シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売

2019.05.28 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月28日、新型車「C5エアクロスSUV」の導入を発表し、販売を開始した。

 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大
 
シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売の画像拡大

C5エアクロスSUVは、2019年に創立100周年を迎えたシトロエンが放つミドルサイズSUVである。その開発にあたってはなによりもコンフォート性能を追求。エクステリアデザインからインテリア、乗り心地、安全性などすべての面において、すべての乗員が快適に移動できることを目指したとされており、シトロエンが掲げる、文化や国籍を問わず誰もが味わえる快適性をシトロエン独自のテクノロジーで実現する「シトロエンアドバンスドコンフォートプログラム」のひとつの到達点であるという。

そのハイライトとなるのが“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムである。「プログレッシブハイドローリッククッション(PHC)」と名付けられたこのシステムは、ダンパー内にもうひとつのダンパー(セカンダリー)を備えた構造の、純メカニカルなものだ。メインダンパーのストロークエンドが近づくとセカンダリーダンパーが減衰力を発揮。大入力があった場合でも、乗り心地や挙動の変化が起きづらい構造となっている。C5エアクロスSUVにはこのセカンダリーダンパー付きダンパーが、フロントには伸び側と縮み側に、リアには縮み側にのみ搭載されている。

シートもまたシトロエンアドバンスドコンフォートプログラムの成果のひとつだ。内部素材のポリウレタンには密度の高い独自のフォームを採用。シートの中央部分にはさらに15mm分フォームを重ねることで、座った瞬間の当たりの柔らかさとなじみのよさを向上させたという。さらに、運転席にはマルチポイントランバーサポートが備わっており、体形に合わせたシート調整ができるだけでなく、8つのエアバッグによる5パターンのマッサージ機能も利用できる。リアシートは3座独立構造となっており、前後150mmのスライド機構と19度から26.5度までのリクライン機構が備わる。

ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全長=4500×1850×1710mmで、ホイールベースは2730mm。ホイールベースは同じEMP2プラットフォームを使う「DS 7クロスバック」と同値になっている。

パワートレインは最高出力177ps、最大トルク400Nmの2リッターディーゼルターボエンジンと8段ATの組み合わせ。駆動方式はFFのみとなるものの、路面状況に応じて走行モードの切り替えが可能な車両制御システム「グリップコントロール」やヒルディセントコントロールにより、SUVらしい走破性能を備えていると同社はアピールする。

先進運転支援システムも充実しており、渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストとアダプティブクルーズコントロール、車線維持をサポートするレーンポジショニングアシストを統合した「ハイウェイドライブアシスト」を採用。レーンポジショニングアシストは車線中央を維持するだけでなく、車線内の右寄りだったり左寄りだったりをドライバーの好みに応じて設定可能で、これはグループPSAならではの機能だという。

ボディーカラーは「ブラン ナクレ」「ノアール ペルラネラ」「グリ プラチナム」「ブルー チジュカ」「ルージュ ボルカーノ」「ブラン バンキーズ」の全6色展開で、オプションでバイトーンルーフも設定される。

価格は424万円。

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る