アストンマーティン・ヴァンテージ(前編)

2019.05.16 谷口信輝の新車試乗 アストンマーティンのピュアスポーツモデル「ヴァンテージ」は、レーシングドライバーの目にどう映る? 初めて接した谷口信輝が、インテリアのデザインを皮切りにその印象を報告する。

好みが分かれるインテリア

「まるでブドウ畑ですね」

アストンマーティン・ヴァンテージのコックピットにおさまった谷口信輝が、ぼそっとつぶやいた。

アンディ・パーマーCEOが掲げる“セカンド・センチュリー・プラン”に従って続々とニューモデルを投入するアストンマーティンにあって、ヴァンテージと「DB11」は技術的にとても近い関係にある。ボディーの基本構造は同じで、エンジンやギアボックスは「DB11 V8」とヴァンテージとで共通。では何が違うかといえば、ヴァンテージはショートホイールベースで2シーターになっている。クルマのキャラクターとしてもDB11はグランドツアラーでヴァンテージはスポーツカーと位置づけられる。

そんなわけでインテリアのデザインもヴァンテージとDB11では異なっていて、丸形スイッチの並びをまるでデザイン上のアクセントとして用いているかのようなヴァンテージに対して、DB11はより整然としてエレガントにまとめられている。そして谷口は、丸いスイッチがいくつも並んだダッシュボードの眺めを例えて“ブドウ畑”とつぶやいたのである。
「あれだけたくさんスイッチが並んでいると、自然とそこに目が向きますよね。一見したところいっぱいスイッチがあって煩雑そうですが、逆に1カ所にかたまっているから迷わなくて済むし、どこに何があるかもオーナーだったらすぐに覚えられそう。いいんじゃないですか」

ヴァンテージのインテリアでもうひとつ特徴的なのが異形ステアリングホイールだ。おそらくは、前方の視界を確保するためにステアリングの上側を切り取り、膝との干渉を防ぐために下側を切り取ったのだろう。結果として、ステアリングの形は四角に近づいたといえなくもない。操作した際に違和感はないのだろうか?
「違和感はまったくありませんでしたよ。今日はそんなにたくさん回していないというのも関係しているかもしれませんが、好きか嫌いかで言えば、まあ、好きではありませんよね(笑)。別に不自由はないけれど、あえてあの形にする必要性がどこまであったかといえば疑問です。例えて言えば、味は変わらないのに四角いスイカを無理やり作ったという感じ。感覚的に、ちょっと不自然ですよね」

 
アストンマーティン・ヴァンテージ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ(前編)の画像拡大

【アストンマーティン・ヴァンテージのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm/ホイールベース:2704mm/車重:1530kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510ps(375kW)/6000rpm/最大トルク:685Nm(69.9kgm)/2000-5000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.5リッター/100km(約9.5km/リッター、EU複合サイクル)/価格:2011万8376円


	【アストンマーティン・ヴァンテージのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm/ホイールベース:2704mm/車重:1530kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510ps(375kW)/6000rpm/最大トルク:685Nm(69.9kgm)/2000-5000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.5リッター/100km(約9.5km/リッター、EU複合サイクル)/価格:2011万8376円
	拡大

関連キーワード:
ヴァンテージ, アストンマーティン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 第129回:引きこもれ! 中年カーマニア 2019.3.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第129回は「引きこもれ! 中年カーマニア」。AMG製V8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」に試乗。ドイツ製パワーユニットVS“イタリアの秘宝”フェラーリエンジン、その対決の行方は!?
ホームへ戻る