バイエルンの便利なアーバンモビリティー
BMW C400GT……91万2000円

“中免”こと普通自動二輪免許で乗れるビーエムが「BMW C400GT」。コンベンショナルな鋼管フレームに349ccの単気筒エンジン(最高出力34ps、最大トルク35Nm)を搭載したミドルクラスのスクーターである。

左右非対称なヘッドランプを備えたアグレッシブな外観の姉妹モデル「C400X」に対して、C400GTはシンメトリーな顔つき。より大人な雰囲気だ。カウル類の造形も凝っている。ちなみに、ヘッドランプの縁が光る意匠は、四輪のビーエムゆずりですね。

厚いクッションのシートに座ると、腰の後ろにバックレスト(ウエストレスト!?)があって、乗員を支えてくれる。さりげなく、ラクチン。防風効果の高い大きなフロントスクリーンと併せ、「GT=グランドツーリング」を意識させる装備だ。フロントカウル裏には左右に小物入れが設けられ、ETC2.0を標準で装備する。

動力系は、エンジン+CVTを一体化してスイングアーム内に収める一般的な形態。スロットルを開けて走り始めても、わかりやすく「これぞビーエム!」といった感覚はなかったけれど、長めのホイールベースから来る安定性が印象的。それでいてステアリング操作に対するボディーのロールが軽やかで、スイスイ曲がる。十二分に速いうえ、鈍重なフィールはない。これなら、ロングツーリングでも飽きにくいんじゃないでしょうか。

シート下は、もちろんラゲッジスペース。感心したのは「フレックスケース」と呼ばれる、収納部が下方に延びてヘルメットをしまい込む仕組み。なるほど、ヘルメットを収めているときは停車時だから、無理なくラゲッジを広げる合理的な方法といえる。ビーエムのスクーターに試乗して、その荷室に驚くとは思わなかった(安全のため、フレックスケース使用中は、エンジンがかからない)。

街なかを「ブイブイ言わせて」(←死語)走り回っていた、“ビクスク”ことビッグスクーター大流行の記憶が薄れつつある今日。バイエルンの便利なアーバンモビリティーが、国内でどのように受け入れられるのか。興味津々。

(文=青木禎之/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

BMW C400GT
BMW C400GT拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
 
第4回:普通のバイクとは“一味違う”走りを満喫三輪モーターサイクルやインポートスクーターを試すの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2200×780×1435mm
ホイールベース:1565mm
重量:215kg
エンジン:349cc水冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ
最高出力:34ps(25kW)/7500rpm
最大トルク:35Nm(3.6kgm)/6000rpm
価格:91万2000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2200×780×1435mm
	ホイールベース:1565mm
	重量:215kg
	エンジン:349cc水冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ
	最高出力:34ps(25kW)/7500rpm
	最大トルク:35Nm(3.6kgm)/6000rpm
	価格:91万2000円拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事