スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表

2019.05.14 自動車ニュース
スバルWRX STIタイプS
スバルWRX STIタイプS拡大

スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。

「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。
「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。拡大
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。拡大

今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更するとともに、すべてのドアがロックされていない状態においては、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられるよう仕様変更されている。

今回の主な変更点は以下の通り。

  • ボディーカラーをダークグレーメタリックから新色マグネタイトグレーメタリックに変更
  • WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
  • WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
  • WRX STIタイプSに19インチ切削光輝アルミホイールを採用
  • ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
  • トランクの開閉方法を変更

ラインナップと価格は以下の通り。

  • WRX S4 2.0GT EyeSight:336万9600円
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSight:373万6800円
  • WRX S4 STI Sport EyeSight:409万3200円
  • WRX STI:386万6400円
  • WRX STIタイプS:406万0800円

(webCG)

関連キーワード:
WRX S4, WRX STI, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX S4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る