クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)

これぞメルセデス 2019.05.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?

メルセデス・ベンツの大黒柱

前からうわさは流れていたのだが、やはり「トヨタ・マークX」が今年いっぱいで生産中止になるという。カタログ落ちするモデルを正式に発表するのはトヨタにしては珍しいことだが、「トヨペット・コロナ マークII」までさかのぼれば半世紀以上の歴史を持つ看板車種だけに、きちんと区切りをつけたかったのかもしれない。

国内市場ではセダンおよびステーションワゴンの凋落(ちょうらく)が著しいのは事実だ。マークXの昨2018年の販売台数は年間4000台ちょっと、ひと月あたりではわずか300台程度である。かつて1980年代後半には、兄弟車の「チェイサー/クレスタ」と合わせて月に4~5万台(年間ではなくて月間!)も売れていたのがまさしく夢のようである。

そのいっぽうで、ジャーマンプレミアム勢の売れ行きは悪くない。特にメルセデスCクラスは昨年1万8000台以上を売り、モデル別でも「MINI」「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次いで輸入車ランキング3位と堅調だ(メルセデス・ベンツ全体では6万7531台で輸入車トップ)。クーペ、カブリオレまでバリエーションも豊富であり、現行W205型Cクラスはこれまでに国内で7万台近くを売り上げているという。セダン/ワゴンといえば輸入車、と考える人が多いのも当然である。

ご存じのようにメルセデス・ベンツ日本は、近年新世代のコンパクトモデル群を強力に推しており、モデルチェンジしたばかりの新型「Aクラス」も話題になってはいるけれど、Cクラスに乗ると、やはりメルセデスの神髄はセダンに、それもCクラス以上の後輪駆動モデルにあるとあらためて実感する。一番売れているというだけでなく、中身もメルセデスの名にふさわしいものだからだ。

「Cクラス」には昨2018年に、変更点6500カ所にも及ぶ大がかりなマイナーチェンジが実施された。
「Cクラス」には昨2018年に、変更点6500カ所にも及ぶ大がかりなマイナーチェンジが実施された。拡大
大幅なデザイン変更を受けたフロントマスク。片側84個のLEDを使用した「マルチビームLEDヘッドライト」を装備。最長約650mを自動で照射する「ウルトラハイビーム」機構も搭載している。
大幅なデザイン変更を受けたフロントマスク。片側84個のLEDを使用した「マルチビームLEDヘッドライト」を装備。最長約650mを自動で照射する「ウルトラハイビーム」機構も搭載している。拡大
「C200」では、従来の2リッターターボから1.5リッターターボへと変更。排気量を小さくし、新たにマイルドハイブリッド機構を組み込んでいる。
「C200」では、従来の2リッターターボから1.5リッターターボへと変更。排気量を小さくし、新たにマイルドハイブリッド機構を組み込んでいる。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1810×1440mm。セダンよりも全長が30mm長い数値になっている。ホイールベースはセダンと同一の2840mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1810×1440mm。セダンよりも全長が30mm長い数値になっている。ホイールベースはセダンと同一の2840mm。拡大

1.5リッター4気筒ターボ+モーター=C200

C200ワゴンの4MATIC(4WD)は、昨年、変更点が6500カ所にも及ぶという大がかりなマイナーチェンジを受けたメルセデスCクラスのいわばフラッグシップモデルである。613万円の本体価格は、「C43」や「C63」などのAMGモデルを除けばシリーズの最高価格だ。メルセデス初のコンパクトモデル「190E」に端を発するCクラスには、400万円を切る価格を押し出したモデルもあったのだが、今や受注生産のベーシックグレードでも400万円後半である。

「C220d」用ディーゼルターボエンジンが、「Eクラス」で登場した最新世代のOM654型に切り替わったこともトピックだが、注目はやはりガソリン1.5リッター4気筒ターボのM264型だろう。この4気筒エンジンは、ほぼ20年ぶりに復活した直列6気筒のM256型と基本設計を共有するモジュラーユニットだが、「C180」の1.6リッター直噴ターボよりも小さい排気量ながら、これを積むモデルがC200となっているのは、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)を備えたマイルドハイブリッドパワートレインであることが理由だ。

48V電源のBSGはその名の通り、クランクシャフトとベルトで結ばれたスターター兼ジェネレーターを指す。トランスミッションケースに一体化された6気筒用のISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)との違いは、既存ユニットに大きな改造を施すことなく追加できることだという。

