クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)

価格に見合った価値がある 2019.05.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。

頼れるドイツブランド

猫も杓子(しゃくし)もSUV……そんな世界的なSUV大流行の波に押し出されるように、時の流れにつれてドンドンと影が薄くなっていくのがセダンやステーションワゴンといった、かねてのオーセンティックなボディー形態である。

もちろん、自動車メーカーとて紛(まご)うことなき営利事業主。「そっちがもうかる」となれば、皆一斉にそちらを向いてしまうのは、彼らにとってはいわば“やんごとなき事情”でもあるわけだ。

一方で、「それでもやっぱりセダンやステーションワゴンが欲しい!」というユーザーにとってみれば、こうしたトレンドはまさに困りもの。特に、この先の自国での需要減退をいち早く察知した日本車メーカー発の作品群は、もはや“見る影もない”という状況が続いて久しいのはご存じの通りでもある。

そうした中にあっても、きっちりと新世代のモデルを提供してくれる代表格は、いわゆる“ジャーマン3”を代表とした歴史と伝統に育まれたブランドの作品。まずはセダン、追ってこのブランドでは「アバント」を名乗るステーションワゴンが、ともに2018年にフルモデルチェンジを果たしたアウディの基幹車種A6シリーズも、もちろんそうした中のひとつのモデルとして取り上げることができる。

1968年に誕生した「アウディ100」から数えて8代目となる最新型の「A6」は、「セダン」が2018年3月のジュネーブモーターショーで、「アバント」が同年9月のパリモーターショーでワールドプレミアされた。
1968年に誕生した「アウディ100」から数えて8代目となる最新型の「A6」は、「セダン」が2018年3月のジュネーブモーターショーで、「アバント」が同年9月のパリモーターショーでワールドプレミアされた。拡大
駆動方式は4WDの「クワトロ」システム。試乗車は「ダイナミックオールステアリングホイール(4輪操舵)」を装備していた。フロントに電子制御式ギア比可変ステアリングシステムを組み込み、約60km/h以下の低速域では逆位相に最大5度、60km/h以上では同位相に最大1.5度後輪をステアする。
駆動方式は4WDの「クワトロ」システム。試乗車は「ダイナミックオールステアリングホイール(4輪操舵)」を装備していた。フロントに電子制御式ギア比可変ステアリングシステムを組み込み、約60km/h以下の低速域では逆位相に最大5度、60km/h以上では同位相に最大1.5度後輪をステアする。拡大
「A6セダン」と同様に、ブリスター化した前後フェンダーの上部デザインは、1980年に誕生した通称「ビッグ・クワトロ」がモチーフだという。テールライトユニットは、セダンと同一のデザインになっている。
「A6セダン」と同様に、ブリスター化した前後フェンダーの上部デザインは、1980年に誕生した通称「ビッグ・クワトロ」がモチーフだという。テールライトユニットは、セダンと同一のデザインになっている。拡大

フルチェンジを実感させるインテリア

そんなアウディとて、時とともに激しさを増していくSUVの潮流に乗り遅れているわけではない。それどころか、「Q7」や「Q5」のフルモデルチェンジに、「Q2」や「Q8」といったブランニューモデルの投入と、ここ数年の間に連続した「Q」の記号が与えられたモデルにまつわるニュースを振り返ってみれば、このブランドが世界で流行するSUVによって新たな顧客の取り込みに腐心していることが分かる。加えて、既存モデルの刷新についても決して手を抜かずに行い、かねての自社顧客も逃すまいとする布陣を張る。そうしたしたたかな戦略と、それを可能にする開発力のすごさを、あらためて教えられたような気がする。

ここに紹介するA6シリーズは、もちろん後者。セダンにしてもアバントにしても、まず一見した時点では「従来型と見紛うようなスタイリング」が採用されているのも、好意的に解釈すれば「ことさらに新鮮さや代わり映えを求めることのない、以前からのモデルに好意を寄せてくれているユーザーに対するひとつの回答」と受け取ることができそうだ。

一方、誰の目から見ても一瞬でフルチェンジを実感させるのは、むしろインテリアのデザインだ。

こちらはまず、従来の「タブレットを立て掛けたようなデザイン」が改められ、大型のワイドディスプレイがセンター部分にビルトインされたダッシュボードが大きな見どころ。同時に、センターパネル部にも新たにタッチパネル式ディスプレイが採用され、その一方で多くのメカニカルスイッチが姿を消しているのも目につく。実は、こうしてメカニカルスイッチをタッチパネル式へと変更する動きは、基本設計を他の車種にも流用しやすいといった点で、今やコストダウンにも大きな効果を発揮しているはずだ。

