「ルノーHCC」との共通点と相違点

第2のダンパー、ラリー技術の応用……ときたら、ルノーの「ルーテシアR.S.」や「メガーヌR.S.」に使われている「ハイドローリック・コンプレッション・コントロール(HCC)」を思い出すフランス車エンスーも少なくないだろう。

シトロエンPHCとルノーHCCの原理は同じである。効果を発揮する想定シーンやスピード域のちがいこそあれ、内蔵する第2ダンパーにバンプストッパー役を担わせることで、より快適な乗り心地やしなやかな路面追従性を実現する……というねらいも基本的に変わりない。

ただ、ルノーHCCが本格スポーツ車に特化して、具体的には高速旋回中に路面不整やサーキット縁石などを踏む……といった限界領域でのみ第2ダンパーを作動させる設定なのに対して、シトロエンPHCのそれはもっと広範囲で作動させるようだ。PHCのさらなる詳細は後日に発表されるというが、少なくとも現在公表されている説明を見るかぎり、第2ダンパーの担当領域はサスストローク全体の半分近くに達している。加えて、HCCの第2ダンパーは縮み側だけだが、C5エアクロスのフロントでは伸び/縮みの両エンド(リアは縮み側のみ)に第2ダンパーを内蔵するところも、PHC特有の思想が垣間見える。

「ルノーHCC」と「シトロエンPHC」の基本的原理は同じだが、PHCのほうが第2ダンパーをより広範囲で使用するようになっている。
「ルノーHCC」と「シトロエンPHC」の基本的原理は同じだが、PHCのほうが第2ダンパーをより広範囲で使用するようになっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」発売 2019.5.28 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月28日、新型車「C5エアクロスSUV」の導入を発表し、販売を開始した。全長4500mmのミドルサイズSUVであり、SUVにおけるコンフォート性能を追求している。
  • VWが「ゴルフ」シリーズ3モデルに特別仕様車「マイスター」を設定 2019.6.4 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」の3車種に特別仕様車「マイスター」を設定。充実した装備が特徴で、先進安全装備や運転支援システムを標準で採用。一部グレードにはオプションで高級オーディオも用意している。
  • PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場 2019.6.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップにプラグインハイブリッド車のエントリーグレード「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。
  • 「シトロエンC3」の特別仕様車「セントジェームス」発売 2019.6.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトカー「シトロエンC3」に特別仕様車「C3 × SAINT JAMES(C3セントジェームス)」を設定し、販売を開始した。
  • 「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売 2019.5.31 自動車ニュース タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。
ホームへ戻る