ポルシェに乗ると気分が高揚

確かに、太郎は妙な自信のようなものを身につけた。彼は怪しげな自称コンサルタントの黒木という男から仕事を請け負うようになる。裏社会の人間ともつながりがあるようだ。悪人顔で粗暴な言動や行動をとることもあるが、金もうけの術(すべ)を知っている。そういう人間と対等に渡り合えるようになることが、自分をステップアップさせることにもなるはずだと考えた。

太郎が黒木と知り合ったのは、コンパニオンやCAを集めて開いた飲み会の席だった。本業のかたわら、彼は金持ち男性に若い女性を引き合わせるサイドビジネスにも手を染めている。オヤジたちが食事代を払うのは当然で、女性たちにはタクシー代という名目で数万円が渡される。いわゆるギャル飲みを仕切り、手数料をもらっているのだ。

ポルシェの恩恵もあり、太郎は女優の卵の惣田瑞恵という女性と付き合うことになる。仕事も私生活も絶好調だ。裏社会の流儀を知ったことで、部下に対しては荒っぽい態度をとるようになった。気持ちに余裕ができ、仕事に対する意欲が湧いてくる。ポルシェに乗ると気分が高揚し、自分が強くなったように感じられた。

「精緻なドイツ製工業製品であるポルシェを自然に走らせようとすると、スピードを出さざるを得なかった」

太郎はポルシェに同化していく。

ポルシェが太郎の自我を拡張する。

 
第195回:クルマを買った芥川賞作家のクルマ小説『ポルシェ太郎』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事