新しいスタンスによって見栄えがスッキリとした一方で、必ずしも“良いこと”ばかりではなかった。例えば従来型ではスイッチ部分に視線を落とすことなくできた多くの操作が、そうはいかなくなってしまった。特にアウディ車の場合、ひとたび慣れてしまえば“なんでもできた”機能性が練りに練られたデザインのコンソール上のボタンとMMI(マルチメディアインターフェイス)ダイヤルの組み合わせが廃止され、タッチパネル式へと改められてしまう動きは、個人的には「大いなる損失」にも思えるものだ。

日本市場では、2019年3月12日に「セダン」とステーションワゴンの「アバント」が同時に発売された新型「A6」。約7年ぶりのフルモデルチェンジとなっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4950×1885×1475mm、ホイールベース=2925mm。一見大きく見えるフォルムだが、全長や全幅、ホイールベースはセダンと同一数値となる。
日本市場では、2019年3月12日に「セダン」とステーションワゴンの「アバント」が同時に発売された新型「A6」。約7年ぶりのフルモデルチェンジとなっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4950×1885×1475mm、ホイールベース=2925mm。一見大きく見えるフォルムだが、全長や全幅、ホイールベースはセダンと同一数値となる。拡大
インストゥルメントパネルのデザインは、「A6セダン」と同一。メカニカルスイッチを極力排したシンプルでクリーンなデザインがセリングポイントになっている。ダッシュボードやドアトリムに用いられるレザーパーツの縫い目など、アウディというブランドに期待される質感の高い緻密な作り込みも健在だ。
インストゥルメントパネルのデザインは、「A6セダン」と同一。メカニカルスイッチを極力排したシンプルでクリーンなデザインがセリングポイントになっている。ダッシュボードやドアトリムに用いられるレザーパーツの縫い目など、アウディというブランドに期待される質感の高い緻密な作り込みも健在だ。拡大
最大6人とゲスト1人の、合計7人分の個人設定プロフィールを保存可能。シートポジションや空調設定、ナビゲーションの目的地、好みのメディアなど約400項目が設定できる。キーシグナルを使用してユーザーを判別、登録されたプロフィールを自動で呼び出せるのも特徴だ。
最大6人とゲスト1人の、合計7人分の個人設定プロフィールを保存可能。シートポジションや空調設定、ナビゲーションの目的地、好みのメディアなど約400項目が設定できる。キーシグナルを使用してユーザーを判別、登録されたプロフィールを自動で呼び出せるのも特徴だ。拡大
2925mmというロングホイールベースの恩恵で、リアシートはゆとりのスペースを確保している。シート表皮は「バルコナレザー」と呼ばれる、質感に優れた上質さがセリングポイントだ。
2925mmというロングホイールベースの恩恵で、リアシートはゆとりのスペースを確保している。シート表皮は「バルコナレザー」と呼ばれる、質感に優れた上質さがセリングポイントだ。拡大

“積める”よりも“魅せる”を重視

今回の試乗車となったA6アバントは、マトリクスLEDヘッドライトやリアのLEDダイナミックターンインジケーター、フロントのスポーツシートやスポーツサスペンションなどを標準装備とした「Sライン」に、ダイナミックオールホイールステアリングやダンピングコントロールサスペンション、ダイナミックステアリングから成る「ドライビングパッケージ」や、サラウンドビューカメラ、リアサイドエアバッグなどから成る「アシスタンスパッケージ」、Bang & Olufsenのオーディオ等々と、121万円分ものオプションアイテムが上乗せされたゴージャスな仕様。

実際、ひとたびキャビンへと身を委ねてみれば、各部の素材の吟味や上質な仕上げの具合から、たちまち“良いモノ感”に包まれる。走り始める以前の段階で、「インテリアの演出がすこぶる上手だナ」と実感させるのは、昨今のアウディ車での得意芸でもある。

こちらもまるでキャビンの一部であるかのように、上質に仕上げられた直方体のラゲッジスペースは、テールゲートの開閉に連動したトノーカバーも含め、いかにも使い勝手が良さそうなデザイン。ステーションワゴンではあるもののリアウィンドウの前傾具合はかなり強く、ここは“積めるワゴン”よりも“魅せるワゴン”がデザイン上のプライオリティーであるとうかがえる。

「これで積載スペースが物足りなければ、SUVのQシリーズがありますよ」という口上が使えるのも、リアエンドに大胆な“前傾デザイン”を用いることを許容する、ひとつの要因になっていそうだ。

サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式を採用。オプションの「ドライビングパッケージ」に含まれる後輪ステアの「ダイナミックオールステアリングホイール」によって、最小回転半径は標準の5.7mから5.2mへと大幅に小回りが利くようになる。
サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式を採用。オプションの「ドライビングパッケージ」に含まれる後輪ステアの「ダイナミックオールステアリングホイール」によって、最小回転半径は標準の5.7mから5.2mへと大幅に小回りが利くようになる。拡大
「A6アバント55 TFSIクワトロSライン」は、「HDマトリクスLED」ヘッドライトを標準装備。左右の各ユニットは、32個のLEDで構成されている。
「A6アバント55 TFSIクワトロSライン」は、「HDマトリクスLED」ヘッドライトを標準装備。左右の各ユニットは、32個のLEDで構成されている。拡大
容量565リッターの荷室を持つ「A6アバント」。後席のバックレストは40:20:40の分割可倒式となり、多彩なシートアレンジが可能だ。アドバンストキーを持っていれば、バンパー下に足をかざす動作でテールゲートの開閉が行える。
容量565リッターの荷室を持つ「A6アバント」。後席のバックレストは40:20:40の分割可倒式となり、多彩なシートアレンジが可能だ。アドバンストキーを持っていれば、バンパー下に足をかざす動作でテールゲートの開閉が行える。拡大
リアシートの背もたれは、荷室左右にあるレバーを使用してワンタッチで前方に倒すことができる。背もたれをすべて倒すとほぼフラットな荷室床面となり、荷室最大容量は1680リッターに達する。
リアシートの背もたれは、荷室左右にあるレバーを使用してワンタッチで前方に倒すことができる。背もたれをすべて倒すとほぼフラットな荷室床面となり、荷室最大容量は1680リッターに達する。拡大

違和感のないマイルドハイブリッド

前述した多数のオプションアイテムや4WDシステムを採用することもあって、テスト車は軽く1.9tをオーバーするという重量級。しかし、340psという大きな最高出力はもとより、500Nmという太いトルクを、わずかに1370rpmという低回転から発するターボ付きの3リッターV6ガソリン直噴エンジン+7段DCTによるパワーパックは、さしたる重さを感じさせることもなくスタイリッシュなステーションワゴンボディーを軽々と加速させてくれる。

ちなみに、今度のA6シリーズでのひとつのトピックは、「すべての心臓に、マイルドハイブリッドテクノロジーを採用」というもの。中でもV6エンジン車に組み合わされるのは、より大きな燃費低減=二酸化炭素排出量の削減の効果が見込める、10Ahのリチウムイオン電池やベルト駆動式で最高12kWの出力を持つスタータージェネレーターから成る48Vシステムだ。

その機能は、今やおなじみの減速時回生はもとより、「55~160km/hの速度域で最大40秒間のコースティング(惰性)走行や、22km/h以下でのアイドリングストップを実現」などとうたわれる。一方で、そんな複雑な制御は、走行中にも関わらずタコメーターの指針が“0rpm”を示すことなどから確認できる程度である。

すなわち、これまでにはなかったそうした効率向上のためのシステムを新たに採用することによる違和感は、「全くナシ」と言っても差し支えがないということ。コストの上昇はもとよりトラブルの発生要素を減らすといった観点からも、正直「ホントはそんな機構は付けないでほしい……」と言いたくなるところだが、エンジンのみではどうにも対応のできない罰則付きの燃費規制が目前、というのが今という時代。むしろ、こうして何の違和感もなく扱えるシステムをいち早く完成・搭載したことを評価すべきなのだろう。

日本導入と同時に発売されたローンチエディションともいうべき「デビューパッケージ」を除けば、新型「A6」のラインナップは、「セダン」「アバント」とも写真の「55 TFSIクワトロSライン」の1グレードになる。
日本導入と同時に発売されたローンチエディションともいうべき「デビューパッケージ」を除けば、新型「A6」のラインナップは、「セダン」「アバント」とも写真の「55 TFSIクワトロSライン」の1グレードになる。拡大
最高出力340ps、最大トルク500Nmの3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボエンジンに「48Vマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)」を組み合わせて搭載。JC08モードの燃費値は12.3km/リッターと発表されている。
最高出力340ps、最大トルク500Nmの3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボエンジンに「48Vマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)」を組み合わせて搭載。JC08モードの燃費値は12.3km/リッターと発表されている。拡大
メーターパネル内には、高解像度12.3インチのカラー液晶フルデジタルディスプレイを設置。「アウディTT」から導入が始まった、各種情報を切り替え表示可能なバーチャルコックピットも標準装備されている。
メーターパネル内には、高解像度12.3インチのカラー液晶フルデジタルディスプレイを設置。「アウディTT」から導入が始まった、各種情報を切り替え表示可能なバーチャルコックピットも標準装備されている。拡大
トランスミッションは「Sトロニック」とアウディが呼ぶ7段のDCTを搭載している。エンジンのスタート/ストップ機能は、走行中であっても車速が22km/h以下に落ちると作動する設定だ。
トランスミッションは「Sトロニック」とアウディが呼ぶ7段のDCTを搭載している。エンジンのスタート/ストップ機能は、走行中であっても車速が22km/h以下に落ちると作動する設定だ。拡大

