クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディTTSクーペ(4WD/6AT)

足りないものを数えるよりも 2019.06.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。

よりシャープなエクステリアに

“ビッグクワトロ”、すなわち「アウディ・クワトロ」の登場以降、さまざまなモデルを世に送り出してきた近代アウディのなかで、歴史に残る一台を挙げるなら、カーデザインに大きなインパクトを与えた初代「アウディTT」のほかにはないと思う。フォルム全体がTTに似ているクルマから、くっきりとしたフェンダーアーチなどのディテールを参考にしたクルマまで、その後のカーデザインへの影響の大きさは計り知れない。

現在のTTは3代目にあたり、デビューは2014年3月のこと。それから5年以上が経過し、このたび改良の手が加えられた。といっても、今回はエクステリアデザインの変更が中心で、いままでに比べて精悍(せいかん)さがアップしたのが特徴である。

その内容をかいつまんで説明すると、スタンダードモデルにはスポーティーなデザインを特徴とする、従来の「Sライン」のエクステリアを取り入れる一方、新たなSラインやスポーツモデルのTTSでは、フロントバンパーをより押し出しの強いデザインとし、3Dハニカムデザインのシングルフレームグリルと、テールライト下にはエアアウトレット風のエレメントを採用した。さらにTTSでは、マットブラックペイントのグリルにアルミルックのインサートを組み合わせて、シャープな印象を強めている。

2014年3月のジュネーブモーターショーでデビューした現行型「アウディTT」。今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりがより押し出しの強いデザインに変更された。
2014年3月のジュネーブモーターショーでデビューした現行型「アウディTT」。今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりがより押し出しの強いデザインに変更された。拡大
インテリアのデザインは基本的に従来モデルと共通。ダッシュボードにモニター類はなく、インターフェイスは運転席まわりに集約されている。
インテリアのデザインは基本的に従来モデルと共通。ダッシュボードにモニター類はなく、インターフェイスは運転席まわりに集約されている。拡大
表皮に、クロスステッチを施したアルカンターラとレザーを用いた「Sスポーツシート」。他グレードではオプション扱いとなるが、「TTS」には標準装備される。
表皮に、クロスステッチを施したアルカンターラとレザーを用いた「Sスポーツシート」。他グレードではオプション扱いとなるが、「TTS」には標準装備される。拡大
最高出力286ps、最大トルク380Nmを発生する2リッター直4ターボエンジン。本国仕様には306ps、400Nmの新エンジンが搭載されるが、日本仕様は従来のエンジンのままとなっている。
最高出力286ps、最大トルク380Nmを発生する2リッター直4ターボエンジン。本国仕様には306ps、400Nmの新エンジンが搭載されるが、日本仕様は従来のエンジンのままとなっている。拡大
「TTS」のタイヤサイズは245/40R18が標準だが、テスト車にはオプションで用意される245/35R19サイズのタイヤと、ツートンの19インチアルミホイールが装着されていた。
「TTS」のタイヤサイズは245/40R18が標準だが、テスト車にはオプションで用意される245/35R19サイズのタイヤと、ツートンの19インチアルミホイールが装着されていた。拡大
テスト車に採用されていたボディーカラー「ターボブルー」は、今回のマイナーチェンジにより設定された、「TTS」と「Sライン」装着車だけに用意される新色である。
テスト車に採用されていたボディーカラー「ターボブルー」は、今回のマイナーチェンジにより設定された、「TTS」と「Sライン」装着車だけに用意される新色である。拡大

軽快で一体感のある走り

今回試乗したTTSクーペにかぎれば、2リッター直列4気筒ターボエンジンのスペックは、最高出力286ps、最大トルク380Nmと従来どおりで、トランスミッションもデュアルクラッチの6段Sトロニックとそのまま。“Sモデル”の一員だけに、駆動方式がフルタイム4WDの「クワトロ」であることはいうまでもない。

あらためてTTSクーペを走らせてみると、高出力型の2.0 TFSIエンジンは、あいかわらず低回転からトルクが充実し、一般道を軽く流す程度でもたっぷりとした余裕が感じられる。そして、高速道路の合流などでアクセルペダルを踏み込むと、雄々しいサウンドを発しながら太いトルクで鋭い加速を見せる。5000rpmを超えて6000rpmを過ぎても勢いが持続するのは頼もしいのひとこと。しかも、クワトロがそのトルクをしっかり受け止めてくれるので、安心してアクセルペダルを踏み込める。

今回の試乗車では、オプションで装着されていた245/35R19サイズのタイヤと19インチホイールが多少重たい印象もあったが、比較的コンパクトなボディーということもあり、軽快で一体感のある走りっぷりが楽しめた。改良後もアダプティブクルーズコントロール(ACC)や衝突被害軽減ブレーキなどは用意されていないが、その走りをピュアに楽しみたい人にとって、TTSクーペを選択肢から外す理由にはならないだろう。

(文=生方 聡/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

アウディTTSクーペ
アウディTTSクーペ拡大

【スペック】
 全長×全幅×全高=4200×1830×1370mm/ホイールベース=2505mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(286ps/5300-6200rpm、380Nm/1800-5200rpm)/燃費=11.8km/リッター(JC08モード)/価格=799万円

注目の記事PR
  • ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。
    ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ TTSクーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。