ワールドカップで例えるならば……

ともにグローバルモデルであるマツダ3とトヨタ・カローラ スポーツを比べるのであれば、「世界的に見るとどうなのか?」という視点が不可欠だ。ただし、実車を確認したけれどまだ乗っていないマツダ3と、すべての仕様を試乗したトヨタ・カローラ スポーツを比べるのはなかなか乱暴だと思う。ここでは乱暴ついでに、このクラス、つまりフォルクスワーゲンのゴルフだとかルノーの「メガーヌ」だとかを集めた「CセグメントW杯」を開くと仮定して比べてみたい。

まずカローラ スポーツからいくと、世界的に見てもよくできた実用車だ。何がいいって、まず乗り心地とハンドリングのバランスがいい。荒れた舗装路でもサスペンションがきちんと仕事をして、つまりしっかり伸びたり縮んだりしてショックを和らげつつ、引き締めるところは引き締めてフラットな姿勢を保つ。

ボディーもかっちりしている。かっちりしているからコーナリング中も歪(ゆが)んだりねじれたりせず、だからタイヤが正しく地面と接している感触がステアリングホイールを通じて伝わってくる。

仕様にもよるけれど、基本的にはソフトな乗り心地で、かつて所有していた「ルノー・サンク バカラ」や2代目ルノー・メガーヌ(「R.S.」じゃなくて1.6リッターの大衆向け)を思い出して、ちょっと懐かしくなった。

カローラ スポーツに用意される2種のパワートレインは、1.2リッター直列4気筒エンジンも1.8リッターのハイブリッド仕様も、どちらも黒子に徹する脇役タイプ。モデル名に「スポーツ」を冠するにはちと刺激が足りないとは思うものの、動力性能的には一切の不満がない。

これだけの実力があれば、カローラ スポーツは欧州の強豪国といい勝負はできそうな予感がする。圧勝することはなさそうだけれど、引き分けとか1点差の勝ちは十分に計算できるから、ワールドカップでは予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントを狙えるはずだ。

走りのよさで好評価を得ている「トヨタ・カローラ スポーツ」。乗り心地とハンドリングのバランスがいいのが特徴で、路面からのショックはきちんといなしつつ、コーナーではフラットな姿勢を保とうとする。
走りのよさで好評価を得ている「トヨタ・カローラ スポーツ」。乗り心地とハンドリングのバランスがいいのが特徴で、路面からのショックはきちんといなしつつ、コーナーではフラットな姿勢を保とうとする。拡大
「カローラ スポーツ」のパワープラントは、1.2リッター直噴ターボエンジンと、1.8リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。
「カローラ スポーツ」のパワープラントは、1.2リッター直噴ターボエンジンと、1.8リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • 第9回:トヨタ・カローラ スポーツ(前編) 2018.10.24 カーデザイナー明照寺彰の直言 デビュー以来、走りのよさで好評を博している「トヨタ・カローラ スポーツ」だが、従来モデルとは一線を画すそのデザインは、プロの目にはどう映っているのか? その背景にあるカーデザインのトレンドと合わせ、現役の自動車デザイナー、明照寺彰が語る。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る