このまま登録車が売れない状況が続くと……

また、2018年度の結果については、登録車の側に販売台数が見込めるコンパクトカーの新顔がなかったのもつらいところ。かつてベストセラーだった「カローラ」の新型は、日本ではマイナーなCセグメント車であったし、「マーチ」「キューブ」「ミラージュ」などはモデルチェンジはおろか目立った改良もされずに放置状態である。これらが新しくなれば、少しはランキングがにぎやかになるのではないだろうか。

では、2019年度はどうなるのか。

登録車でば「ヴィッツ」や「フィット」のフルモデルチェンジがウワサされているが、軽自動車に目をやると、すでにデイズと「eKワゴン」が新型となっている。さらにホンダは、今夏の「N-WGN」のフルモデルチェンジをアナウンスしているし、またモデルサイクルから計算すると、2013年デビューのダイハツ・タントなども刷新される可能性が高い。そうなれば、ハイトワゴンもスーパーハイトワゴンも、ほとんどのモデルが2017年以降にデビューしたフレッシュな顔ぶれとなる。2019年の軽自動車の品ぞろえは、2018年以上に充実したものとなりそうな気配なのだ。代替わり直前の販売の落ち込みを計算に入れても、やはり2019年度も販売のトップ10は軽自動車が多数を占めることになりそうだ。

こうした状況が続くと、ユーザーマインド的に「小さな登録車には魅力的なものがない」となりかねない。軽自動車の側にしても良い話ばかりではなく、軽ばかりが売れるとなれば、再びの増税、ひいては軽自動車という枠の撤廃すら俎上(そじょう)に上がりかねないのだ。

そうならないためにも、今後は小型登録車にも魅力的な新型車が登場し、スマッシュヒットを飛ばしてほしいもの。メーカーが本腰を入れることを願うばかりだ。

(文=鈴木ケンイチ/写真=スズキ、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車/編集=堀田剛資)

登録車では、量販が見込めるコンパクトカーの中にもテコ入れされずに放置されている車種が少なくない。写真は「日産マーチ」(右)と「三菱ミラージュ」(左)。
登録車では、量販が見込めるコンパクトカーの中にもテコ入れされずに放置されている車種が少なくない。写真は「日産マーチ」(右)と「三菱ミラージュ」(左)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事