押しも押されもせぬ高級車

そんなパワーパックを筆頭に、このモデルに具現された走りのポテンシャルは、いずれもアウディA6というキャラクターにふさわしい仕上がりだった。

同じ新型A6でも、セダンに比べると路面の凹凸を拾った際のドラミングノイズがやや明確と思えたのは、やはりボディー後半部分のデザインと、それがもたらす剛性バランスの違いなどによる影響か。ちなみにそれは、「タイヤの摩耗などによってこれ以上増加するとやや気になりそうだが、現状であれば特に不快とは感じない」と、個人的にはそう受け取れるレベルだった。

一方、日常シーンではもはやほとんど耳に届くことのないエンジン透過音や、このクラスのモデルの中でも間違いなく小さな部類に入るロードノイズなどを含め、静粛性そのものが極めて高いというのは、セダンでも感じられた新型A6に共通の好印象。とにもかくにも、「A6は、いつしか押しも押されもしない高級車になっていた」というのが偽りのない実感である。

特に敏しょうでスポーティーといったわけではないものの、一方で、ノーズの重さを意識させられたりすることもないハンドリングは、「セダンと変わるところはない」というのが率直な印象だ。

「1000万円を超えるのだからそれも当然」という意見は、確かに一理ある。しかし、それを承知の上でも「どこをとっても高価なだけのことはある」と、そうした意見にもまた大いに納得の、アウディ発最新ステーションワゴンなのである。

(文=河村康彦/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

試乗車には、前後とも245/45R19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤが装着されていた。「5アームダイナミックデザイン」と呼ばれるホイールは「Sライン」の標準装備アイテム。
試乗車には、前後とも245/45R19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤが装着されていた。「5アームダイナミックデザイン」と呼ばれるホイールは「Sライン」の標準装備アイテム。拡大
リアシート用に設けられたエアコンの吹き出し口とシートヒーターを含むコントロールパネル。フロント同様にこちらもタッチパネル式で、簡単に操作できるようなデザインを採用している。
リアシート用に設けられたエアコンの吹き出し口とシートヒーターを含むコントロールパネル。フロント同様にこちらもタッチパネル式で、簡単に操作できるようなデザインを採用している。拡大
試乗車は、合計16個のスピーカーとトータル出力705W、15チャンネルアンプで構成されるオプションの「Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム」オーディオを装備していた。
試乗車は、合計16個のスピーカーとトータル出力705W、15チャンネルアンプで構成されるオプションの「Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム」オーディオを装備していた。拡大
合計22個のセンサーを用いた最新のADASを搭載。250km/h以下の車速時で車両を検知することに加え、約10-85km/hの車速時には歩行者や自転車も検知する。衝突の危険があった場合は警告し自動ブレーキを作動させるほか、全車速対応のレーンキープ機能などを標準装備している。
合計22個のセンサーを用いた最新のADASを搭載。250km/h以下の車速時で車両を検知することに加え、約10-85km/hの車速時には歩行者や自転車も検知する。衝突の危険があった場合は警告し自動ブレーキを作動させるほか、全車速対応のレーンキープ機能などを標準装備している。拡大

テスト車のデータ

アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1885×1475mm
ホイールベース:2925mm
車重:1950kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:340ps(250kW)/5200-6400rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm
タイヤ:(前)245/45R19 102Y/(後)245/45R19 102Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
燃費:12.3km/リッター(JC08モード)
価格:1041万円/テスト車=1162円
オプション装備:オプションカラー<グレイシアホワイトメタリック>(9万円)/パワーアシストパッケージ<電動チルト/テレスコピックステアリングコラム+パワークロージングドア>(16万円)/リアコンフォートパッケージ<リアシートヒーター+4ゾーンオートマチックデラックスエアコンディショナー+リアドアウィンドウサンブラインド>(26万円)/Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム(18万円)/アシスタンスパッケージ<フロントクロストラフィックアシスト+サラウンドビューカメラ+カーブストーンアシスト+リアサイドエアバッグ+アダプティブウィンドウワイパー>(14万円)/ドライビングパッケージ<ダイナミックオールホイールステアリング+ダンピングコントロールサスペンション+ダイナミックステアリング>(38万円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:2318km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:208.8km
使用燃料:21.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)/8.8km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン
アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン拡大
 
アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ A6アバント の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。