ちょっとレクサスっぽくなった?

明照寺:今回のモデルチェンジ、最大のトピックは「X2」から始まったドア断面の変化でしょう。

ほった:ドアハンドルのあたりにあった、前から後ろまで通っていたキャラクターラインが消えたって話ですよね。

明照寺:そうです。メインのキャラクターラインです。新型はこれがなくなってるじゃないですか。たぶん、これから出てくるBMWもこうなっていくんでしょう。そういう意味では、新型3シリーズはBMWの新世代デザインになったわけですけど、なんかちょっとレクサスっぽさも感じてしまう。

永福:あっ! 

ほった:似てるんですよね、部分的に。

明照寺:リアからみると、特にそうなんです。

永福:トランクリッド上部の反り方がまるでレクサスですね。テールランプの光らせ方も含めると、「GS」にとてもよく似ている。

明照寺:ランプのグラフィックとかだけじゃないんですよ。例えば、「今度の3はボディーサイドのボトムを走るラインが『IS』みたく斜め上に跳ね上がるようになったんだなぁ」とか。ドア断面の感じなんかも、細かい処理がレクサスっぽいなって感じました。ただ、レクサスみたいな大胆な基本構成ではない。あくまでBMWの構成の中での新しい表現というイメージです。だから、レクサスみたいにやり切っている感じはない。

永福:レクサスはやり切っているからプラス評価なんですか?

明照寺:それはデザインに対する考え方次第ですけど、新しいものを追求するという姿勢に関してはレクサスはすごい。その点、新型3シリーズはやり切った感じが少ないのは確かです。でも、それがBMWの範疇(はんちゅう)なのかなとも思います。

永福:これまた永島譲二さんの言葉ですけど、「プレミアムブランドとはそういうものです」だとか(笑)。

ほった:あんまり大胆には変えずに、熟成していくわけですよね。

永福:クリス・バングルが大胆に変えた時は、すごい非難の嵐だったもんねぇ。

新型(右下)では、先代(左上)にはあったドアハンドルをつなぐ凹面のラインがなくなったほか、ドアパネルの下部やサイドシルの意匠も大きく変えられている。
新型(右下)では、先代(左上)にはあったドアハンドルをつなぐ凹面のラインがなくなったほか、ドアパネルの下部やサイドシルの意匠も大きく変えられている。拡大
新型「3シリーズ」のリアビュー。トランクリッドまわりの造形に注目。
新型「3シリーズ」のリアビュー。トランクリッドまわりの造形に注目。拡大
こちらは「レクサスGS」のリアまわり。L字形に光るテールランプにも類似性が感じられる。
こちらは「レクサスGS」のリアまわり。L字形に光るテールランプにも類似性が感じられる。拡大
現行型「レクサスIS」(上)と新型「3シリーズ」(下)のサイドビュー。
現行型「レクサスIS」(上)と新型「3シリーズ」(下)のサイドビュー。拡大
クリス・バングルが手がけた4代目「7シリーズ」。それまでのBMWとは一線を画す斬新なデザインが、賛否両論を巻き起こした。
クリス・バングルが手がけた4代目「7シリーズ」。それまでのBMWとは一線を画す斬新なデザインが、賛否両論を巻き起こした。拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る