第193回:サイコキラーはシトロエンBXでナンパする
『ザ・バニシング -消失-』

2019.04.12 読んでますカー、観てますカー

車内のケンカで険悪な雰囲気に

美しい風景の中を走り抜ける「プジョー404」。ルーフには自転車が2台乗せられている。若い男女がオランダからフランスの別荘へ旅行にやってきたのだ。運転するレックス・ホフマン(ジーン・ベルヴォーツ)と助手席のサスキア・ワグター(ヨハンナ・テア・ステーゲ)は楽しそうに会話しているが、次第に雲行きが怪しくなる。レックスは運転に口を出されるのがイヤなのだ。「ガソリンを入れておいたほうがいいんじゃない?」と言われても、「燃料計を気にするのは運転手の仕事だ」とにべもない。これがマズかった。

よりによってトンネル内でガス欠になりストップ。パニックになるサスキアを残し、レックスはガソリンを買いに歩いていってしまう。戻ってくると、クルマの中に彼女はいない。追突されるのを恐れてトンネルを出たところの路肩で待っていたのだ。車内は険悪な空気に包まれる。ドライブインのガソリンスタンドで給油するものの、サスキアは帰りたいと言い出す。ここに至ってようやくレックスは謝罪。なんとか仲直りを果たし、彼女は売店に飲み物を買いにいく。しかし、いくら待っても帰ってこない……。

多くの男性が経験していると思うが、カーナビがなかった頃は分かれ道でどちらに向かうかでよく口論になった。恋人とドライブ中にケンカすると最悪の結果を招く。ぶんむくれられて会話はなくなり、ドライブは台無しになってしまう。サスキアは笑顔を見せていたけれど、さっきの怒りを思い出してクルマに乗りたくない気分になったのかもしれない。ならば、どこへ消えたのか。警察を呼んでも、痴話ゲンカだと思われて相手にされない。

時は移って3年後。街角にはサスキアの情報を求めるポスターが貼られている。彼女は戻ってこず、レックスは今も探し続けているのだ。

(C)1988, Argos Film, Golden Egg, Ingrid Productions, MGS Film, Movie Visions. Studiocanal All rights reserved.
(C)1988, Argos Film, Golden Egg, Ingrid Productions, MGS Film, Movie Visions. Studiocanal All rights reserved.拡大
 
第193回:サイコキラーはシトロエンBXでナンパする『ザ・バニシング -消失-』の画像拡大
 
第193回:サイコキラーはシトロエンBXでナンパする『ザ・バニシング -消失-』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事