“ちょいワル”だけど、アスリート
ベスパGTSスーパー300ノッテ……71万8000円

ベスパとしては最大排気量となる、278ccエンジンを積むフラッグシップモデル「GTSスーパー300」をベースにした限定モデル。イタリア語で“夜”を表す「Notte(ノッテ)」というネーミング通り、ボディーからホイールまで全身マットブラックで統一した“ちょいワル”(古い……)仕様だ。

ベスパというと“クラシック”というイメージがあるが、実はその走りはかなりスポーティー。僕は以前、150ccの「ベスパ・スプリント」を所有していたのだが、一度箱根まで往復した際には高速道路からターンパイクの上りまでまったく痛痒(つうよう)なく走ることができ、とても感心した。東名の追い越し車線を走るベスパを見て、ビックリしていたドライバーの顔が忘れられない(笑)。

その兄貴分のGTSスーパー300なのだから、“速さ”は推して知るべし。400ccのモーターサイクルがもたもたギアチェンジしている間に、ビューン! と置き去りにしてしまうだろう。そのスピードに対応すべく、ABSやASR(アンチ・スリップ・レギュレーション)というトラクションコントロールを装備している。

飛ばしたときに唯一気になるのは、前後輪とも12インチというホイールサイズだ。最初は大きなカラダを小さい足で支えているような不安を感じるが、慣れてしまえばそのタイヤの小ささを生かし、ひらひらと軽快なハンドリングを楽しむことができる。

たっぷりとした厚みのあるシートは掛け心地がいい。タンデムも快適そうだから、時にはツーリングにも出かけたい、という人にはよいだろう。逆に街乗りメインで乗るならば、このサイズとウェイトはいささかトゥーマッチかもしれない。自分ならやっぱりスプリント150の“Notte”を選ぶかな。

(文=河西啓介/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

ベスパGTSスーパー300ノッテ
ベスパGTSスーパー300ノッテ拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=1950×755×--mm
ホイールベース:1375mm
重量:--kg
エンジン:278cc 水冷4ストローク 単気筒 SOHC 4バルブ
最高出力:21ps(15.6kW)/7750rpm
最大トルク:22Nm(2.24kgm)/5000rpm
価格:71万8000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=1950×755×--mm
	ホイールベース:1375mm
	重量:--kg
	エンジン:278cc 水冷4ストローク 単気筒 SOHC 4バルブ
	最高出力:21ps(15.6kW)/7750rpm
	最大トルク:22Nm(2.24kgm)/5000rpm
	価格:71万8000円拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事