エンジン単体の最高出力は184ps/5800-6100rpm、最大トルクは280Nm/3000-4000rpmとこれだけでも十分以上。最大トルクの発生回転数は3000-4000rpmと現代のダウンサイジングターボとしてはかなり高いところにあるが、それは14psと38Nmを生み出す電気モーターが低回転域をカバーしてくれるからである。事実、常用域ではその排気量をまるで感じさせないほど余裕たっぷり。洗練された9段ATは極めて滑らかに変速するうえに、BSGがサポートするのでコースティングする際、あるいはアイドリングストップ時のエンジン停止/再始動もほぼ無振動と言っていい。

「C200」に採用されたマイルドハイブリッドシステムは、既存の「ISG」ではなく新開発の「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」。ベルトを介してクランクシャフトと接続され、スターターとジェネレーターの役割を担う。
「C200」に採用されたマイルドハイブリッドシステムは、既存の「ISG」ではなく新開発の「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」。ベルトを介してクランクシャフトと接続され、スターターとジェネレーターの役割を担う。拡大
ダッシュボードデザインは、大きく変更されていないが、センタースクリーンは大型化され、10.25インチサイズとなっている。
ダッシュボードデザインは、大きく変更されていないが、センタースクリーンは大型化され、10.25インチサイズとなっている。拡大
試乗車は、オーソドックスな機械式と液晶ディスプレイのコンビネーションとなるメーターを採用していた。オプションで「スポーティー」「クラシック」「プログレッシブ」の3つの表示モードを選択可能な12.3インチフル液晶メーターパネル「コックピットディスプレイ」も用意されている。
試乗車は、オーソドックスな機械式と液晶ディスプレイのコンビネーションとなるメーターを採用していた。オプションで「スポーティー」「クラシック」「プログレッシブ」の3つの表示モードを選択可能な12.3インチフル液晶メーターパネル「コックピットディスプレイ」も用意されている。拡大
写真の「AMG 5ツインスポークアルミホイール」は今回のマイナーチェンジを機に採用された新デザイン。試乗車には前225/45R18、後ろ245/40R18サイズの「ブリヂストン・ポテンザS001」タイヤが装着されていた。
写真の「AMG 5ツインスポークアルミホイール」は今回のマイナーチェンジを機に採用された新デザイン。試乗車には前225/45R18、後ろ245/40R18サイズの「ブリヂストン・ポテンザS001」タイヤが装着されていた。拡大

アシストが強すぎる?

いっぽうで高回転域では急に伸びやかさを失ってしまうのが残念なところ。ダウンサイジングユニットにはありがちなことだが、4500rpmぐらいから上では詰まるような感覚があり、それ以下でのたくましいトルクや打てば響くレスポンスとは対照的だ。

とはいえ、普通に走る限り、いやかなり頑張って走っている場合でも、9段ATがサクサクとシフトアップしてくれるから中回転域より上が必要になることはない。巡航中のエンジン回転数は低く、9速100km/hはわずか1500rpmほどである。

高回転まで回しても突き抜けるような爽快感が得られないことに加えて、もうひとつ気になるのは、電気モーターのアシストが強力すぎるのか、あるいはブレーキとの協調制御がいまひとつなのか、発進の際と停止直前にいささか予想外の振る舞いを見せることだ。

たとえば停止からの再スタートでちょっとブレーキの踏力を緩めるとプンとエンジンが再始動、グイッと思ったよりも勢いよくクリープして前に出ようとする。またブレーキを踏みながら緩やかに減速すると、まだ走行中にエンジンが停止した際に、ガクッと速度が落ち、それに慌ててブレーキを緩めると再始動して、またクリープと言うには勢いが強すぎる加速を見せるのだ。

48Vシステムを採用するクルマでこのような挙動を見せるのはC200のみ。極低速でのアシストが強く、するり静かな停止/発進はなかなか難しいということを頭に入れておいたほうがいい。

回生ブレーキで発電した電気は容量1kWhのリチウムイオン電池に蓄えられ、ターボの効力が発生しない低回転時にアシストを行う仕組み。モーター最高出力は14psとなっている。
回生ブレーキで発電した電気は容量1kWhのリチウムイオン電池に蓄えられ、ターボの効力が発生しない低回転時にアシストを行う仕組み。モーター最高出力は14psとなっている。拡大
巡航中のキャビンは静かに保たれている。9速での100km/h走行時のエンジン回転数はわずか1500rpmほどだった。
巡航中のキャビンは静かに保たれている。9速での100km/h走行時のエンジン回転数はわずか1500rpmほどだった。拡大
試乗車にはオプションの「AMGライン」に含まれる人工皮革「レザーARTICO」のシートが装着されていた。
試乗車にはオプションの「AMGライン」に含まれる人工皮革「レザーARTICO」のシートが装着されていた。拡大
後席バックレストは40:20:40の分割可倒式。荷室からキャビンへ荷物等の侵入を防止するセーフティーネットが標準装備されている。
後席バックレストは40:20:40の分割可倒式。荷室からキャビンへ荷物等の侵入を防止するセーフティーネットが標準装備されている。拡大

