットの出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.4 試乗記 最高出力184PSの1.5リッター直4ターボエンジンに「BSG」と呼ばれるマイルドハイブリッド機構を組み込んだ「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド」のパワートレイン。効率化と高性能化をうたうこのダウンサイジングユニットの実力を確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る