スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表

2019.05.14 自動車ニュース
スバルWRX STIタイプS
スバルWRX STIタイプS拡大

スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。

「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。
「WRX STIタイプS」には新たに19インチ切削光輝アルミホイールを採用している。拡大
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。
「WRX」に採用された新しいボディーカラー、マグネタイトグレーメタリック(写真はSTIタイプS)。拡大

今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更するとともに、すべてのドアがロックされていない状態においては、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられるよう仕様変更されている。

今回の主な変更点は以下の通り。

  • ボディーカラーをダークグレーメタリックから新色マグネタイトグレーメタリックに変更
  • WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
  • WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
  • WRX STIタイプSに19インチ切削光輝アルミホイールを採用
  • ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
  • トランクの開閉方法を変更

ラインナップと価格は以下の通り。

  • WRX S4 2.0GT EyeSight:336万9600円
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSight:373万6800円
  • WRX S4 STI Sport EyeSight:409万3200円
  • WRX STI:386万6400円
  • WRX STIタイプS:406万0800円

(webCG)

関連キーワード:
WRX S4, WRX STI, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX S4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売 2019.5.31 自動車ニュース タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る