わずかな費用でオーナー気分に!
ヤマハの新サービス「月極ライダー」って何だ?

2019.06.07 デイリーコラム

「月5%」でバイクを手元に

「二輪の免許を取ったものの、どんなバイクが自分に合うのか確信が持てない。できれば複数のバイクをじっくり試してみたい」

「しばらくバイクをお休みしていたけれど、また乗ろうかと思っている。でも、買ったはいいが、続かないと困るなァ……」

「春と秋。季節がいい時期だけバイクと過ごしたい」

そんな人に朗報! ヤマハが提案するバイク所有体験サービス「月極ライダー」なら、文字通り、月単位でさまざまなバイクを実際に所有することができる。それも、24時間単位で料金を計算する一般のバイクレンタルと比較すると、ググッとリーズナブルな価格で、普段の生活のなかでバイクと過ごせるというのだ。

具体的に見てみよう。まずは月極ライダーと提携するバイクショップから、気になるモデルを選択する。基本的に、在庫がある中古車(ヤマハ以外のブランドも含まれる)のなかから選ぶことになる。乗ってみたいバイクが見つかったら、月極ライダーの会員になって(これは無料)手続きを進める。

月々の支払いは、「支払総額」(車両本体価格+諸経費+税金・保険料)の5%。中古バイクゆえ、車両の年式や走行距離といったコンディションによって、同じモデルでも金額は上下する。頭金はない。

月ごとの料金には、消費税、任意保険(「対人・対物補償:無制限」など)、整備費用が含まれるので、安心感が高い。さらに月額の20%を料金に上乗せすることで、事故や盗難時の追加請求額を「支払い総額の80%まで」から「10万円まで」に制限できる「安心オプション」も用意される。必要なら、月2000円(税込み)でジェットタイプのヘルメット(インナー洗浄済み)を借りられるのもうれしいポイントだ。盗難防止に効果的な、バイクカバーやロックは、無料で貸し出される。

最初の月(30日間)が過ぎたら、いつでも返却でき、最長6カ月まで使える。一度返却して定期メンテナンスを受ければ、あらためて同じバイクを借りることも可能だ。もしそこまで気に入ったなら、買い取りも「あり」。ただし、その場合の金額は、月極ライダーで使っている間に支払った料金をマイナスしてくれるわけではない。通常通り、車両本体に、税金、整備費用、手数料などを合計したものとなる。

かつてない“スマートなバイクライフ”を提案する「月極ライダー」。利用料金として設定されている「月あたり総額の5%」には、車両本体価格だけでなく、税金や保険料、通常メンテナンス料が含まれる。もちろん、乗車時のガソリン代や有料道路代はユーザーが別途支払うことになる。
かつてない“スマートなバイクライフ”を提案する「月極ライダー」。利用料金として設定されている「月あたり総額の5%」には、車両本体価格だけでなく、税金や保険料、通常メンテナンス料が含まれる。もちろん、乗車時のガソリン代や有料道路代はユーザーが別途支払うことになる。拡大
ヤマハの三輪モーターサイクル「ナイケン」。購入してオーナーになるにはハードルの高いこうした大型バイクも、月極ライダーの選択肢に入ってくれば、気軽に乗れるようになるかもしれない!?
ヤマハの三輪モーターサイクル「ナイケン」。購入してオーナーになるにはハードルの高いこうした大型バイクも、月極ライダーの選択肢に入ってくれば、気軽に乗れるようになるかもしれない!?拡大
月極ライダーでは、125cc超えの車両(軽二輪、大型二輪)に関しては、書類上の使用者は「ユーザー(お客さま)」、所有者は「バイクショップ」となっている。125cc以下の車両(原付1種および2種)は、使用者、所有者ともにバイクショップ名義で貸し出している。
月極ライダーでは、125cc超えの車両(軽二輪、大型二輪)に関しては、書類上の使用者は「ユーザー(お客さま)」、所有者は「バイクショップ」となっている。125cc以下の車両(原付1種および2種)は、使用者、所有者ともにバイクショップ名義で貸し出している。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事