第135回:「ほぼぶつからないクルマ」待望論

2019.06.11 カーマニア人間国宝への道

高齢者の運転は危険なのか

いまさらだが、高齢者の暴走事故が問題になりまくっている。これについて、高齢者予備軍である57歳のカーマニアとして、思うところを書かせていただきたい。

まず、昨今の報道によって、高齢者の運転が社会悪であるかのような認識が広がっている。かと思うと、「免許を手放したら生活できない地域もある」という、一種の擁護論もある。

大きな事故があった直後は、高齢者の運転を問題視する論調が激しくなり、しばらくすると擁護論が湧き上がるということを繰り返しているが、結局現実的な解決策は、ほとんど提示されないまま時が過ぎている。

まず、「高齢者の運転は危険」というのは本当だろうか。

確かに、全体の事故件数のうち、ペダルの踏み間違え事故が占める割合は、高齢者は他の年代の約3倍となっている。しかし、ドライバーあたりの事故率(すべての事故を含む)を比較すると、10代が他を引き離して圧倒的に高く、続いて20代。80代がそれに続く。

ペダル踏み間違えによって死傷者が出た事故は、2008年から2017年の10年間で6万件以上発生したが、こちらも年代別では10~20代が最も多くて1万6188人(26.9%)。次いで70歳以上の1万4623人(24.3%)なのだという。(神戸新聞2019年5月18日)

ただ、ペダルの踏み間違えによって死者が出た件数に関しては、例えば2015年の場合、全58件のうち、65歳以上が50件と大部分を占めていた(警察庁)。

理由として考えられるのは、高齢者の場合、ペダルを踏み間違えたことでパニックになり、そのまま踏み続けてしまうケースが多いから……と推測されている。

これはなんとかしなくてはならない。

筆者の現在の愛車「BMW 320d」には衝突回避・被害軽減ブレーキシステムが装備されている。(写真=池之平昌信)
筆者の現在の愛車「BMW 320d」には衝突回避・被害軽減ブレーキシステムが装備されている。(写真=池之平昌信)拡大
「BMW 320d」のフロントウィンドウ上部には単眼カメラが備わる。(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」のフロントウィンドウ上部には単眼カメラが備わる。(写真=池之平昌信)拡大
全体の事故件数のうち、ペダルの踏み間違え事故が占める割合は、25~54歳と65~74歳との比較では後者が約2倍、75歳以上との比較では同約4倍となっている。(公益財団法人 交通事故総合分析センター ITARDA INFORMATION No.124より)
全体の事故件数のうち、ペダルの踏み間違え事故が占める割合は、25~54歳と65~74歳との比較では後者が約2倍、75歳以上との比較では同約4倍となっている。(公益財団法人 交通事故総合分析センター ITARDA INFORMATION No.124より)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事