改良型ガソリンエンジン搭載の「プジョー3008/5008」発売

2019.05.21 自動車ニュース
「プジョー3008」(右)と「5008」(左)
「プジョー3008」(右)と「5008」(左)拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月21日、改良型1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと8段ATを採用した「プジョー3008/5008」を発売した。

欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応する最高出力180psの1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジン。
欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応する最高出力180psの1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジン。拡大

新たに3008と5008に搭載されるエンジンは、1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジンを改良し、欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応したもの。従来型比で15ps、10Nmアップとなる最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生する。またガソリン微粒子フィルターを採用することで排出ガスをクリーン化し、フリクションを低減したほか、電子制御ウェイストゲートバルブの採用により、さらなる高効率化とハイレスポンス化、スムーズな吹け上がりを実現したという。

電子制御8段ATはアイシン・エィ・ダブリュ製で、エコモード/通常モード/スポーツモードという3つのドライブモードを選択可能。エコモード時は、新採用されたフリーホイール機能により、アクセルオフ時にクラッチを切り(諸条件あり)燃費改善を図る。

新パワーユニット搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

【プジョー3008】

  • 3008アリュール:367万円
  • 3008アリュールLEDパッケージ:385万円
  • 3008 GTライン:409万円

【プジョー5008】

  • 5008アリュール:414万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, 5008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る