「スープラ」と「Z4」はどっちがおトク?
兄弟スポーツカーのコスパについて考える

2019.05.31 デイリーコラム

もやもや気になる2台の価格差

ついに国内でも正式発表された新型「スープラ」は、いうまでもなくBMWの「Z4」と兄弟車である。内外装デザインはそれぞれ専用で、バネレートやダンパー、制御プログラムなどの“味つけ”の領域はそれぞれ独自であるいっほうで、プラットフォームや車体の基本骨格、パワートレインなどの主要ハードウエアは両車共通。そしてオーストリアにあるマグナ・シュタイヤーの工場で混流生産される。

そんな2台の表層デザイン以外での最大のちがいは「クローズドクーペかオープンロードスターか」という車体形式であり、タイヤやエンジンなどの性能部分では意図的な差別化はされていないし、内外装の調度品も意匠やメニューに多少の差はありつつも、質感などでスープラがとくに安普請な印象もない。

……となると、だれもが気になるのは、やっぱり価格だ。この点は日本における両社の新車価格相場からも「少なくとも日本ではスープラのほうが安いらしい」と事前にささやかれていたが、実際にもそのとおりとなった。

新型スープラの日本仕様には3つのグレードがあり、2リッター4気筒搭載グレードが2種類、3リッター6気筒が1種類である。というわけで、スープラ各グレードとZ4の価格を、できるだけ主観を排除した机上の計算“だけ”で比較してみたいと思う。

2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。


	2019年5月にデビューした新型「トヨタ・スープラ」。パワーユニットをはじめとする多くの主要メカニズムを、BMWのオープン2シーター「Z4」と共有する。国内での価格帯は490万~690万円。
	拡大
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。
「スープラ」の兄弟車であるオープン2シーター「Z4」。ボディー形状は言うに及ばず、両車の外観に似たところはあまりない。こちらの価格帯は566万~835万円。拡大
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。
新型「スープラ」のベアシャシー。写真に見られる直6エンジンはスペックに至るまで「Z4」と同一だが、ホイールのデザインや足まわりのセッティングは異なっている。拡大
トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
ホームへ戻る