セダンに乗って貴族になろう

明照寺:セダン全体の話になっちゃいますけど、私はあまのじゃくなんで、そろそろセダンがカッコいい存在になるんじゃないかと思ってるんですよ。ダサいって言われているセダンが、逆にカッコよくなるんじゃないかなぁと。

永福:セダンの売れ行きが伸びるっていうんじゃなくて、カッコいい存在になるんですね?

明照寺:そうです。SUVとかミニバンばっかりになると、セダン自体がとても特殊なカタチになるじゃないですか。実は自分も次のクルマをセダンにしようと検討中です(笑)。

永福:セダンの数がこのまま減り続けていくと、どんどん貴族感が高まってくる気はしますね。

明照寺:フォーマル感ですね。この間、ネットニュースで「20代にいまセダンが人気」という記事を読んだんですよ。単にセダンは中古車が安いからっていう理由だったんですけど(笑)、ちょっと色めき立ちました。

永福:ファッションとして、あえてセダンに乗る。それが貴族的っていうのは絶対アリですよ! 自分もいま、BMW 3シリーズのセダンに乗ってますけど、ツーリングと迷った末、中古車相場が安かったのでセダンにしたんです。でも貴族感ビンビンです(笑)。

ほった:仮にこのレガシィが日本に導入されたら、レア度高いでしょうしねぇ。

永福:セダンに乗って貴族になろう、だね。

(文=永福ランプ<清水草一>)

2019年のシカゴモーターショーにて、カメラの集中砲火を浴びる新型「レガシィ」。
2019年のシカゴモーターショーにて、カメラの集中砲火を浴びる新型「レガシィ」。拡大
ライバルがクーペ的なデザインへと移行する中にあって、依然としてセダンらしさを保ち続ける「レガシィ」。セダンというジャンル自体が少数派となって久しい昨今、その存在はより貴重なものとなっている。
ライバルがクーペ的なデザインへと移行する中にあって、依然としてセダンらしさを保ち続ける「レガシィ」。セダンというジャンル自体が少数派となって久しい昨今、その存在はより貴重なものとなっている。拡大
ほった:「セダンのこのフォーマルさは、SUVやミニバンには出せない魅力ですよね~」
永福:「まさに貴族の乗り物だねえ」
ほった:「セダンのこのフォーマルさは、SUVやミニバンには出せない魅力ですよね~」
	永福:「まさに貴族の乗り物だねえ」拡大
 
第30回:スバル・レガシィの画像拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
ホームへ戻る