初タイトル、大一番での棄権、そしてチーム離脱

1973年には1勝もできずコンストラクターズランキング6位に沈んでいたスクーデリア・フェラーリ。総帥エンツォ・フェラーリは、下位でも奮闘するラウダに白羽の矢を立てた。さらにフィアットからやってきたルカ・ディ・モンテゼーモロをリーダーに、名デザイナーだったマウロ・フォルギエリにマシン開発を担当させ、チーム復興を任せた。2000年代になりフェラーリ黄金期を築いたミハエル・シューマッハーやジャン・トッド、ロリー・バーンらによる“ドリームチーム”に通ずる、優勝請負人たちが集められたのだ。

1974年は、スペインGPでの自身初優勝を含め2勝、最多9つのポールポジションを獲得するも、シーズン終盤にリタイアが続きランキングは4位。これが翌年になると、フォルギエリの傑作「312T」をドライブしたラウダが、八面六臂(ろっぴ)の大活躍を見せることになる。この年も9回のポールを記録、年間勝利数は5回を数え、その他レースでも着実にポイントを稼いだこともあり、ラウダにとって最初の、そしてフェラーリにとっては1964年以来となるタイトルを獲得したのだった。

最古参チームを復活に導いたラウダの勢いは1976年も止まらず、第9戦イギリスGPまでで5勝、2位2回、3位1回とチャンピオンシップを席巻。だが第10戦ドイツGPであの大事故に見舞われてからは、シーズンを通して丁々発止とやり合っていたジェームズ・ハントの猛追にあう。奇跡のカムバックの末に迎えた最終戦は、タイトルがかかった大一番、富士スピードウェイでのF1世界選手権イン・ジャパン。しかしラウダは、大雨であまりに危険だとして2周して棄権する英断を下し、わずか1点差でハントに栄冠を奪われてしまった。

1977年シーズンは、3回の勝利を含め計10回もポディウムにのぼり、2度目のタイトルを獲得。だが前年の棄権も影響してか、フェラーリとの関係はギクシャクしたものになり、翌年にブラバムへ移籍することを決めると、2戦を残して途中でチームを去ってしまった。

タイトルよりも命を優先できる勇気、またドライバーとして絶頂期を迎えていた時期であってもチームを離脱する決断力。御大エンツォを前にしても臆せずに自らの意志を貫き通した、ラウダらしい姿勢があらわれたフェラーリ時代だった。

フェラーリに移籍して2年目の1975年、ラウダは、マウロ・フォルギエリが手がけた名車「312T」(写真)を駆り、初のチャンピオンに輝く。しかし翌1976年の第10戦ドイツGPでは、難攻不落のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで大事故を起こし、瀕死(ひんし)の重傷を負うことになる。(Photo=Ferrari)
フェラーリに移籍して2年目の1975年、ラウダは、マウロ・フォルギエリが手がけた名車「312T」(写真)を駆り、初のチャンピオンに輝く。しかし翌1976年の第10戦ドイツGPでは、難攻不落のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで大事故を起こし、瀕死(ひんし)の重傷を負うことになる。(Photo=Ferrari)拡大
ラウダは、フェラーリでの4年間で2つのタイトルと15回の勝利、23のポールポジションと32回の表彰台を記録。通算では171戦に出場し、チャンピオン3回、25勝、ポールポジション24回、表彰台54回という戦績を残した。沈着冷静でクレバーな走りを持ち味とし、まるでコンピューターのようだと称された。(Photo=Ferrari)
ラウダは、フェラーリでの4年間で2つのタイトルと15回の勝利、23のポールポジションと32回の表彰台を記録。通算では171戦に出場し、チャンピオン3回、25勝、ポールポジション24回、表彰台54回という戦績を残した。沈着冷静でクレバーな走りを持ち味とし、まるでコンピューターのようだと称された。(Photo=Ferrari)拡大
引退後はF1チームの首脳を歴任。中でも2012年から非常勤の会長を務めることとなったメルセデスではチームの要として活躍。代表のトト・ウォルフ(写真左)とともに、シルバーアローを常勝軍団に育て上げた。(Photo=Mercedes)
引退後はF1チームの首脳を歴任。中でも2012年から非常勤の会長を務めることとなったメルセデスではチームの要として活躍。代表のトト・ウォルフ(写真左)とともに、シルバーアローを常勝軍団に育て上げた。(Photo=Mercedes)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事