めったなことでは底付きしない

実際のPHCそのものは、新世代のハイドロ……という言葉からイメージするよりは、ずいぶんシンプルな機構である。基本的にはショックアブソーバー=ダンパーだけで完結する技術であり、C5エアクロスの足もとも、見た目にはコイルスプリング&ダンパーによる一般的なサスペンションと変わりない。さらに、完全にメカニカルな機構なのでそれに付随する電子制御システムも存在しない。

PHCはメインダンパーのストロークエンド部分に高減衰のセカンダリーダンパーを内蔵したものだ。そのセカンダリーダンパー=第2のダンパーが、実質的にバンプストッパー役をつとめるのがPHCのキモである。

サスペンションが縮み切った末端のエンド部分に組み込まれるバンプストッパーは通常ウレタンやゴムの部品である。バンプストッパーを乗り心地の微妙なチューニングに使うケースもあるが、いずれにせよ最後の壁となる部品だからそれなりの強度が必要で、どうしても反発力が出る。よって、バンプストッパーに触れるような大入力時には、乗り心地に不快な“底付き感”が出るのは避けられない。

PHCはそんなバンプストッパーの役割を吸収力に優れ(て、理論的には反発力も発生しないとされ)る第2のダンパーに受け持たせることで、サスペンションストロークのエンド領域をゆっくり強力に減衰する。一般的なバンプストッパーのようにストロークを急激にせきとめることがなく、普通に起こりうる路面入力では基本的に底付きしない……というのが、シトロエンの主張するPHCの効能である。

さらにいうと、こうして最後の壁を柔らかく積極的に使えるようになることで、その手前を担うメインのバネレートやダンパー減衰力も遠慮なく(?)柔らかくできるので、結果として“魔法のじゅうたん”のごとき快適な乗り心地が実現できるという理屈である。そんなPHCの技術はもともと、1994年のパリダカで優勝した「ZXラリーレイド」で投入されて以降、その後2000年代から現在にいたるまでの同社のWRCカーに採用されている技術をベースとしているという。

「シトロエンPHC」のイメージ図。メインダンパーの内部にもうひとつダンパーが備わっている。
「シトロエンPHC」のイメージ図。メインダンパーの内部にもうひとつダンパーが備わっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売 2019.5.28 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月28日、新型車「C5エアクロスSUV」の導入を発表し、販売を開始した。全長4500mmのミドルサイズSUVであり、SUVにおけるコンフォート性能を追求している。
  • VWが「ゴルフ」シリーズ3モデルに特別仕様車「マイスター」を設定 2019.6.4 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」の3車種に特別仕様車「マイスター」を設定。充実した装備が特徴で、先進安全装備や運転支援システムを標準で採用。一部グレードにはオプションで高級オーディオも用意している。
  • PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場 2019.6.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップにプラグインハイブリッド車のエントリーグレード「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。
  • 「シトロエンC3」の特別仕様車「セントジェームス」発売 2019.6.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトカー「シトロエンC3」に特別仕様車「C3 × SAINT JAMES(C3セントジェームス)」を設定し、販売を開始した。
  • 「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売 2019.5.31 自動車ニュース タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。
ホームへ戻る