最も一般的なスタンバイ4WD

スタンバイ4WDは、通常は2WDで走行し、必要なときだけ自動で4WDに切り替わる方式です。「オンデマンド4WD」と呼ばれることもあります。現在、最も一般的な4WDシステムです。前輪と後輪の間に、ビスカスカップリングなどの駆動力を伝える機構を備えており、そこで2WDと4WDを切り替えます。機械式であれば、どこかのタイヤが滑ってから駆動力が4輪に伝わることになるので、悪路走行での安定性はそれほど高いものになりません。ただし、電子制御をうまく使うことで、タイヤが滑る前に予測して駆動力を4輪に伝えることも可能です。

また、最近ではモーターを使った方式も増えています。トヨタの「プリウス」や「C-HR」「日産ノート」などは、リアに独立したモーターを備えることで、必要に応じて4輪を駆動します。エンジンとは関係なく駆動することができるので、いつでも自在に使うことができますが、通常は必要なときにだけ使うスタンバイ4WDとなっています。

スタンバイ4WDがマーケットの主流となった理由は、機構の簡便さにあります。簡便さは価格に反映されるので、ユーザー的には安く4WDシステムを手に入れることができます。また、燃費性能の面からも、常時4WDで走るよりも、必要なときだけ4WDにした方が有利となります。価格が安くて、燃費性能に有利ということで、日本ではスタンバイ4WDが主流となっているのです。また、採用車種が多いのでシステムも多彩に用意されており、その性能は一律ではありません。高性能なものになると、ほとんどフルタイム4WDと変わらないほどの走行安定性を実現しています。

本当にひどい悪路を走るのであれば、おすすめはパートタイム4WDとなります。また、ぬれた路面や雪道での走行性能を重視するのであればフルタイム4WD。コストや燃費、走行性能をバランスよく得たいのであればスタンバイ4WDがおすすめとなります。

(文=鈴木ケンイチ/写真=FCAジャパン、トヨタ自動車、アウディ ジャパン、日産自動車/編集=藤沢 勝)

「アウディQ5」の場合、ノーマルモデルではオンデマンド4WD、上級モデルの「SQ5」ではセンターデフ式のフルタイム4WDとつくり分けられている。
「アウディQ5」の場合、ノーマルモデルではオンデマンド4WD、上級モデルの「SQ5」ではセンターデフ式のフルタイム4WDとつくり分けられている。拡大
「日産ノートe-POWER」の4WD車はリア軸に最高出力4.8ps、最大トルク15Nmのモーターを搭載。フロントタイヤのスリップ量に応じてリアタイヤを駆動する。
「日産ノートe-POWER」の4WD車はリア軸に最高出力4.8ps、最大トルク15Nmのモーターを搭載。フロントタイヤのスリップ量に応じてリアタイヤを駆動する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事