飛ばさなくても楽しい、という性能
ハーレーダビッドソン・ダイナ ローライダー……212万8000円

たとえバイクに詳しくなくても、「ローライダー」という車名を聞いたことがあるという人は多いだろう。大型ツアラーの力強さと「スポーツスター」の俊敏さを兼ね備え、ぐっと低く身構えたワイルドなルックスのローライダーは、数多いハーレーのモデルの中でも1、2を争う人気モデルだ。

ただし今回試乗したローライダーは現行型ではない。2017年モデルの「FXDLローライダー」である。実はローライダーは2018年モデルから大きな変更を受けている。端的に言えば、2本のリアサスペンションを持つ「ダイナ」ファミリーから、1本サス(モノサス)の「ソフテイル」ファミリーになったのだ。

そのモデルチェンジについて詳細を書くには紙幅が足りないが(ウェブだけど)、今回はあえて伝統の2本サスを持つ「ダイナ ローライダー」に乗ってみた。ちなみにこのJAIA試乗会には、現行の2019年モデルとの比較のために用意された車両だ。

ローライダーのゆえんたる、高さ700mmの低いシートにまたがりステップに足を乗せると、いわゆる“う〇こ座り”的な姿勢を取ることになる。このライディングポジションがなんとも“ワイルド感”をあおるのである。プルバックしたハンドルに手を添えれば、気分はイージー・ライダー。

1690ccの「ツインカム103」エンジンは、「ドッ、ドドッ、ドッ、ドドッ」という生き物のような鼓動を感じさせながら、豊かなトルクを紡ぎ出す。実はハーレーは、そのイメージから想像するよりずっと速い。特にハーレーの中でもスポーティーなモデルに位置付けられるダイナ ローライダーは、峠道でもダイナミックな走りを楽しむことができる。

だが今回試乗して、やはりハーレーの魅力は「飛ばさなくても楽しい」ことなのだと感じた。ポジションも、エンジンの鼓動も、100km/h以下で走ったときが一番気持ちいいようにできているのだ。それって実はストリートバイクとして一番大事な「性能」なんじゃないかと、この日あまたのモデルに乗った後で、あらためそう思ったのだった。

(文=河西啓介/写真=三浦孝明/編集=関 顕也)

ハーレーダビッドソン・ダイナ ローライダー
ハーレーダビッドソン・ダイナ ローライダー拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2345×905×1185mm
ホイールベース:1630mm
重量:311kg
エンジン:1690cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
最高出力:--ps(--kW)/--rpm
最大トルク:126Nm(12.9kgm)/3250rpm
価格:212万8000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2345×905×1185mm
	ホイールベース:1630mm
	重量:311kg
	エンジン:1690cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
	最高出力:--ps(--kW)/--rpm
	最大トルク:126Nm(12.9kgm)/3250rpm
	価格:212万8000円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トライアンフ・スピードツイン」発表会の会場から 2019.2.14 画像・写真 クラシカルなスタイリングにスポーティーなイメージをプラス。パワフルな1.2リッターパラレルツインエンジンを搭載した、トライアンフの新たな二輪モデル「スピードツイン」の詳細な姿を、発表会の様子とともにリポートする。
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • 往年の高性能モデルをオマージュ 「モト・グッツィV7 III」に750台の限定モデル登場 2020.3.30 自動車ニュース 「モト・グッツィV7 III」に、世界限定750台の特別仕様車「V7 IIIストーンS」が登場。往年の高性能モデルにインスパイアされたという意匠が特徴で、サテンクローム仕上げの燃料タンクやアルカンターラシート、LED式のランプなどが用いられている。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
ホームへ戻る