目指すは世界最高のパフォーマンス
「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由

2019.05.06 デイリーコラム

伝統のFRレイアウトと決別

2019年4月11日、翌週から開催されるニューヨーク国際モーターショーを前に、ゼネラルモーターズ(GM)は新型「シボレー・コルベット」のプロトタイプを街のド真ん中で走らせた。

ニューヨークのタイムズスクエアに近い、7番街と呼ばれるエリアに現れた新型コルベット。ボディーには偽装が施されているものの、タイヤ&ホイールやサイドミラーなどは市販モデルと同じと思われるものを装着しており、ドアには大きく「07.18.19」という数字が記されていた。このプロトタイプに乗っていたのは、GMの会長兼CEOであるメアリー・バーラ氏と、新型コルベットのチーフエンジニアであるタッジ・ジェクター氏である。

シボレー・コルベットといえば、アメリカンスポーツの王道。初代モデルの登場は1953年にまでさかのぼる。各世代の車両はC1、C2の愛称で呼ばれており、次期モデルは8世代目のC8。アメリカ車の通例では毎年9月でモデルイヤーが切り替わるため、C8コルベットは2020年モデルとして発表・発売されることになるだろう。

そのC8コルベットで最大のトピックといえば、初代モデルからの伝統でもあったフロントエンジン&リアドライブのFRレイアウトを一新、運転席の背後にエンジンをマウントするミドシップを採用している点だろう。それはニューヨーク7番街でデモンストレーション走行を行ったプロトタイプの外観からも一目瞭然で、C7までのロングノーズ&ショートデッキのフォルムから一転、運転席が車体中央からやや前方に位置するキャブフォワードのスタイリングとなっている。

ニューヨークの市街地を行く、新型「シボレー・コルベット」のプロトタイプ。
ニューヨークの市街地を行く、新型「シボレー・コルベット」のプロトタイプ。拡大
キャブフォワードなスタイリングからも分かるとおり、新型「コルベット」はミドシップレイアウトを採用している。
キャブフォワードなスタイリングからも分かるとおり、新型「コルベット」はミドシップレイアウトを採用している。拡大
新型「コルベット」に乗っていた、GMのメアリー・バーラ会長兼CEO(右)と、コルベットのチーフエンジニアであるタッジ・ジェクター氏(左)。
新型「コルベット」に乗っていた、GMのメアリー・バーラ会長兼CEO(右)と、コルベットのチーフエンジニアであるタッジ・ジェクター氏(左)。拡大
 
目指すは世界最高のパフォーマンス「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 「ランクル」になれなかった本格オフローダー
    「三菱パジェロ」の日本市場撤退に思うこと
    2019.5.8 デイリーコラム 三菱自動車が国内販売向け「パジェロ」の生産を2019年8月に終了することを発表した。とどまるところを知らないSUVブームの真っただ中に、“本物”が去り行くのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る