スタバに行けるカフェレーサー
ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー……142万5000円

先に明かしてしまうなら、この日乗ったオートバイの中で“今日イチ”だったのがこのスクランブラー カフェレーサーだ。四輪も二輪も、軽量コンパクトな“ボーイズレーサー”好き、という個人的好みは多分にあるので、その上での話とご理解ください。

803ccの空冷Lツインは、スクランブラーの標準モデル「アイコン」と共通だ。73psの最高出力と67Nmの最大トルクも同じ。いっぽうこのカフェレーサーの特徴はそのディメンションとライディングポジションにある。

標準のスクランブラーより立たされたキャスターアングル、短いホイールベースに、前後17インチホイールを履くカフェレーサーは、800ccクラスのロードバイクとは思えないぐらいコンパクトだ。だがセパレートハンドルやバックステップによる前傾姿勢はそれほどキツくない。アラフィフオヤジでもなんとか耐えられるぐらいの緩やかさなのがうれしい。

スクランブラー カフェは、手の内に収まるエンジンパワーと軽快なハンドリングがとても楽しい。その走りの魅力をひと言で言うなら「意のまま感」だ。曲がりたい方向に視線を送るだけで、車体がスッとそちらを向いてくれるような乗り手との一体感がある。

デビューしたときは、「ブラックコーヒー」と呼ばれる黒いカラーだけだったが、新型カフェレーサーはブルーのフレームにシルバーのタンクを組み合わせ、旧タイプの「DUCATI」ロゴも相まってグッと70’sなテイストになった。サイドのアルミプレートに描かれた「54」のナンバーは、かつてのドゥカティのワークスライダー、ブルーノ・スパジャーリのゼッケンに由来する。

レトロ感あふれるデザインはオヤジの大好物である。またがった瞬間「やるぜぃ」と思わせてくれるヤンチャさもあり、まさに回春剤のようなバイクだ。

ひとつ気になるとすれば、「スクランブラー」なのに「カフェレーサー」という、若干節操のないコンセプトとネーミングだが、あまりカタいことは言わずにカジュアルに付き合うのがよいと思う。

もともと“カフェレーザー”とは、1970年代にカフェからカフェへと命がけのレースを繰り広げた若者たちが駆ったカスタムマシンが由来だが、このスクランブラー カフェなら「ちょっと近くのスタバまで……」という軽いノリでまたがるのが似合うのではないだろうか。

(文=河西啓介/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー
ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサー拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
 
第2回:速さだけがすべてじゃない趣を異にする3台のスポーツモデルをチェックの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2090×875×1066mm
ホイールベース:1436mm
重量:196kg
エンジン:803cc 空冷4ストローク L型2気筒 SOHC 2バルブ
最高出力:73ps(54kW)/8250rpm
最大トルク:67Nm(6.8kgm)/5750rpm
価格:142万5000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2090×875×1066mm
	ホイールベース:1436mm
	重量:196kg
	エンジン:803cc 空冷4ストローク L型2気筒 SOHC 2バルブ
	最高出力:73ps(54kW)/8250rpm
	最大トルク:67Nm(6.8kgm)/5750rpm
	価格:142万5000円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • 最高出力217psの「アプリリアRSV4 1100ファクトリー」登場 2019.3.11 自動車ニュース アプリリアから「RSV4 1100ファクトリー」が登場。スーパーバイク「RSV4」シリーズの最新モデルにあたり、V4エンジンの排気量を1078ccにアップすることで217psの最高出力と122Nmの最大トルクを実現。さらに軽量化や空力性能の向上も図られている。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る