第606回:国内発売から1年半あまり
大矢アキオ、「トヨタ・ジャパンタクシー」に乗る

2019.05.31 マッキナ あらモーダ!

乗ってみたかったんだよ

2017年10月にトヨタ自動車が「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を日本で発表してから、はや1年半が経過した。

以後筆者自身は何度か東京に出張しているが、ついぞ乗車する機会に恵まれなかった。滞在中は極力タクシーを使わないということが背景にある。節約と同時に、筆者の行動範囲は、ほとんどの場合電車や地下鉄、もしくはバスでカバーできるためである。

仮に“試乗”しようとタクシー乗り場で待っていても、ジャパンタクシーが当たる保証がない。

それでも繁華街やオフィス街でジャパンタクシーが細い路地からひょっこり顔を出すたび、いつか乗ってみたいと思っていた。

2019年4月、ようやくチャンスが訪れた。東京・渋谷のNHK放送センターでラジオの深夜番組に出演したあとのことだ。1時過ぎ、都内の宿泊地までタクシーに乗ろうと、センターの玄関で待っていた。

筆者が好きな個人タクシーは、先に待っていた女子が乗って行ってしまった。「ンだよー」とつぶやいてしまった。

ところがである。次に滑り込んできたのは、あのジャパンタクシーであった。思わず「やったぜ」と声をあげてしまった。

ジャパンタクシーの特徴のひとつであるスライドドアが開く。外国人観光客は日本のタクシーが自動ドアであることに感激する。それが日本的な引き戸になっているのだから、彼らとしては感極まるはずだ。

以下は筆者が東京で撮りだめた「ジャパンタクシー」。2019年5月、銀座で。
以下は筆者が東京で撮りだめた「ジャパンタクシー」。2019年5月、銀座で。拡大
銀座の日産自動車旧本社前で。2018年4月。
銀座の日産自動車旧本社前で。2018年4月。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ジャパンタクシー」出発式の会場から 2017.10.24 画像・写真 トヨタが新型タクシー車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。東京・台場で出発式を開催した。各タクシー会社の関係者が集った出発式の様子を、ジャパンタクシーのディテールとともに写真でリポートする。
  • ただいま街で増殖中!
    新型タクシーの素顔に迫る
    2018.2.9 デイリーコラム 2017年の年末から街で見られるようになってきた、コロリとしたデザインの新型タクシー。その開発に際しては、タクシー専用車ならではの特別な事情や苦労があったというのだが……? 生みの親に話を聞いた。
  • 第606回:国内発売から1年半あまり
    大矢アキオ、「トヨタ・ジャパンタクシー」に乗る
    2019.5.31 マッキナ あらモーダ! 日本での2017年10月の発表から1年半あまり。ついに念願の「トヨタ・ジャパンタクシー」への乗車がかなった大矢アキオ。ドライバーへの車内インタビューを敢行するとともに、イタリア人タクシードライバーにも同車の感想を聞いてみた。
  • トヨタが新型タクシー「ジャパンタクシー」を発表 2017.10.24 自動車ニュース トヨタが「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。同社にとって22年ぶりとなる新型タクシー車両で、高さのあるボディーとスライドドアの採用により、優れた乗降性と居住性を実現。脱着式のスロープを備えるなど、車いす利用者にも配慮がなされている。
  • 「マツダCX-30」発表会の会場から 2019.9.20 画像・写真 マツダの新型クロスオーバー「CX-30」が国内でデビュー。東京都内で発表会が開催され、同日販売がスタートする、2リッターガソリンエンジン「スカイアクティブG 2.0」搭載車が展示された。その模様を写真で紹介する。
ホームへ戻る