高いがそれだけのことはある

前述のようにステーションワゴンの4MATICだから(そのうえ今やほぼすべてアバンギャルド仕様)、車両価格は600万円を超えるのだが、このクルマにはさらに「AMGライン」のパッケージオプション(37万7000円)が装着されており、タイヤとホイールが18インチになる上に、ダンパー減衰力だけでなく、エアチャンバーを切り替えることでスプリングレートも可変の「エアボディーコントロールサスペンション」も追加装備されていた。文句なしの安定性と乗り心地をもたらすエアサスペンションの効果は明らかながら、C200にもエアサスが装備される時代かと驚くばかりだ。

さらに「レーダーセーフティーパッケージ」(20万5000円)も、標準装備となるAMG各モデルを除いて、すべてのCクラスにオプション設定である。

したがってオプションを加えたこの試乗車の価格は、ほぼ700万円にも達する。繰り返しになるが、このレーダーセーフティーパッケージなしのCクラスなど見たことがないし、事実上全車に装着されているはずである。メルセデスたるもの、見かけの価格を(しかもほんの少し)抑えるための姑息(こそく)な方策など速やかに改めるべきだ。

ほぼ文句なしの万能ステーションワゴンだが、おいそれとは手が出ない値段であることも事実。だがその分、ADAS(先進安全運転支援システム)の機能ひとつとっても、レベルが違うことも事実である。“コスパ”好きといわれる若者には気の毒だが、安くて良いものは、たとえ存在したとしても、ごくまれである上に個人的な尺度で測るべきものだ。そもそも本来コスパは絶対的な安さを指すものではない。コスパに優れているものだけが、時代を超えてCクラスのような定番となるのである。

(文=高平高輝/写真=荒川正幸/編集=櫻井健一)

試乗車には、18インチのタイヤとホイール、ドリルドベンチレーテッドディスクブレーキ、「エアボディーコントロールサスペンション」等が含まれる「AMGライン」のパッケージオプションが装着されていた。
試乗車には、18インチのタイヤとホイール、ドリルドベンチレーテッドディスクブレーキ、「エアボディーコントロールサスペンション」等が含まれる「AMGライン」のパッケージオプションが装着されていた。拡大
「イージーパック自動開閉テールゲート」と呼ばれる後部ハッチの電動開閉システムがステーションワゴン全車に標準装備されている。
「イージーパック自動開閉テールゲート」と呼ばれる後部ハッチの電動開閉システムがステーションワゴン全車に標準装備されている。拡大
後席シートバックはワンタッチで前方に倒せる。荷室容量は、5人乗車時で460リッター、後席をたたんだ状態で1480リッターとなっている。
後席シートバックはワンタッチで前方に倒せる。荷室容量は、5人乗車時で460リッター、後席をたたんだ状態で1480リッターとなっている。拡大
「Sクラス」と同等とうたわれる運転支援システム「インテリジェントドライブ」は、AMGモデル以外では全車オプション装備となる。
「Sクラス」と同等とうたわれる運転支援システム「インテリジェントドライブ」は、AMGモデル以外では全車オプション装備となる。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4720×1810×1440mm
ホイールベース:2840mm
車重:1690kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:9段AT
エンジン最高出力:184ps(135kW)/5800-6100rpm
エンジン最大トルク:280Nm(28.6kgm)/3000-4000rpm
モーター最高出力:14ps(10kW)
モーター最大トルク:38Nm(3.9kgm)
タイヤ:(前)225/45R18 95Y XL/(後)245/40R18 97Y XL(ブリヂストン・ポテンザS001)
燃費:12.3km/リッター(WLTCモード)
価格:613万円/テスト車=698万2280円
オプション装備:スペシャルメタリックペイント<ブリリアントブルー>(19万9000円)/レーダーセーフティーパッケージ(20万5000円)/AMGライン(37万7000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアム>(7万1280円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:563km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:342.8km
使用燃料:32.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)/10.8km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド
メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド拡大
新デザインのタッチコントロール機能を備えたステアリングホイールを全車に標準装備。左側がACCのコントロールスイッチになっている。
新デザインのタッチコントロール機能を備えたステアリングホイールを全車に標準装備。左側がACCのコントロールスイッチになっている。拡大
試乗車のボディーは有償色の「ブリリアントブルー」に塗られていた。「C200」では全10色からボディーカラーが選択可能。
試乗車のボディーは有償色の「ブリリアントブルー」に塗られていた。「C200」では全10色からボディーカラーが選択可能。拡大
注目の記事PR
  • 日産「デイズ」の魅力を体感できる試乗会参加者大募集!
    日産「デイズ」の魅力を体感できる試乗会参加者大募集! 価格.com
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。