「三菱エクリプス クロス」のディーゼルエンジン搭載モデル発売

2019.06.13 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス
三菱エクリプス クロス拡大

三菱自動車は2019年6月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にディーゼルエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

ディーゼルモデルに搭載されるのは最高出力145ps/3500rpm、最大トルク380Nm/2000rpmを発生する「4N14」型2.3リッターディーゼルターボユニット。尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を使って排ガスを浄化する尿素SCRシステムを採用している。駆動方式は4WDのみの設定で、トランスミッションはスポーツモードを備えた8段ATを組み合わせる。

グレード構成はガソリンエンジン搭載モデルと同じで、装備が簡素な方から順に「M」「G」「Gプラスパッケージ」をラインナップ。さらに、Gプラスパッケージをベースとした特別仕様車「ブラックエディション」を設定するのもガソリンモデルと同様だ。

ラインナップと価格の一覧は以下の通り。

  • M:306万1800円
  • G:323万0280円
  • Gプラスパッケージ:340万3080円
  • ブラックエディション:342万4680円
  • ブラックエディション オーディオ非装着車:332万7480円

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.16 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」に、待望のディーゼルエンジン搭載モデルが追加された。輸入車やマツダ車などを中心に人気を集める“SUV×ディーゼル”の組み合わせだが、果たしてその出来栄えは……!?
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】 2019.7.29 試乗記 同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。
ホームへ戻る