今夏発売の「シトロエンC3エアクロス」全国8拠点で先行展示

2019.05.14 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロス
シトロエンC3エアクロス拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月13日、同年夏に日本初導入を予定しているコンパクトSUV「シトロエンC3エアクロス」の先行巡回展示を、全国8カ所のシトロエン正規ディーラーで行うと発表した。

レジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントが採用された「C3エアクロス」のインテリア。
レジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントが採用された「C3エアクロス」のインテリア。拡大

この先行展示イベントは「ニューシトロエンC3エアクロス コンパクトSUVロードショー」という名称で、同年5月18日(土)から6月30日(日)までの各土曜日、日曜日に開催される。

C3エアクロスは、2017年10月に開催されたフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、同名のシリーズとしては2代目となる。日本にはこれまで正規導入がされておらず、C3エアクロスの発売は今回が初となる。

先行展示される車両は「シャイン」と呼ばれるグレードのパッケージオプション装着車。ダッシュボード左右やセンターのレジスター(エアコン吹き出し口)とステアリングホイール下部にオレンジのアクセントを採用し、シートと同じ生地がダッシュボードにもあしらわれるなど、エクステリアと同様に個性的なインテリアを実現している。

後席は最大15cm幅で前後スライドが行えるほか、60:40の分割可倒式となる背もたれはリクライニング機能も有している。助手席を倒せば約2.4mまでの長尺ものまで積載が可能となり、リアシートをたたんだ際の荷室最大容量は1289リッターと、コンパクトSUVとしてクラス随一のキャパシティーを誇る。さらにC3エアクロスでは、アクティブセーフティーブレーキやレーンデパーチャーウオーニング、ブラインドスポットモニターなどのADAS(先進運転支援システム)が全グレードで標準装備となる。

今イベントで展示を予定しているパッケージオプション装着車では、オフロードや雪道での走破性を向上させるグリップコントロールやマッド&スノータイヤ、ヒルディセントコントロールといったSUVに期待される装備に加え、パノラミックサンルーフも採用されている。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • 「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売 2019.5.31 自動車ニュース タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
ホームへ戻る