「三菱エクリプス クロス」のディーゼルエンジン搭載モデル発売

2019.06.13 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス
三菱エクリプス クロス拡大

三菱自動車は2019年6月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にディーゼルエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

ディーゼルモデルに搭載されるのは最高出力145ps/3500rpm、最大トルク380Nm/2000rpmを発生する「4N14」型2.3リッターディーゼルターボユニット。尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を使って排ガスを浄化する尿素SCRシステムを採用している。駆動方式は4WDのみの設定で、トランスミッションはスポーツモードを備えた8段ATを組み合わせる。

グレード構成はガソリンエンジン搭載モデルと同じで、装備が簡素な方から順に「M」「G」「Gプラスパッケージ」をラインナップ。さらに、Gプラスパッケージをベースとした特別仕様車「ブラックエディション」を設定するのもガソリンモデルと同様だ。

ラインナップと価格の一覧は以下の通り。

  • M:306万1800円
  • G:323万0280円
  • Gプラスパッケージ:340万3080円
  • ブラックエディション:342万4680円
  • ブラックエディション オーディオ非装着車:332万7480円

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
ホームへ戻る