粋なスポーツコミューター
アプリリアSX125……41万0400円

「アプリリアSX125」は、オフロードモデル「RX125」をオンロードユースにしたモタード版。RXの、前21インチ、後ろ18インチのタイヤを、前後とも17インチに変えている。

「シート高:880mm」というスペックにいきなり心が折れそうになるが、「この手のオフロード系はサスペンションが柔らかいので、ひとたび座ればガッツリ沈むはず」と自らを励ましてシートにまたがると、なるほど、シート位置はググッと低くなって、身長165cm(短足)のライダーは、めでたく両足ツマ先立ち。

いざ走り始めると、コレが楽しい! 細身だけれど、意外と膝になじむボディーサイドがスポーティー。134kgと軽量なうえに、最高出力15ps、最大トルク11.3Nmと適度なアウトプットを発生させる125ccユニットは、単気筒らしく低回転域でもよく粘る一方、1万rpm超までブン回すのも可。6段MTを駆使して速度を上げていくと、SX125は元気いっぱいに走る。

前240mm、後ろ220mmのホイールトラベルを持つ足まわりは、柔軟至極。バイクの挙動が手に取るように分かって、自由自在に操れる……ような気になる。タイトカーブを想定して、あえて左右に大きくボディーを傾けて走るのも、また楽し。オンロード走行に合わせて、フロントブレーキはRX125の260mmから300mmに強化されている(リアは200mmでABS付き)。

国内では「ゲンニ」こと原動機付自転車ニ種に分類される手軽で便利なモデル。オフロードモデルに乗りなれている方、足の長さに余裕がある御仁は、粋なスポーツコミューターとして検討してみてはいかがでしょう? クルクルと小回りが利いて、街なかでもきっと楽しい、はず!

(文=青木禎之/写真=三浦孝明/編集=関 顕也)

アプリリアSX125
アプリリアSX125拡大
 
第3回:意外なほど取っ付きやすい!?やんちゃなオフロード&モタードを駆るの画像拡大
 
第3回:意外なほど取っ付きやすい!?やんちゃなオフロード&モタードを駆るの画像拡大
 
第3回:意外なほど取っ付きやすい!?やんちゃなオフロード&モタードを駆るの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2155×820×1170mm
ホイールベース:--mm
重量:134kg
エンジン:124cc 水冷4ストローク 単気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:15ps(11kW)/1万0700rpm
最大トルク:11.3Nm(1.2kgm)/8000rpm
価格:41万0400円
 
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2155×820×1170mm
	ホイールベース:--mm
	重量:134kg
	エンジン:124cc 水冷4ストローク 単気筒 DOHC 4バルブ
	最高出力:15ps(11kW)/1万0700rpm
	最大トルク:11.3Nm(1.2kgm)/8000rpm
	価格:41万0400円
	 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事