第607回:FCAがルノーに経営統合を呼びかけ
大矢アキオが伊・仏の反応を調査!

2019.06.07 マッキナ あらモーダ!

幾多の臆測の末に

2019年5月27日にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)がルノーに提出した経営統合案は、イタリア・フランスの両国で大きく報道された。正確にいえば、正式発表に先駆けて『フィナンシャル・タイムズ』がスクープした5月25日から話題となっていた。主要メディアでは、欧州議会選挙に次ぐニュースとして扱ったところが大半だった。

FCAの構想では、両社で設立する持ち株会社の出資比率はFCAとルノーで50:50であること、既存の工場における閉鎖はないことを挙げている。

なお、この話題を取り上げるときに「イタリアおよびアメリカのFCAは……」と伝えるメディアがあるが、今日のFCAは、事実上イタリア企業でも米国企業でもない。2016年から税務上の本社をロンドンに、登記上の本社をアムステルダムに置いている。

FCAのビジネスパートナー探しは、数年前からたびたび報じられてきたが、FCA自体がそれらのアプローチを公式に認めたことはない。ただし2019年に入ってからだけでも、すでに3件が報じられた。1月にはアルファ・ロメオとマセラティの売却を中国の吉利(ジーリー)との間で探ったが、結論には至らなかったと伝えられている。

参考までに、以前の中国企業との交渉では「ジープブランドは欲しいが、他のブランドは要らない」といった結論に至り、いい結果を生み出すことができなかったとされる。

2019年3月、フォルクスワーゲン グループのヘルベルト・ディース会長は、イタリア紙『イル・ソーレ24オーレ』による「FCA全体でなくてもアルファ・ロメオやマセラティといった、一部のブランドだけでも興味はないのか?」という質問に対し、「すでにわれわれは高級ブランドを十分に保有している」として、それを否定した。

2019年4月に入ると、FCAがグループPSAと交渉中であるとロイター通信が報じたが、PSAのタバレスCEOは、「あらゆる企業とパートナーシップの可能性を模索しているが、特定の企業を目標にしていることはない」との言葉で否定した。

ブーローニュ・ビアンクールにあるルノー本社。
ブーローニュ・ビアンクールにあるルノー本社。拡大
FCA会長であるとともに、エグゾールの会長兼CEOであるジョン・エルカン。2013年のジュネーブショーで。
FCA会長であるとともに、エグゾールの会長兼CEOであるジョン・エルカン。2013年のジュネーブショーで。拡大
FCAのウェブサイトから。ルノーに対し、経営統合を提案したことが大きく表示されている。2019年6月1日。
FCAのウェブサイトから。ルノーに対し、経営統合を提案したことが大きく表示されている。2019年6月1日。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事